スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紡ぎだす

久し振りに大量のお酒を摂取した身体は
朝なかなか起きてくれない

ビザが切れる
あれだけ急いで出発したバンコクなのに
昼前にやっと活動を始める
そしてカンボジアへ向かう為に再びバンコクへ戻る


再び15バーツを払い電車へ乗る


今回は愛ニだけではない
ゴウ君とマミちゃんの四人での移動だ

僕達はバンコクから電車でアランヤプラケットという
カンボジアとの国境の街へ向かうために
バンコクのフアランポーン駅へ

二人は宿へ置いてきた荷物と
来週インドのデリーへ経つ為にバンコクへ



一度絡まった糸は
またゆっくりとほぐれて
それぞれの糸に



糸は前みたいにただ真っ直ぐ伸びるだけじゃない
他にも沢山の色があって
そして新しい時間を紡ぐ事を知った

そんな旅をしていく沢山の糸を
迎え入れてはまた送り出す
大きな大きな駅に辿り着く



時刻表を見ると
今日発のアランヤプラケット行きは既に終わっている
明日の早朝5:55発か昼の13時発か

明日はビザの切れる日
何としても出国しなくてはいけない
何があるかわからないので早朝出発だ
いちいちカオサンロードに戻っていては
朝のバスに翻弄されてもしかしたら乗れないかもしれない

僕達はこのフアランポーン駅に泊まる事に決める
インフォメーションにここで寝てもいいか尋ねると
笑いながらいいよって言ってくれたので問題無しだ


今日の宿が決まった所で
ゴウ君とマミちゃんを送りに近くのバス停まで向かう

昨日から冗談みたいに言っていた
もし時間があるなら一緒にカンボジアに行きましょうと
それをまた繰り返す


前回見たカンボジアのアンコール朝の遺跡の素晴らしさ
そこでゆっくりとした時間を過ごした
気が付いたら
アユタヤを力説したみたいに
ちょっと前行った事があるだけなのに
カンボジアを力説していた

そこにはカンボジアを折角だから二人に見て欲しい
それとは別に折角出会った僕達
昨日の夜に紡ぎ合って出来た絵が随分と綺麗だったから
もっともっとみんなでの時間を過ごしたい
そしたら絶対に素晴らしい絵が出来上がる筈だって
心が確信を持って囁いてきたから


本気か冗談か気まぐれなバスを待つ時間に
話し合っていればいずれ答えは出てくるだろうと
そうやって高をくくっていたら
あっという間にバスがやってきた

慌てて手を挙げてバスを停める
バス停でもしっかり停まってくれないバンコクのバスは
手を挙げて気が付いてくれても
急いで乗り込まなくてはいけない


急にばたばたし出す
もしかしたらこれで最後かもしれない見送り
もしかしたらカンボジアまで一緒に来るかもしれない
その時の待ち合わせ場所
色んな話さなきゃいけない事が頭に浮かんできて
吐き出す出口が塞がってしまって上手く話せない

僕達は今日フアランポーン駅に泊まります
そして電車は5:55発の電車に乗ります
もしその気があるならフアランポーン駅で
もしカンボジアに興味があるなら早朝の電車で
もし駄目ならそしたらまた日本で



バスはいつもみたいに荒っぽくドアを閉めて走り出した
そういう慌しさの後は
どうしても空虚なモノが少し流れていて
僕達はフアランポーン駅のベンチに座り
昨日からの疲れも襲ってきて
眠りにつく




夜になるにつれて段々と人が減ってくる
目が覚めるともう夕食の時間

夕飯を近くの屋台で食べる
戻っても二人がやってきた気配は無い

何だか変に期待している自分がいて
それを何とか追い出そうとする
二人にはやっぱり二人の予定があって
それを期待するのは筋違いだろうと




フアランポーン駅の係員がやってきて僕達に話しかける
明日の早朝の電車を待っている旨を伝えると
彼らは納得して
この駅は23:30に扉が閉まるけれど
それでも構わないのであればどうぞ居て下さい
そう言い残して去っていった

今まで居た二階の席は随分固くて
今はもう人が全然いない一階のベンチへ移る
周りにはどうやらホームレスの人達が何人も
暑くてムシムシする外気から逃れて身体を休めている

それを係員がやってきて起こしだして外へ追い出した
起こされた人達はいつもの事らしく
起こされるその直前までしっかりと回復して
そして抵抗する事も無く出口へ向かって行く

係員が僕達の所までやってくる
まさか外に追い出されてしまうのか
なんて少し緊張すると
こっちに来いと言われる

訳も分からぬままついていくと
他のベンチとは少しクッションの違った
ふかふかのベンチの場所を示してくれる
目の前には扇風機が

こんな所にもちょっとした優しさが
いや彼にとってはこれが見知らぬ土地から
自分の職場内に飛び込んできた人へ対する
一番の優しさなんだ

英語が喋れない彼にタイ語でお礼を言う




閉まると告げられた時間がやってくる
そうしたら天井の電気が消えてきた
ドアの閉まる音が聞こえる




喧騒がいつも響いていた大空間は
静かな夜の時間を迎えた


20091126.jpg



すべてが消される訳ではない
掃除のおばさんはずっと床を吹き続けている
トイレのお金を取るおばさんは夜中居続けている
さっき話しかけてくれた人が
中央の祭壇みたいな所でたまに祈っている
横にある店から明日売りに出すパンを
台に叩きつけている音が聞こえる


また違った表情の中にいる


またフアランポーン駅の違う側面を見つける
人が全然居なくなって
その代わりに沢山の虫達が目に飛び込んでくる

床やベンチを這う虫
飛び交うハエに蚊

獲物が僕達しかいなくなった
沢山の蚊が襲ってきて
それと格闘する


折角教えてもらったフカフカのベンチだけれども
全然眠れない
そんな長い時間頭はフル回転してしまう
余計な所まで



旅の話
これからの予定
二人は来てくれなかったのだろうか
もしかしたら見つけられなくて帰ったのか
明日の朝来るかもしれない
でもやっぱり予定が合わなかったのかもしれない

空虚な気持ちがまた襲ってきて
何も無い大空間が少しネガティブな気持ちをエスカレートさせる



朝がそのままやってくる
3:15分の始発の電車がやってくる
沢山の人が扉から入ってくる



外の空気が入ってきて
またフアランポーン駅はいつもの姿に戻る
蚊も外へと吸い出されたのか
急にいなくなった

駅の不思議な魔力から解放されたみたいに
また騒がしくなりだした中
眠りについた




忙しく愛ニに起こされる
周りはもう大変な人の数になっている
時間をみるともう出発の三十分まえだ

急いで切符を買いに行く愛ニ
荷物を整理する

戻ってきたと同時に愛ニが二人を見つけたと言う

寝起きのあんまり働かない自分の頭は兎に角電車に乗る為に
一生懸命で上手くその言葉を飲み込めない


チケットを手に電車へと小走りで向かう

電車が視界に入る
まだここに居る
乗る事が出来る


そうやってやっとさっきの言葉が蘇って来る


そしたら向こうの車輌の窓から
身を乗り出して手を振ってくれている人影が見える



今度は手を振り返す





解れそうだった糸は
また新しい絵を描く為に絡みだした


スポンサーサイト

交差点

遂にバンコクを出発する
次の目的地は



まだ決まっていない



ビザが切れる日が二日後に迫っている
何処かへ向かわなくてはいけない
東へ向かってカンボジアへ向かうか
北へ向かってチェンマイを経由し再びラオスへ抜けるか


当初の予定では
尚吾が今友達と二人でアユタヤで観光している
愛ニは一人旅をしたいと言って
このバンコクでみんなと行動を別にするという
僕は気の知れた尚吾の友達と尚吾
その三人でカンボジアからベトナムへ抜けて行くと考えていた

しかしよく考えてみたら尚吾に会いに来た友達の事を考えたら
わざわざそこに自分が一緒に行動を共にする必要なんてなかった
何とも簡単な話だがそんな事をこんな直前に気が付いてしまった
愛ニも一人旅をするといっていたが
僕がホーチミンで尚吾と落ち合ってからでもいいのではないか

愛ニに言うと快諾した
けれども流石に直前すぎた

愛ニは北のチェンマイへ向かうルートを考えていた
ラオスに入国し前回廻れなかったラオスの北部を
ゆっくりと南下してカンボジアへ入るつもりだった

しかし僕がそのルートを取ると
12月8日という尚吾の友達がホーチミンから旅立つという日に間に合わない
出来ないというよりとんでもない駆け足になってしまう
かといって北東ラオスへ向かうルートは既に前回採ってしまった
残るは東へカンボジアルートしかない
それって結局尚吾達と同じルートになってしまって何とも味気なくなってしまう

何てそんな事を考えていた
ぐるぐる



そしてもう一つ
尚吾達にそれを伝えなくてはいけない
電話かメールでもいいのだが
色々と三人で分担している荷物がある


という事は二日後に迫ったタイ出国だが
まず僕達はアユタヤへ向かわなくてはいけない

前回お世話になったマスターのいるアユタヤへ





今回行くつもりで結局行けていなかったアユタヤ
絶対にマスターに会うつもりだった
そこへ行かなくてはいけない
それって幸せじゃないか

すぐに準備をして
ルートを考えなくてはいけないんだけれども
頭はどうしてもその場所と出会った人達に飛んでしまう



バスに乗ってフアランポーン駅へ向かう
たった15バーツの電車に乗り
一時間半でアユタヤへ



もう勝手知ったる街の形
足はずんずんと前へ前へ押し出されて
身体を前のめりにさせる

駅の前に相も変わらずいる
トゥクトゥクの運転手の声は全然耳に入らない
斜めに真っ直ぐ道を横切ってマスターの店へ向かう


そうしたら向こうから手を振ってくる人がいる
いつも僕達が座っていた外の席
でもどうやらマスターではないみたいだ

近づいてみると
まさかのバンコクの旅行代理店で出会ったゴウくんにマミちゃんだった
前回会った時に次の日にアユタヤへ行くと言っていた
その話を聞いてついついアユタヤのマスターや宿の良さを力説してしまって
日帰りのつもりだった二人の予定を
もしかしたら一泊にするかもなんて変更させてしまっていた

アユタヤへ行くとなった時頭に浮かんだのは二人の事で
出会ったのが22日一泊しても23日に二人はバンコクに帰ってくる
もしかしたらバンコクの道でばったり出会ってマスターの話で盛り上がりたい
なんて勝手に期待していたのだが結局出会えずにアユタヤまで来てしまった
アユタヤまで来てしまったらもう絶対に二人に会えないと思っていたのに
何とマスターの店で手を振ってきているではないか


そこにいる事を全く想像していなくて手を振り返せなかった
だって最初日帰りの予定が今いるのであれば三泊している事になる
既に心が躍っている状態で
そんな心は幸せなびっくりに抵抗できずに
ついつい声を上げてしまう
近づいて行くと店の奥から声が聞こえてくる

アユタヤ一の
タイ一の笑顔を持ったマスターがこっちへやってくるのが目に入る

覚えてもらっているかどうか心配していた
そんな心配はやはりマスターには必要なかったみたいだ
笑顔でしっかりと握手をして

横を見てみるとちゃんと前回渡した
何とも簡単な日本語でカフェとゲストハウスの広告の紙が
カウンターの一番真ん中に張られている


心はもうお祭り騒ぎだ


念願のアユタヤ再訪
マスターとの再会にゴウ君とマミちゃんとの再会
尚吾と友達のなっちゃんにも出会う


20091125-1.jpg



この大好きな場所で大事なみんなが自然に集まっている


もうルートなんてどうでもよくなってしまう
味気ないなんてそんなの意味が分からない
別に行けば何かが待っているじゃないか
むしろこの今の時間が大事じゃないか

ゴウ君とマミちゃんはあと一時間後の電車でバンコクへ戻るという
それから二人はまた何処かへと向かう
僕達もまた何処かへと向かう
出会いとこれからを思って
このマスターの店で乾杯したい

乾杯って今の幸せとこれからのみんなのお互いの前途を祈り
場を共有している全員の関係を未来へ繋げていこうとする儀式だよな


幸せだ
出会いに場に

沢山の大義名分を撒き散らして
気持ち良くなって


20091125-2.jpg



結局マスターに鍵を貰い
今日アユタヤに泊まるつもりの無かった四人全員が

それぞれ何処かへ向かう筈だった四人全員が



同じ部屋に一緒になって泊まった


秋葉原

タイのバンコクにも秋葉原があった


パソコンを初期化する為に外付けのディスクドライブを買いに
場所を聞いてバスに乗って行った

ラオスからタイに戻ってきて
ずっとカオサンの周辺をうろついていた自分にとっての久し振りの遠出
小学生の遠足みたいな少しどきどきした気持ちに答えてくれるような
新しい刺激を充分与えてくれた


バスを降りると
大きな人の流れが一つの建物に吸い込まれている
きっとそこが目的地だと当たりを付けてその流れに乗って飲み込まれてみる

そうしたら外に広がっていた暑さに屋台と人ごみとは
随分と趣の違った世界が広がっていた
きつめの冷房の涼しさに
白く反射する床にガラスケースと照明

店を覗くと沢山のコードやパソコンの機器がごろごろしている
大きな店が並んでいるというよりは小さな店がひしめき合っている


20091124-3.jpg



印象は間違いなく秋葉原


細々した物が気になってしまう自分は
ついつい心を躍らせてしまう

すぐに店に入って眺めてしまう

すぐに価格やスペックが移り変わって行く電化製品
今の日本の値段が分からないが
自分の印象だと兎に角安く感じる

入り口から入って一軒一軒
ついついじっくり見てしまう
当たり前かもしれないが
どうやらそれぞれの店で値段が少しずつ変わっている

せっかくきたんだからと目的のDVDドライブだけではなくて
USBメモリの値段や外付けハードディスクの値段なんかを比べだして
じっくり見落としの無いように一階ずつじっくり歩き回る



並んでいる物は実に様々だ
日本で聞くような大企業の物も
勿論日本社製も
そうしてやっぱり際どい物も

というかその際どい物はすれすれというよりも
日本で売ってたら完全にアウトでしょうっていう物がかなり溢れていて
こんなにしっかりしたビルに入っている店なのに
こっちがドキドキしてしまうくらいおおっぴらにショーウィドウに飾られている

何せこのビルの一階のエントランスに一番ジャンクな店達が並び
このビルの名前のサイバーシティーという名が付けられた
大企業の正規店が並ぶスペースは最上階の五階にあり一番閑散としているのだから
これ程消費者心理が表れているのも東南アジアを感じてしまって
感心してしまっていいのかわからないが興味を抑える事が出来ない


一階の所の中心にはパソコンメーカーのブースが中心にあるのだが
その周りはジャンクなパソコン周辺機器が
屋台風に置かれている

エスカレーターを昇って目の前の一等地に構える店は
映画やアプリケーションの入った海賊版のDVD
客引きもごっそりいて横を通りかかると
これだけおおっぴらにやっておきながら何故か囁き気味に言ってくる

もう一つ上へ昇ると
エスカレーターの昇り切ったベルトのすぐ隣に
今一番売れているというポップが目に入る
日本じゃ絶対に聞いた事が無いノキアとアップルのダブルネーム
そんなんあったら確かに売れるかもしれない
と思いきやよくよく見ると
NOKIA が NCKIA になっている


20091124-1.jpg



何だかとても懐かしいジャンク達


沢山の人が探し回っている
自分の欲しい物を
そして自分の期待を越えてくれる物を
ジャンクって子供みたいな荒っぽいけど憎めない夢が
形になって転がっているみたいな感じだな
何だか体のいいフリマだ
別にそこまで期待しないけれども少しドキドキしながら漁る


そりゃあお坊さん達もやってきますよ
沢山のお坊さん達がガラスケースの中に
ジャンクを捜し求めている姿は何とも滑稽だった


20091124-2.jpg



滑稽だけど

これが現実の心理なんだろうね



main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。