スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小世界



明日には香港を出る
予め中国元から替えていた香港ドルはもう200香港ドルしかない
一応もしもの為に残りの中国元を持ってきてはいたが
まずはこの200香港ドルで遊ぼうと考えていた

冗談で旅の資金を稼ぐんだとは言っていたが
全然ルールもわからない場数も踏んでいない
この小心者には当然無理だと思っているので
ただ遊べればそれでいいと思っていた

だから逆にたった200香港ドルで遊ぶ事にすら
どのタイミングでやりだすか決めかねていた
遊ぶというのはつまりはバックを考えていないという事で
そんな生半可なつもりでやったらすぐにとられてしまう
ギャンブルはそんなに甘くない事くらいはわかっているつもりで

どうやったらこの200香港ドルを賭けて
満足いくように遊べるか
その分を有効に使って時間を過ごす事が出来るか
つまり200香港ドルを賭けて一瞬ですられてしまっては
満足感も何も得られずに終わってしまう
それに怖がっていたのだ




そんな下らない考えは蝋に絡め取られたのか
いつの間にか消え去っていて
その時が来るのを待ちに待っていたかのように
100香港ドルが勢い良く手元から飛び立っていった

ディーラーは投げ入れられたお札を簡単にチェックし
二枚の小さなチップをあっけなく渡してくれた
一枚50香港ドル
僕は大事そうに取り上げると
しっかりと確かめるように手に包み込む

さっきと立っている位置は変わらないのだが
テーブルが随分と大きく見えて
随分とさっきよりも近く感じる


昔バスケ部にいた頃
ずっとベンチにいてコートを眺めていた所から
実際にコートに立って試合の中に身を置くと
その試合のスピード感とコートの広さが
ベンチから眺めている時よりもかなり早く大きく感じる時のようだ


今この「大小」の行われている
小さな世界の当事者になったのだという実感が湧いてくる



そんな少し心に動揺がある僕に警鐘を鳴らすように
サイコロの踊る音が耳に届く

意識を集中させてさっきみたいに
次に続く写真を想像してみる
もうその時には疑う事もしなくなっていた
僕はその学校で習わなかった新しい軸の存在に
まさに賭けていた

けれども上手く映像が結びつかない
さっきまでゆっくりと選んでいたと思うのだが
同じように選ぼうとすると
あっという間にディーラーが銀の籠を開けようとする
慌てて選ぶとその映像は断絶する

時間が早く進んでいるような気がする

若しくは意識の魔法が解けて
周りの流れが堰をきったように
どどどっと流れ出したのか


頭の中で連続で3回外してしまった
手の中のチップは溶けた蝋によって
よく転がる

このまま賭けてもしょうがないのか
でも一度やってみない事には始まらない
僕には今二枚のチップしか持っていない
一度間違えたらすぐに崖っぷちだ
でもこのままいたらあっという間に時間は進んでいって
何もせずにチップをまた札に換えて帰る事になる
そんな惨めな事はしたくない

焦りは次の焦りを生み出す

完全に地に足がついていないのが自分でもわかった
それでも久し振りに活発に動きだした頭は
そのまま勢いで身体を動かそうとしてくる


なんとか耐えていた手は
数回後に愛二が賭けたのにつられて
チップを手放していた

当然のようにそのチップは帰って来なかった
皮肉な事にその映像は見えていた
そして崖っぷちになってしまった僕のこの状況も

このままだとそのままもう一枚も吸い込まれてしまいそうで
そして全然あり得そうで

そこまでいって落ち着こうと
さっきの事を思い出す
じっと
兎に角テーブルを眺めていた時の事を



さっきの流れをもう一度探す



今回はたまたま取り込まれたさっきとは違って何とか意識的に探してみる


ここのテーブルはとてもイヤらしい動きをしている
「大小」のテーブルには一台ずつ液晶が付いていて
最新の17回の履歴が載っている
そこにはサイコロの目と大か小かが一目見てわかるようになっている

ここのテーブルはよく大が続いたり小が続いたり
随分と偏った目の出方をしていたのだ
果たしてそれがディーラーの意向によるモノなのか
本当にたまたまなのか

すごくイヤらしい
イヤらしいのだが何だかすごく気を引いた
そういえばここのテーブルを選んだのはそういう理由だった


故意であってもサイコロはただの物であっても
勝手に自分の中で擬人化し
みなの考えも相手が考えそうな理由を付け与えて
僕の頭の中に世界を形作る

そうするとすんなりとさっきの光の流れに飛び込めそうだった

だってもともと光のグラフの関数も
ここのテーブルの中僕の中でしか通用しないものだと理解したからだ
であれば個性的な人の方が把握しやすい


それはサイコロの出方でもあるし
参加している人もそうである


このテーブルが僕にとって良かったもう一つの理由は
参加している人の中にとても目立った特徴的な人がいた事だ

よく肥えたおなかを抱えたその男は奥さんと思われる人と
一枚1000香港ドルのチップを何枚も持ち
豪快に賭けていく

なくなれば躊躇無く1000香港ドル札を出す
勝つ時はごっそりと持っていく
そして掛け方が堅実というよりは
自分の賭けどころを信じているような
大穴であっても
力強く決心するようにチップを叩き付けるのだ



テーブルよりも前に周りを観察する

サイコロの踊り
二人の夫婦の遣り取り
まだまだ成りたてのぎこちない動きが残るディーラー
隣で自分のラッキーナンバーなのだろう
友達同士で楽しそうに笑いながら数字の「14」に賭け続ける
中国人の20代
数回「大」か「小」が続くと外からおもむろに賭けるおじいちゃん

この世界の登場人物が揃う
おぼろげにこのテーブル世界の裏側に流れているシステムが浮き上がってくる
凝視しているとまた身体から蝋が溢れてくる
そうすると周りからも蝋が溢れて繋がっていくのが見える



そうやってテーブルへとやっと意識を移す
テーブル全体を覆ってきた蝋の部屋の中に入っていく

このテーブル以外は全く違う世界が動いていて
それとは完全に隔離されて影響されない状態で
あるここでしか通用しないルールによって時が刻まれているような気分になる

さっきと違って心が落ち着いている
始めはまだサイコロの目を確認する時間までに間に合わなかったが
だんだんと追いついてきた


じっくりとテーブルと今度は周りの登場人物を観察する


そうして棚の中にある写真の中から一枚を選び出す

5回連続で正解したらこの最後の一枚を投げ入れようと考えていたけれども
そんな事言わずにしっくりときた時にしよう
もう確率などは考えるまい
僕はこのテーブル世界のルール
そして光の関数に賭けたのだから





次に投じたチップは無事に帰ってきた
その時は純粋に嬉しかった

でもなるべく身体を動かしたくなかった

蝋で囲まれたこの世界が少しの動作で崩れてしまいそうだったからだ
さっき眺めていた無変化な人々の顔を思い出す






そこから一進一退を繰り返した
ただ無くなる事は無かった

尚吾に話しかけられた時
始めに100香港ドルを替えてから既に二時間が経過していた

光の関数の精度はだんだんと良くなってきたのか
じりじりと手の内にあるチップは増えてきて
今5枚になっていた

何度もテーブルと手の内とを往復したチップ
ただ一度に精神が頂点まで集中するまでに時間がかかる為
知らぬ間に随分と時間が経っていた

二時間と言えば
帰ろうと思っていた時間を既に一時間過ぎている事になる
さすがに帰らなければならない



最後の一賭けをしていこうと何故か思った
今まで一枚ずつ賭けていたのを最後に二枚賭けようと

今日のまるまるの自分を試してみたかったのかもしない
次へつなげる為に何か強い衝撃が欲しかったのかもしれない

今一度集中しようとテーブルへ目線を近づける
何度かサイコロが騒ぎそろそろ行こうかという時に
例の大富豪がチップを使い果たして
1000香港ドル札を大量にテーブルに出してきた

一枚一枚チェックするディーラー
大きく中断された場は熱が冷めて
外の世界と溶解しだしているのがわかる



再開されるも
さっきまでの空気はどこか外へと流れ出てしまった
もう元には戻れない気がするし
そんな時間もない

でもなんでか二枚賭ける事だけはしなくてはいけないような気がして
一枚でもよかったのだが二枚を最後に
えいやっ
という感じで賭け
そしてその二枚は見事に帰って来なかった




歩き出すとすごい疲労感が襲ってきた
でもそれは開放感も伴っていて
随分と気持ちが良い


あの小さな世界での活動は
たった二時間だったけれども
新しい世界に自分が生を受けそこで成長し
世界のルールを知って活動し
そして世界の終わりを迎えると同時に
その世界での人生が終わった

一生を生きたような達成感があった





あの小世界はなんだったのだろう


前に何処かで見た気がする


この世界は物理世界である
ただ今解明されている物理は今知っている世界で通用するだけの話である
今までの経験則から導きだされた結果を整理して
関数が作られているのであって
その外の世界で通用する訳ではない

人間が新しい宇宙を開拓していけばいく程
物理は変化していくもので
今この世界のルールは絶対ではなく
むしろ全世界的には間違っているという


あのテーブルには
未だ人間が整理出来ていないルールがあった
新しい世界だったのだろうか



結局100香港ドルは50香港ドルのおまけ付きで返ってきた

200香港ドルでどれだけ遊べるか
そんな不安をしていた自分があほらしいくらい
時間を忘れて新しい世界をじっくりと覗いて帰ってくる事が出来たようだ




20100113-4.jpg


スポンサーサイト

四次元関数

がちゃんがちゃんがちゃん


床は絨毯が敷き詰められ
緑のラシャはキチンと整えられ静かにカードが滑る
テーブルの周りには無言でカードをディーラーをテーブルを睨む人達

緊張の網にかかっているこのフロアで
そんな事にはつゆも気が付かないで自由に動ける事の喜びを隠さすに
思いっきり羽を伸ばしているような無神経に明るい音が響き渡る

底抜けに明るい人の振る舞いに
何だか冷たさや寂しさを感じるように
延々追い立てられるように動かされる三つのサイコロに
変に同情をよせている

表面に現れた数字のみを素早くディーラーに読み取られ
彼女が隣にあるボタンで数字を入力しテーブルが光ると
サイコロはもう見向きもされず
すぐに銀色の籠に覆われて外と遮断され
また踊らされる



柔な視線の中でチップが無感動に遣り取りされていく
ディーラーは明暗が分かれたテーブルの上で
まず暗い面に置かれたチップを次々にさらっていく

テーブルが無感動であれば人もまた無表情だ
いやというよりは表情が固く無変化だ


光に照らし出される誇らしげなチップには
それぞれの倍率に見合ったチップが足されて
テーブルを滑って元の場所へ帰ってくる

ただ悠々凱旋の筈のチップも
主の表情を変える事は無い
やはり人は無変化を維持しようとしている


フロア全体の張り詰めた空気が
皮膚から身体を冷やして
心の熱から溶け出して溢れてくる蝋を固まらせ
マスクのように身体全体に張り付いている


放っておくと息が詰まってくる
表情が硬くなってくる
身体が重くなってくる



毛穴中から透明の蝋がなめくじのようにゆっくりと溢れてきて
疲れ果てたように皮膚の上で固まる
その上を後から溢れてくる蝋が伝っていく

やっと燃え上がった心の炎は
次から次へと溶けた蝋を外へと出してくるが
外の空気に触れた蝋は身体の動きを止めてくる

顔にマスクがはめられる
次第に手足にも伝っていき
床に僕の蝋が辿り着く
手を伝ってテーブルにまでやってくる
透明だった蝋は周りの景色の色と混ざり合って固まってくる

いつの間にか景色の中に同化してしまいそうで
身体の表面の厚みがどんどん増していって
思考は外界からどんどんと浸食されて
身体の奥の方へ押しやられていく

思考と身体が隔離され
思考は遠くから眺めるようになり
身体は重い鎧のようになっていく



目線はテーブルに固定されてしまう
チップの遣り取りが見えるが焦点が合う訳ではない
ボヤけて輪郭が何重にもなった円が
残像を持って移動していく

さっきまで頭の中に五月蝿く
フラッシュのように明滅していた確率の数字は一向に表れなくなり
ただ目の受容体が得る光の明暗が見えるだけ
いや正確には光を強く伴った場所だけスイッチが入って反応する


そうやって目の前のテーブル
左に書かれた「大」
右に書かれた「小」
文字や記憶というよりも
視界の中の座標として頭の中に落とし込まれていく


気が付くと繰り返しの景色が
だんだんとスピード感を増してくる

大きな光の流れ
この場に漂ううねりのようなものが
薄くぼやけた景色の裏側に蠢いているのが
何となく感じられる

視界にある座標が
横軸縦軸だけではなくて
別の軸が存在していて
今までプロットされた点を通って背後からグラフを描くように
大きな光の曲線を描いて目の前のテーブルを突き抜けていく


そんなもの本当にあるなんて結局のところ信じきっていない僕は
この五感をどう処理したモノかと悩んでいる

少し半信半疑
何を期待しているかもその時はわからない
でも信じるべきかこの世界から離れるべきかを考えて
恐る恐るその流れに手を伸ばしてみる



出たり入ったりを繰り返しながら
最終的に光の流れの中に身を浸してみる

三つのサイコロの音がエコーを持って聞こえてくる

光の流れはすでに関数が出来上がっているのか
先に何処へ向かうのか見える
次「大」か「小」かどちらが光るか
その映像がなんとなく現れてくる

頭の中で「大」が出た時の映像と「小」が出た時の映像を
それぞれ思い浮かべてみて
しっくりとくるのを選んでみる

「大」の方が違和感が無いような
その程度の感覚でテーブルの左側が光っている写真を選んでみる



映画のフィルムのように
目の前の景色が一コマ一コマで構成されていて
次の一コマはどちらの方が流れに沿っているかを選ぶような



すると次の瞬間に「大」が光った映像が実際に飛び込んでくる

不思議な事に5回程これが続いた
何枚もの写真の繰り返しが
違和感無く映画になって流れてきた


驚いた気持ちと疑心暗鬼の気持ちになりながらも
心の奥底が熱くなってきて
身体の外を固めていた蝋が少しずつ溶け出しているのを感じる
手には溶けた蝋のように汗が

少し自由を取り戻した
思考も身体の近くに戻ってくる
気が付くとテーブルの上にまず100香港ドルを放り投げている



大小


僕の家庭はきっと多くの家庭と同じく
僕をギャンブルの世界から遠ざけようとしてきた

そうしてギャンブルには手を出すなという言葉を子供の頃から心に刻まれ
その時に比べればそれなりに色々な経験が積み重なってきた今であっても
古傷のようにそのような場面になるとずきずきと心が痛む


だからと言って僕も男ですから?手を出さない訳はない
友達と麻雀をやり競馬も一度バイト先の店長と券を買った事がある
バイトで何度か競馬場の中に足を踏み入れた事がある

とまぁ恥ずかしげも無くこんな事が書けてしまうのは
本当に僕の中でそういったものに縁が無かったという事である
麻雀だって点5であたふたし出していたし
競馬だって買ったのはたったの一枚
いくら買ったかは忘れてしまうくらいだからかなりの小額
きっと最低額ぎりぎりだったに違いない

これで僕がどれ程ギャンブルと距離を置いて生きてきたかが
わかっていただけると思う


そんな僕が世界にその名を轟かせるマカオのカジノに
不思議と平静を保って入る事が出来たのは一体どういう事だろうか

おもちゃのようなというか現実離れしすぎた
兎に角金ピカな内装のせいだろうか
僕が居た生活の場とはかけ離れすぎていて
無意識に開き直ったような気分になったというのが近かったかもしれない


20100113-3.jpg





エントランスを入ったすぐのフロアは想像よりもがらんとしていてびっくりした
入り口だって空港の荷物検査の所にあるような
四角い枠をくぐり抜けただけで終わってしまった
四角い枠を抜けてから一体入り口の扉は何処だろうかと探してしまったくらいだ


地元の遊園地の敷地内にある少し寂れたゲームコーナーみたいに
怪しげな色のセロファンがついた電球が
壁にかけられた大きなルーレットの周りにつけられ
ちかちか光っている

目の前には三人のディーラーがお喋りをしながらあくびをしたり何だかすごくラフな感じだ
テーブルには中国人の団体旅行者が何事か叫びあっている

宝くじの番号を決める時に壇上で回されるルーレットのようにディーラーが盤を回す
ただディーラーはすべてを左右するその作業でさえだるそうな顔を隠さない
いや宝くじの時に回すお姉さんの気味悪いほどの笑顔よりは
今の顔の方が程よい緊張感に程度の良い諦めも促してきて
何だかちょうど良いかもしれない

ルーレットの番号毎につけられた出っ張りに
壁に備え付けられた棒が当たっていく
その音は子供の時によく見た痛くないヌンチャクを思い出して
緊張感の無い今の僕の心をくすぐってきて笑いすら込み上げてくる



他には数台のテーブルしかない1階に居ては
気持ちがこのまま盛り上がらずにすぐに外に出る事になってしまいそうだ

すぐに真ん中にあるエスカレーターに乗って二階へと向かう



二階には期待通りの緑のラシャに覆われたテーブルが並べられていて
ディーラーと思い思いの格好をしたプレイヤーとが睨み合っている
いくつかのテーブルには立ち見の客も居る


フロアには沢山のテーブルが並べられているのだが
よく見れば同じゲームが行われているわけではなくて
ポーカーの所もあればバカラの所もある



その中に緑色のラシャではなく白いテーブルがいくつかある

がちゃんがちゃんがちゃん

ディーラーのすぐ左脇に小さな銀色に覆われた鳥かごのようなモノが
中で本当に鳥が暴れているように三回飛び跳ねる
沢山の真剣な目つきの中で鳴らされる音は
似つかわしくない簡単なおもちゃのような音だ
早い人はその音が続いている間にチップをテーブルに置きだす

テーブルには漢字が書かれている
テーブルの大きさの大体左四分の一に大きく「大」と
右の四分の一にこれも大きく「小」と書かれている
その周りには数字の「4」から「17」まで
そして賽の目が「1」から「6」までこちらは図柄で描かれている
「大」と「小」の間には三つの数字が揃ったゾロ目の絵が6つ描かれている

ディーラーがストップの仕草をし
籠を開けるとそこには三つの小さなサイコロが転がっている
見える訳が無いのにみんなが身を乗り出しているのがわかる

するとテーブルに仕込まれたバックライトが光り
ある場所が照らされテーブルが白黒ハッキリと分かれる
「大」と「13」と「3」「5」だ
つまり今の賭けの勝ち負けがまさに明暗を持って示される訳だ


「大小」だ


きっとマカオに来たらこれをやるだろう
やりたいとずっと思っていたモノだ

僕は先に書いたようにギャンブルに至極疎いので
ポーカーなども正確なルールを知らないで
ただみんなでカードを配って
フラッシュの方が強い
いやストレートじゃなかったっけ
なんてやっているものだから
緑テーブルのトランプは多分なかなか出来ないだろう
バカラなどもっての外だ

この「大小」はそれに比べて賽を三つ振って
その合計が11以上か10以下かに賭けるという
とてもシンプルなゲームで
僕でも楽しめると思ったのだ

しかもディーラーと正面きって勝負するのではなくて
テーブルの周りにたかって
思い思いの時に好きにチップをテーブルに出せばいいから敷居は低く
小心者で優柔不断な僕にはちょうどいい都合のいいギャンブルな訳だ


今の場合「大」に「13」に「3」「5」が光った
賽の目は「3」「5」「5」である
つまり三つの目の合計が「13」なので「大」
これが基本
確立は二分の一なので単純に倍率は二倍だ

次に合計の数にも賭けられる
この場合は「13」だ
数字によって倍率が変わり
「1」「1」「2」の「4」みたいに出る確率が少ない数字は
倍率が高くて50倍にもなってしまう

「3」と「5」は出た賽の種類だ
今回は一個の賽が「3」でもう二つが「5」なので
「3」と「5」が光った
倍率は賽の一つの目に対してそれぞれ二倍
だから今回「5」に賭けていれば
二倍が二つなので全部で4倍である


見ていると展開もスピーディーで
やはりこれしかやるものはないと思える

時間帯もあるだろうが周りを見渡すと
立ち見が出ているのは大体この「大小」のテーブルみたいだ
「本気の人々」はまだまだやってこないのだろう
今はまだ5時

どうしようか
どのテーブルにしようか
やっぱりじっくり見てからやる所を決めたいよね
いやむしろやるのか?


そんな自問自答とも独り言とも会話ともつかない遣り取りをしながら
フロアを廻り続ける
たまに立ち止まってじっと眺める
そしてまた流れていく


立ち止まったり流れたりを繰り返すので
三人ばらばらにそれぞれが気になる所を見たりしている

僕と尚吾は一つの初めて見たゲームを見つけて
そのルールを推測したりして少しそこで過ごした
ディーラーが賽を投げるのではなくて
プレイヤーが賽を投げているのが不思議で
興味をそそったのだ

ただ最低掛け金とルールが完全に把握出来ない為に
やはり「大小」のテーブルを探す事に



そうやって戻ってくると
さっき見ていたテーブルに愛二が座っているではないか

もう随分とやっているらしい
こっちを見ながら喋っているとおもむろにチップをテーブルに出す
何かわかったのだろうか

賭けるのに躊躇するのと乗り出すその境界は一体何だったのだろうか
このテーブルにしたからには
何か気が付いた事があるのだろうか


でもその愛二の行為が間違いなく僕の心を一押しした

もう時間が無くなってきたのもある
聖子の仕事が終わるのが8時で香港に帰るのに二時間なので
6時には出なくてはいけない
もう5時になろうとしている

そして愛二がやっていた場所が
やるならこのテーブルこのディーラーだと漠然と思っていたテーブルだった事だ

もうそろそろやらなくてはいけない
ここまで来てやらない訳にはいけない
そう思い出していた時に愛二の姿を見た


その姿は前に進む決意をする最後の一押しになった


main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。