スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今一番興味がある事

カトマンズはやはりネパールの首都だった

物の量が段違いに多い
ポカラから山から戻ってきた僕には
もう大都会にしか見えない






ポカラからのバスから降りると
ホテルやタクシーの客引きの間に
もう顔を知っている前に泊まっていたホテルの客引きに再会する


そこで値段交渉をまたして
僕達はまた路地の奥のまた奥にやってきた


その路地にはやっぱりまだ
売店のあんちゃんがいて
刺繍屋のおにいちゃんがいて

普段が多分あれからも続いていたんだな
何も変わらない風景があった


いや一つ変わっていた


前に刺繍屋のおにいちゃんと話していて
彼には日本人の彼女がいて今度来ると言っていた

その彼女がちっちゃな刺繍屋の部屋の
おにいちゃんの後ろにちょこっと座っていた

おにいちゃんは凄く嬉しそうだ








さて僕達はこのカトマンズで何をするか


と、目移りする沢山の物
街を歩いていると色んな物を物色したくなってくる


ここで僕達はやろうと思っていた事があった


それは『ヤクステーキ』を食べる事


オッキーに教えてもらったのだが
ネパールにはバッファローの肉に豚に鶏に
それらの他にもう一つヤクという動物の肉が食べられるのだという


ヤクとは山の上にいる牛にもバッファローにも似た動物
長い毛をたらしているらしい

らしいと書いたのは山の方にしかしないので
絵とかお土産やさんに置いてあるぬいぐるみしか見ていないからだ


今回トレッキングしている時に

「ヤクいないかな?」
「まさかなあ」

とかいいながら密かに二人で探していたのだが
そこにはバッファローしかいなかった


という事で僕の中では幻の動物としてある


そんな動物のステーキが食べれるレストランが
実はカトマンズの街中にはある


その値段はバカ高くい

前回カトマンズを発つ時
オッキーが記念に食べて行くといってついて行って見たその額は
350ルピーというトンでもない値段


だが、


山の高騰価格に感覚が麻痺した今では何とも手頃な価格に思えてしょうがない

だって350なら山の上のカレーライスと同じ値段だ
それであの幻のヤクのしかもステーキが食える!!


もう山の上から僕達はカトマンズに帰ったら
ヤクステーキを絶対に食べると言い合っていた





普段の僕達なら絶対に通らないだろう
重い扉を開けて暗いレストランの中に入る


もうライスも頼まない


ヤクステーキ下さい!


ハーフのヤツ!



感覚が麻痺しているといっても
流石に大きくは出れない

メニューの一番安いのを頼むが
出てきたのは充分満足のいくヤツで


久し振りにみた
こういう鉄板プレートにのった料理
そして久し振りの肉の塊


20100527-1.jpg



もう殆ど無言で食べつくした


味はといえば


まあビーフよりも肉の繊維がしっかり残るけれども
それでも噛み切れない程イライラしない間に解けていく

堅いバフと柔らかいビーフのちょうど間な感じ







それから僕達は色んな店を見て歩き
ヤクウールだなんてのを物色したりして時間を潰した


20100527-3.jpg






そしてもう一つ行こうと思っていた場所へ向かう





それは僕達が前回カトマンズを離れる直前に出会った人のお店





売店でチャイを買って飲んでいると
そこに白い楽そうなカットソーを着たおにいさんがやってきて
綺麗な英語で話し掛けてきた


20100527-6.jpg


そしてこっちが聞く姿勢を持つとわかると
彼は一気に喋り出した


その話はかなり深い所まで行って
彼の持つ真理の話までになった

彼の幼少期の辛い過去や今五体満足である事に対する感謝
そして自分が出来る事を今精一杯やろうとしている事


今彼はオーガニックをテーマに服や鞄それだけではなくて
頼まれればなんでも作るという事をやっていた


日本ではもう言われ続けて
過食気味の感がある地球環境やらオーガニックやらの言葉だが

壮絶な過去を持ち今ここに居る事に感謝しながら
しっかりと今は自分と周りを見据えてやっている彼から
マントラなんて言葉を交えて聞くと
不思議といやらしい感じも無く素直にその話を聞ける


すっかり彼を気に入ってしまった


もっと彼とも話したいし
その時は立ち話で実際に彼の店に行って話を聞けなかった

ので今回は是非寄って見たかったのだ







彼はちゃんとそこに居た






彼の店は
想像通りの柔らかい感じのお店だった


20100527-4.jpg


竹で作ったというカットソーやジャケットが掛かっている

どれも日本にあっても
欲しくなってしまいそうな物


20100527-5.jpg





彼とそこで話をすると
また彼は深い深い所にまで話を持っていった





そんな彼に突然旅から帰ったらどうするんだい?って聞かれた




うーん、、、



それは本当に大問題なんだよね

常に考えてはいるんだけども
ここにいるとどうしても想像の域を出なくて、、



少し考えてから
でも沈黙もこの気持ちの良いコミュニケーションには合わない



「まだ全然決まってはいないんだ」



まずそうやって口にする
それから自分でも想像していなかった話の持っていき方をした



「でも今一番興味がある事はハッキリしているかな」



何でこの話にしたんだ?
自分でもわからないがちゃんと次に何かを言おうと
口は開きかけている

自分が自分自身に興味があって
そのまま僕は僕の言葉を止めずに待った



「relationship」



関係性とでも訳すべきか?

何かと何かの関係性
人でも物でも


ああ、確かに間違ってない
自分で無意識に言った事に妙に納得する


そして調子に乗った僕はさらに続けている




関係性


例えば僕と君が出会った

そこには最初は純粋に何も無い
でも出会う事で何かが起きる

そこに感情が生まれる

今僕と君の間には出会った瞬間から何かの関係性が始まっている


今僕と君の間には凄く良好な関係が築けている
でももしかしたら最悪の関係性になっていた可能性だってある


果たして


そのスイッチって何処にあるんだろう?


そこに凄く興味がある





そういう事をめちゃくちゃな英語で
何とか必死に伝えようとした

そしたらパルディンは凄くよく反応してくれた
特にそのスイッチという所に










宿に帰ってベットに寝そべって天井を見上げながら

その事を思い出す




関係性ってなんだろうか、本当に




出会った時、第一印象が一番大事とはよく言われる

確かにそうだと思う
それがその後の関係性に大きく影響する

じゃあその第一印象に左右するモノは一体どの時点なんだろう


出会う直前の周りの環境や二人の心境だろうか
まさに出会った瞬間だろうか
それとも出会った直後に起こった事だろうか


そこにスイッチがある筈で

そしてそれまで何も知らなかった二人
何も無かったらそのまますれ違う
でも出会う時もある訳で
そこに差があるという事は何処かにスイッチがある訳で
そして誰かがそのスイッチを押す筈で
じゃあそのスイッチは誰が押しているんだ?

どっちかか?
二人とも?
それとも誰でもない誰か?




でも




そんな不思議なモノなのに
この世界はそれらのマトリックスで出来上がっている

この世界を旅していてもそうだ

色んな所で色んな人に出会う

出なかったら到底出会わなかった


じゃあ旅に出た事がスイッチ?

そんな事は無いだろう





一体何なんだろう




やっぱり興味深い





スポンサーサイト

幸せな一致

僕達は今日ネパールを経つ

次の行き先はやはりインドだ




遂にやってきたインド



前に東南アジアを廻った時にある人に出会って

「インドに行くなら最後にしておいた方がいい」
「インドに行ってしまったらもう他に何処にも行けなくなる」

別に忠実に守っていた訳ではないが
何となくずっと行きたかったけれども
後回しになっていた



そんなインドに遂に行く事になった







カトマンズからインドに下りるルートはいくつかあって
大まかに大別すると三つの王道がある


その中の二つはガンジス川の流れるバナラシへ向かうルート
もう一つは東にそれてダージリンに向かうルート


ダージリンはインドであってインドで無いと言われる
標高が1500m程ある山間の街で
涼しく人も全然違って優しい街だという

バナラシはまさにザ・インドという場所
ガンガーで沐浴する場所といえばここ


ダージリンへは殆ど一日
バナラシへは途中に都市もあって
そこまで長距離の移動にはならない


大体の人はバナラシへ下りていく

暑いのを避けたい人やインドの喧騒に疲れた人などや
山が好きな人などはダージリンに行く事になる






ただ、僕達はそのどのルートも取らなかった





ダージリンのさらに奥

シッキムのガントックという場所へ向かう





インドを見ると逆三角形の中で東の頂点から一本の腕が出ている
その腕の真ん中辺りに力瘤のように
一つぼこっと中国の方に突き出ている場所がある

そこがシッキム




ダージリンと同じく山間部で
インドであってインドで無いと言われる場所

その県に入るには許可証がいるし
パスポートもいる




何でそんな所に行くのか




遂にインドに入るというのに





それは前日のパルディンとの出会いに寄る





彼の出身はシッキムなのだ




彼が熱心に話す間にシッキムの話がたまに出てきた
そして彼は僕達に凄くそこを勧めた




僕はどちらかといえば行きたい所にあまり固執しない
いやする場所もあるけれども
すべてではないし

こうやって人との繋がりから
何かが生まれてそこに流れていくというのが
そしてそれが出来ているのに
たまらなく幸せを感じたりする


パルディンの事を気に入っていたし
何より彼がそうやって育ってきたその場所を見てみたい




パルディンと話し終わって
愛二と二人でルートをどうするか話をした




僕達の中では始めはバナラシに行くルートにしようかと言っていた

よく僕はもともと固執していない物だとそういうのをあっけなく代えて
というかそれよりも興味深い物がぽっと目の前に現れてきたら
食いつかないと気がすまないタイプで
こっちでもいいんじゃないか?とか
こうやって勧めてくれたんだし、折角だし、、
みたいな感じでフラフラしてしまう

いや、元々こうするって言ってたんだし
それしたらその後無理が出ますけど

っていつも強くそんな僕をたしなめてくれるのが愛二である



パルディンの店から戻ってくる時
僕の頭の中にはシッキムがあった



さてどうしたものか



こんな直前



しかももしかしたら愛二は全く興味すら沸かなかったかもしれない
何だか普通に反対される気がする
うーん、このまま言わずにバナラシのチケットを買って行くべきか、、

インドのルート、、
まだ全くしっかり決まってないしなぁ

南インドまで行くとしたら
僕達の一ヶ月半のインド滞在ではきつきつになってしまう

すぐにバナラシ行ったとしてもそれはそうだ
だったら南は諦めてシッキムからコルカタに下りて

後は北インドに絞って
そうしたらバナラシにも行ける

ただ南インドで再会しようといったオッキーとは会えなくなる




うーん、、、




でも、もう我慢できないし
何より今一緒にいるのに
想いを吐き出して相談しないでどうする!




と思い切って言う




そうしたら愛二も実はシッキムに興味が沸いているというじゃないか



何だか嬉しくなる






こうやって一緒に旅をしていて
でも勿論興味の対象は違うから難しい面も出てくる時はある

それはことにルートの時がそうだ

自分の興味に直結しているのだから
それはそうだ


でもこうやってふと飛び出した物に
お互いに興味が共通して
二人で満願一致してある場所へ向かう事になるのは

想像以上に気持ちが良い事だ


何より一緒に旅をしていて良かったと思える








と、そういう訳で僕達は20時間のバスに乗り国境へ向かう
そしてそこから5時間のジープで山に入りシッキムへ向かう





ネパールさようなら


20100528-3.jpg





街を去る時

遠くに白い山が見えた


20100528-1.jpg




沢山の思い出が出来た
それも大きな



幸せなのは
そんな大きな思い出を持ちながら

次への明確な目的がある事


20100528-4.jpg





さあインドへ




見つかりますように

家に戻ってきた僕達


20100526-1.jpg






実はトレッキングに行く直前に
またバンダが始まるかもしれないという情報をお兄さんが仕入れていた

その始まるという日が実は僕達がトレッキングから帰ってくる日


えー!!


そのタイミングの悪さといったらない

だってもしかしたら山から街に戻ってこれないかもしれないし
何よりそれではカトマンズにも帰れない
そうしたら僕達のビザは切れてしまう

最悪の事態もあり得る



結局直前になってお兄さんが

「大丈夫」

と言ってトレッキングに出発する事になったのだが
それでもバンダなんて突然またやる事になるかもしれない

むしろ一週間の間山にいる訳だから
逐一情報を手に入れられる訳でもない

少し心配していたのだが
どうやらバンダはまだ始まっていなかった






無事にタクシーで『我が家』まで戻ってきた






そこにはいつものワンパク子供達と
お母さんと奥さんが優しい笑顔で僕達を迎えてくれた

疲れている僕達にも関わらず
子供達はさんざん背中に乗っかってくる


20100526-2.jpg


お母さん達は二時間以上かけて
最高の夕食、バフ入りダルバートを供してくれた


食糧難で慢性的なカロリー不足に陥っていた僕は
恥ずかしげも無くダルにバートをお替りし
もう動けないくらいに食べた


20100526-3.jpg








そして僕達はこの家から今日出発する事にした







早めに帰ってきたといっても
どっちにしてももう出国に日は近づいている

まだインド行きのバスも取っていない

一刻も早くカトマンズに帰る必要がある


本当ならここでゆっくり休養の意味も込めて
そして子供達とも楽しい時間を過ごして行きたい所だが

それをぐっと堪えてその旨をお兄さんに伝える



僕達のバスはポカラのレイクサイドから出ている

場所も正確にわからないし
バスの集合時間は7時半だから
ここを5時くらいには出ないといけないかもしれない

しかも今回はリュックにすべての荷物が入る
トレッキングでひーひー言っていたのに
ゆうに二倍の重さにはなるだろう

まだトレッキングから帰ってきて身体が癒え切っていない僕達には
気が滅入ってしまう話だが

その話をお兄さんにすると
電話してうちのすぐ近くから乗るといい

と電話を貸してくれた





電話して聞いてみる

どうやらお兄さんの家の近くの道はハイウェイみたいで
カトマンズまで行くにはその道を通らないといけないらしい

どうせ通るならそこで乗せてくれるという







という事で今日はあまり深く心配せず朝にチャイと
僕が山の上でケチってケチって
一日に一枚しか食べなかったビスケットよりも
何倍も大きくて美味しいビスケットをしかも4枚も頂き


20100526-4.jpg



本当に本当にお世話になった
僕達の大好きな家を出る










お兄さん、本当に有難うございました

色々なポカラの場所に連れて行ってもらって
しかもトレッキングまで一緒に楽しんで


20100526-5.jpg





デジカメが見つかりますように
遠くから祈っております



20100526-6.jpg




main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。