スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人のカッコ良さ

20120128






飛行機を乗り継いで飛び込んだウユニ塩湖
僕達は大満足でそこを後にします

いつもならこんな大イベントの後
簡単に燃え尽き症候群になってしまう僕ですが
今回は踏ん張って大移動

何と17時間と26時間のバスを乗り継ぐという
愚行を押し切ります



今回は愛二という症候群仲間がいるにも関わらず
一体僕達はどうしたというのでしょうか




















マイアミから高山病にかかりながらも
這いつくばってウユニ塩湖へ向かった僕達以上に
とんでもガッツで日本から飛び込んできたナホちゃんとミエちゃん


やはり日本は地球の裏側
日程的にかなり厳しい状況で
ウユニでゆっくり二泊した僕達より先に一泊でラパスにとんぼ返り
そこからほぼ寝ずに日本へのフライトというカツカツ振り


気遣うべきは僕の筈なのですが
一日塩湖の上で飛び跳ねてすっかりバテバテ

なのにお二人は元気そのもの
間違い無く残ってのんびりしたい筈なのに
最後までみんなを笑わせてくれるサービスを見せて
帰りのジープに乗って行かれます



その後、僕達が残りの一日をバテながらも満喫して
やっとこさラパスに帰りますと
なんと宿の主人フランシスコに
ジュンコへの置き手紙を託していらっしゃるではありませんか

そして使いきらなかった日本のホッカイロや化粧品
食べきらなかった数々の日本のお菓子を
みんなへプレゼントしていっているという粋な計らい



20120128 (1)



ムムム、、























さらには、ウユニ塩湖最終日にもあった出来事

7人乗りのジープツアー
前日にナホちゃんとミエちゃんが帰り
空いた二席に(運悪く?)乗り合わせた松本夫妻


旦那様、若かりし頃から第一線で仕事をバリバリこなして
ようやく十年目、少しの合間を利用して念願の新婚旅行

と言いつつも仕事道具は肩身離さず持ち歩き
旅行先でもバリバリこなしているという


ハッキリ申し上げれば
その旦那様の仕事の業種が
僕が進んで行きたい方向でもあったりしまして

ついついミーハー心が尻尾をフリフリしたくなってしまうのですが
度胸の無い、そして技術を持た無い、経験も持た無い
無い無い尽くしの僕にはついに何も出来ず

「あー、もうちょっと時間があってじっくり話せたらなぁ」

なんて別れた後に言う始末で
どうしようもないのですが



20120128 (2)



それはそうと肝心なのは
このウユニ最終日ツアーが終わり
無事に旅行代理店のあるウユニタウンに戻ります

お互いのラパス行きのバスまでの時間
一緒に食事を摂りましょうとなった折りの話です


理由はわかりませんが、ここウユニタウンには名物がありまして
なんとピザが美味しいという評判
その実、確かに街を歩けば沢山のピザと書かれた看板にぶつかります
しかも丁寧にイタリアンと謳っているこれは如何に
昔、沢山の移民がイタリアからこの地にやって来たのでありましょうか



さて、街で一番有名というピザ屋さんへ向かいます

ビックリ豪勢な門構えを恐る恐るノックしてみると
綺麗な白髭をたくわえた
如何にも格式の高い所にいらっしゃるオジサンが
これまたやっぱり綺麗な英語で話されます

『恐れ入りますが、予約はございますでしょうか』

予約とはまた洒落ている
と感心している場合では無く
ここはオジサンのオーラそのままに
やはり格式の高い所らしく丁寧に断られます

そして丁寧に別のお店を紹介して頂きました



来た道をとんぼ返り
街一番の通りにありました紹介されたお店

どうやらパブにもなっているようで
カウンターにはいくつもお酒が並び
壁には何だかの画が飾ってあってここも洒落ております

いつもなら当然僕は窓の外から眺めるどころか
視界にも入れないように注意するだろうお店ですが
今日は一大イベントも終わり
みんなで行くという事で気持ちもにわかに大きくなっていたのでしょう
すっと入ります


折角本格イタリアンのピザ屋さんというので
大きな窯で焼くのを期待していたのですが
カウンターの横にある小さなステンレス製のピザ焼き器で
やっております

少し心配になりそうになるのを払拭
みんなで話に華を咲かせましょう


松本旦那様は僕のイメージ通りの
仕事を第一線でやられてらっしゃる方で
自分に厳しい所を持ちながら
外には兎に角ユーモアを振る舞い
場のバランスを考えてらっしゃいます

アフリカに今度行く旨を伝えると
是非これをどうぞ、と
自身のカバの被り物を下さりました

御夫人はこれまた良きパートナーを
長年やってこられたのだという雰囲気を醸し出し
全く無駄なところを見せず、いつも笑顔で接して頂けます

松本旦那様が提案されたこんなポーズも
みんなで楽しく



20120128 (3)



素晴らしい方達ですが
本当にビックリしてしまったのはこの後でした






沢山あった種類の中から4種類を選んでピザを頼みました


一つ目が出てきた時点でみんなから感嘆の息が漏れます
想像していたよりも大きくそしていい匂い

果たして格別他と比べて美味しいか
いつもピザを食べない僕としては比較は出来ないのですが
楽しく美味しく食べれたのは確か
評判も納得


量は本当に沢山で7人がかりでなかなか減りません
ここは松本旦那様と大食いの僕とでお皿をキレイにします



20120128 (5)




ふぅ、とみんなお腹を抱えて最後にコーラを流し込みます

いつもならこんな贅沢している上にコーラなど頼まないのですが
まあここまで来てしまったのだから、という完全に勢いでした




さてこれから僕の一番苦手な支払いのお時間
食べてしまっているのだから払うのは当然
いやだからこそ苦手
この旅において苦しい時間

でもそんな事、男として出してはいけない
とは分かってはいるものの現実は辛いものです


お腹は満腹、心はソワソワ
キレイに平らげたお皿を下げに来る店員を
ちらっと見たりなんかして


と、その時


「さあ、行こうか」


と松本旦那様が立ち上がります


「もう会計は払ったから」



























みんなの頭の上に出た『?』が
一瞬にして『!』に代わります


「いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや、、、!」


「さ、出よう」




なんという、、



なんという、、!!!






今日出会ったばかりのしがない旅人に
しかも僕はと言えば旅行代理店の人の注意も聞かず
すっかり日焼け(というかヤケド)をして
顔がただれてしまっているという
このどうしようも無い輩に何故こんな事が!!


全く信じられない、動揺


全然気がつかなかったこのさりげなさ




有難うございます、しか言えません




20120128 (6)





































と、いう訳で連日、
『大人』というモノを見せつけられてしまった次第で

こんな、いまだにフラフラして
愚痴ばっかり言っていながら
言い訳して楽しようとしている事を久し振りに恥じ

僕は強行して大移動を敢行しようとしたのであります





しかし、


やはり身丈以上の事をすべきでは無かったのです


こんな生半可な人間には
しっかり落とし穴が待っているのでした












スポンサーサイト

真っ白という大地

20120123






青い空
青い海
青い地球






この星を表す色はどうやら青と相場は決まっているようだ

確かにこの星を地球たらしめている最大の決め手といえば
それは水が溢れているという事

この事は学校でなくても至るところで謳われている





では、

もう一つ、この星を構成する大きな存在は一体どうだろう



僕達がいつも立っているこの大地は
一体何色と言えばいいのだろうか








一番聞くとすれば緑であろうか


ただ、

緑の大地と言って
全てを表し切っているという満足感はどうも得られない

かといって黒でもない
茶色でも何だかしっくりこない
まさかコンクリートの灰色という人もあるかもしれない



でも僕としてはどうも上手い言葉が見つからない











その理由は少し考えれば出てくる















世界中の国々にはそれぞれ自慢の国旗がある

色彩豊かであるが
その中には国土を覆う大地の色を表しているものもある

それに加えてそれぞれの国が考える
人々の色
歴史の色
文化の色

それが国を表しているという


言ってみれば個々の大地は
それぞれの色に彩られている



砂漠が広がる国もあれば
石造りの家々に覆われている国
山々に囲まれている国

それぞれの場所には
それぞれの環境に適した文化に服を着た人々が行き交う









一色に澄み切った海や空に比べて
多彩な感覚を持った人が行き交う大地は
沢山の色で溢れているのだ


それは何も人の感覚に拠るだけではない
実際に大地は沢山のモノで彩られている

その事が人の感覚を刺激して
いやむしろ人の色彩感覚というのを生み出したのかもしれない











大地は多彩なのだ
























そんな多彩な大地

あっちには無い色がこっちで生まれ
こっちで生まれた色があっちに溶け込んで

そこかしこで色が入り交じる



見た事も無いような色を求めて人は動いたりする



言ってみれば僕もそういう衝動に駆られた一人かもしれない

















ただそんな多彩な大地を這いずりまわっていると

ふと、




空を見上げてぼぅっとしたくなる時がある
海の向こうをじぃっと見つめたくなる時がある












入り乱れる色




地球の裏側まで来て
色彩り彩りの服を着た人が行き交う都会の交差点
それと同じ様なマーブルな渦を見る

何処かしにやって来ても
自然文化歴史が混ざり合っている





あれ、

新しい色を見つけに来たはずなのに
ハッキリとした色が無い
見た事のあるような色が混ざり合っているだけだ














それはそうだ、

色というのは僕の固定概念と感覚が生み出したモノで
自分の意識を超えたところを捉えることが出来ない
だから新しいと思った色があったとしても
それを僕が捉えられた時点で何かの色の近似値を与えられる

もっと簡単に言ってしまえば
いくつかの色に言葉が与えられただけで
あとはそれぞれの組み合わせになっているだけだ






一度何かの拍子にそう思ってしまうと
何もかもが空虚な事に思えてしまって

どうしても海や空の景色に還って行きたくなってしまう


そのハッキリとしたイメージを持った色に


























きっとそんな想いが無意識を覆っていて
僕はいつか見た写真の中にあったこの景色の中に
飛び込みたかったんだと思う






20120123 (1)







多彩な大地


けれども、

確かに色を持っている筈



大きな大きな空と海

それよりも
僕の生活においてはむしろ一番大事かもしれない大地

大きな存在感を持ったこの大地に
ハッキリとした色が無い訳がない

そう信じたい気持ち







一色に広がる大地

そして沢山の色を受け止める大地











20120123 (2)





















沢山の絵を描いて描いて
色んな絵の具を塗りたくって
ぐちゃぐちゃになってきて

そうして頭が爆発しそうになって
もう我慢が出来なくなってしまって
キャンパスを持ってたナイフでギザギザに切り裂いて破り捨てて

叫びまくって

そうして息を切らせていたのを
整えて椅子に座り込む


次に用意するモノ




目の前に置く




そこに今までの出来事や想いを
無言で向き合って整理する











20120123 (3)















そんな真っ白なキャンバス

沢山の色に彩られた大地の中にある
真っ白な大地


きっとそれに憧れて無我夢中でやってきたんだろう





20120123 (4)






頭が爆発して何かを壊そう
などとは思ってなかったとは思うけれども

沢山の色が有りすぎて
パンクしそうになってたのはきっとそう


いや、そういうのも改めて書く程
パンクしそうな状況が今になって切羽詰ってきた訳では無いと思う

ずっとそういう想いは浮上しては消え
また浮上しては気持ちを揺さぶっていただけだろう







この景色に遂に飛び込んだ時


「あそこの場所はこういう偶然があってスゴイ」
「ここはどれだけの歴史があってトンデモ無い」


といった様なモノが
心の中をすーっと気持ち良く吹き抜けていく風に
飛ばされてしまっていた

そうして空っぽになった所に
ふつふつと熱が込み上げてくる

それは純粋な興奮と言えるかもしれない





20120123 (5)














そうして僕は一日中この真っ白な大地の上で這いずり回った







20120123 (6)
















大地は確かにしっかりと色を持っていて
そして沢山の色がその上を渦巻いているという事


証明してくれた安心感








20120123 (7)







真っ白な大地

そして全ての色を受け止めてくれる大地



それは澄み切っていると言えるし

そしてやっぱり多彩だ




20120123 (8)
















筆舌に尽くし難し

20120122




















20120122 (1)

























20120122 (2)

























20120122 (3)

























20120122 (4)

























20120122 (5)

























20120122 (6)

























20120122 (7)

























20120122 (8)

























20120122 (9)

























20120122 (10)

























20120122 (11)

























20120122 (12)

























20120122 (13)

























20120122 (14)

























20120122 (15)

























20120122 (16)

























20120122 (17)























筆舌に尽くし難し























20120122 (18)























此の景色






















main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。