スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動すべきと感謝すべきと

アンコール朝遺跡を廻るツアーの最終日
四人で廻る旅の最終日
それに相応しく荘厳で意味深な表情を見せてくれる
アンコールワットから昇る朝日を見に

前夜は今までを試すかのように
深く語り合い深くお酒を入れ
身体が現実に戻らないまま朝の五時に宿を出発する

意識はまだ何処かに飛びがちだ
夢見心地の少し現実逃避した幸せかぶれの中にいる

でもこれが最後だ



カンボジアでの
四人での旅最後の朝日




そんな大事な時間
しっかりと忘れ物をしてきてしまっていた
必要なアンコールワット入場券を忘れてきてしまった事を途中で思い出す
チェックポイントに行くが全く融通が利かない
ゴウ君とマミちゃんを乗せたトゥクトゥクはあっという間に走り去る
僕達のトゥクトゥクは今来た道を急いで駆け戻る

さっき出発した時には星がしっかりと煌いていたのに
もう先の空は明るみだしている

愛二にみんなに申し訳ないとは思いながらも
何だか見れないんだったらそれまでの運だったんだな
そんなふうに妙に悟ったようなボヤけたような空気の中に意識はいた

運転手の日本人ガイドも何とか間に合おうと
がたがたの道を思いっきり飛ばす
その度に僕の意識を起こすように身体が宙に飛び上がる


アンコールワットの敷地内に滑り込んだ時には
もう随分と明るくなっていて
同じく朝日を見ようとする観光客の姿は殆ど見えない



急いで堀の橋を渡り
入り口の門を潜り抜ける
そこには隠れていたみたいに沢山の人達がいて
それを黒く佇む石がしっかりと外界と遮断している


20091130-2.jpg


朝日を見る絶好のポイント遺跡を正面に左側の池の前
前日に二人に告げていた
そこには前回は無かった椅子を並べて朝日が昇るまでのもどかしい時間を
ゆっくりとコーヒーでも飲んで待つ為のプラスチックの椅子が並べられている


沢山のカップルが老夫婦が家族が何の繋がりも無いツアー客達が
椅子に座ったり間を縫って池を眺めたり座り込んで眺めたり


徐々に明るくなってくる空
いつものように朝が向こうの方からやってくる


20091130-4.jpg


そんないつもの運動をしている太陽と僕達の間に
僕達よりはずっと長生きをしているアンコールワットが
特別なのはこの場にいる僕達だけだ

この場所が特別なのは
この場所にいる僕達がいる事だ

あとは毎日のように繰り返される荘厳な日常

感動すべきは朝日でもアンコールワットでも無く
僕達がやってきてこの場を共有している事
感謝すべきが朝日であってアンコールワットであってこの景色だ





二回目のアンコールワットからの朝日

確かにこの同じ場所から朝日を待って
何かを感じようとして考えていた気がする

でも今心の中にはその場面しか浮かび上がってこない
どうしても色褪せてしまう心の記憶の絵
はしっかりと描かれた輪郭だけ残ってしまって
慎重に色分けされた塗りの部分は違いが飛んでしまっている


結局考えていた事は自由に形作る事が出来ると共に自由に離れて行く事も可能で
考えを維持しようとしてもしょうがない
考えの基のそれぞれのピースを大事に仕舞って置く事だ


20091130-3.jpg


だから初めての人だって
二回目の人だって
気に入ってもう何度も訪れている人だって
ここにはいるかもしれなくて
みんながみんなアンコールワットから昇る朝日を待って
その瞬間と過程に一生懸命身を浸そうとするんだろう

いやだからまずは考える前に浸らなきゃいけないんだろう


20091130-6.jpg


朝日が昇るまでただただ待ち続ける

そしてやはり延々と繰り返される運動は期待通りに
アンコールワットの背中から太陽が静かに顔を出す






ただ流れる時間は厳密には同じ時間だけれども人々はそれぞれの家路に着き始める
同じ日常の運動がこれからも続いていくのに
太陽はやはり昇り続けアンコールワットはそこに居続ける
日常の中では朝日とこれからの時間に差は無いのだけれども



20091130-7.jpg




でも僕達にとっては特別な日が時間がやってきた事を意味していた




ゴウ君にマミちゃんが経つのはもう一時間しかない
一緒に屋台へ向かい焼きそばを買って食べようとするが
バスの時間が早まってせかされる

急いで食べてもそれこそ味気ないので
結局食べずに二人はトゥクトゥクに乗り込む


こんなに意味のある旅が
こんなに意味のある朝日が昇ったのは
まさに二人のお陰で

二人の乗ったトゥクトゥクは忙しく宿を出る
目の前の凸凹道を大きく揺れながら進む
突き当たる大通りで勇んで左折する

ずっと手を振っていた姿は見えなくなるまで見えた



次はきっと日本で


20091130-8.jpg





宿に戻ると日本語ガイドが今日が遺跡券の最終日
何を見に行くか尋ねてくる


もうそんな事をしてもしょうがない
意味がないとでも言うように断り




部屋に戻ってベットに倒れこむ



スポンサーサイト

力に犯されたタプロム

ベンミリアの想像以上の体験
それが終わって向かうタプロム

何だか自分の中にも不安が出てしまった
別に比べる訳でもないけれども
そんなに同じ日に同じタイミングで同じような場所で
再び感動を生み出せる程感動を受け止められる程
自分の心は成長しているのか不安だった



また一時間半の贅沢な旅
静かな異世界の体験をした
少し痺れの残った頭は別の眠りの世界へ入っていく



タプロムに着く
そこには久し振りに売り子の子供達が待ち受けていた
ベンミリアは遠かったからか全くいなかった
突然観光地の現実に引き戻されて
頭がふらつく

タプロム遺跡の入り口に向かうと
子供の大合唱が聞こえてくる
入り口に一列に並んで
葉っぱを王冠にして頭につけ
思いっきり大声を出して観光客の通る道に
これまた草で作った籠にお金を入れてくれと頼む


何とか進んで行くと
緑色に覆われた石が見えてくる
やはりがたがたになった石畳の向こう側に遺跡が見えてきた

その雰囲気はベンミリアとは違う
少しの安心とそれは何なのかという興味が
森の澄ました空気と共に頭を冴えさせてくる


20091129-13.jpg


アンコール朝の低い入り口を潜り抜けると
前にもあった巨大な溶樹が姿を現す
その力強さはベンミリアとは比較にならない

溶樹の生命力
自然の力の前に人間の文明は脆く崩れ去っていく
という言葉を信じてしまう程圧倒的な破壊力
その痕を無残に晒している遺跡


20091129-12.jpg


前回のイメージから
静かに残される遺跡と今でも動き続ける溶樹の
静と動
二つの微妙なバランスがすごく印象に残った

でも何故だか今は感じられない
どちらかというと今は為すがままに壊されて行く
一方的な自然の力しか目に入らない


20091129-10.jpg


それはベンミリアでの神秘的な体験が影響しているのだろうか



自然は瞬間瞬間とても穏やかに見えて
畏怖の力は長い長い時間の中に隠れている


20091129-14.jpg


神秘のベンミリア

アンコール朝遺跡観光二日目
今日は前回訪れなかったベンミリヤ
そしてみんなにオススメして
アンコールワットとトムとは別の日にしたかった
タプロムへ行く


タプロムは発見された当初の状態を今でも残す
森に取り残された遺跡だ

生命力のある巨大な溶樹に犯され
綺麗に敷き詰めれていた石の間に
根が入り込んでいる

静かに取り残されているけれども
その映像はかなり力強くて
静と動の迫力がそれぞれ迫ってきて
心配になるくらいに微妙なバランスで成り立っている

その中に佇むのは何とも贅沢な時間だった
そのイメージが強かったので今日はゆっくりそのタプロムと
もう一つの遠いと言うベンミリヤの二つだけにして
夕方はダウンタウンにあるオールドマーケットに行く事にした



ベンミリアまでトゥクトゥクで一時間半の贅沢な旅

今まで何としてでも出費を抑えようと
間違い無く観光地価格のトゥクトゥクを避けて通ってきた
ただ前回使った原付の後ろに乗って行くバイクタクシーと
トゥクトゥクの値段がほぼ変わらなかったので
昨日宿に落ち着いて色々と探し回る事に億劫になってしまって承諾した

そんな渋々のトゥクトゥクは想像以上に快適で
遺跡を廻って待っている屋根付きの籠
そこには疲れを受け止めてくれるフカフカのソファ
走り出すと森の中の気持ちの良い空気が飛び込んでくる

一時間半もの長旅もむしろ嬉しくて
景色を眺めながら将来の話をしてみたり子供の話をしてみたり
うたた寝をしてみたり



そうやってやってきたベンミリア
そこは何と


タプロムと同じような廃墟となって取り残された遺跡だった


20091129-1.jpg


完全にしくじってしまった
この後のタプロムのキャラクターが被ってしまう
しかもベンミリアの方が規模が大きそうだ

タプロムを押してしまった手前
これは大変に由々しき問題で
タプロムにも申し訳がたたない

折角の場所なのに僕のこの間違いのせいで
人の記憶に残らないかもしれないのだ


イメージとその時の人間の体調と気分は思い出に大きく影響する
別にお金を貰って仕事にしている訳ではないのでどうでもいい筈なんだが
自分の好きな所
自分の好きな人達
それぞれの歯車が折角だから上手くかち合って欲しい
そういつも気にしているのに


だからといって何が出来る訳でもない
ちょろっとガス抜きするみたいに
タプロムもこんな感じなんだしまったな
俺の判断違いだぁ
何て言ってみる


ベンミリアに来たのに頭の中はタプロム一色だ
目の前に通れそうな道をただ進んで行く

建物まで辿り着くと
そこは崩れてしまった沢山の石がごろごろ転がっている
そこに木の板が並べてあって人が歩いている

すぐ横には遺跡を管理していると思しき
グレーの制服を着た数人の女性が立っている
その女性に話しかけられる
こっちから行くんだよ
指を指された方向は思っていた木の板が続いている方ではない

ぼうっとしていた頭はなかなか
彼女の指す遺跡への入り口を見つける事が出来ない

進みださない僕達を見かねたのか
女性が前に立って歩き出した
そこは想像もしていなかった道だった

身体を横にしないと進めない場所を通り
沢山の木で四角く支えられた小さな門のような所の前に来る
女性は迷いも無くその中へ入って行く
他の遺跡だったら間違いなく立ち入り禁止のような場所
入り組んだ木々に辛うじて開いている入り口は僕の背の半分くらいだ
その向こうには上から崩れてきた石が思い思いの方向を向いている


20091129-5.jpg


意を決して入って行くと
本当に探検に入ったような
すごく荒っぽくて複雑な景色が目の前に広がる


20091129-2.jpg


光の明暗
草と石の柔硬
木とレリーフの自然人工


20091129-3.jpg


色んな対比が複雑に入り組んでいて
どの場面もどの角度も
一つとして飽きさせない
違った表情を持つ場所


20091129-6.jpg


ガイドの女性はぐんぐんと進んで行く
目まぐるしく変わる景色
でも何処か根底で同じ一つの強い意志が感じられる
だから全く違うようで
同じような景色


20091129-4.jpg


一体今自分がどの辺りにいるのかわからなくなる
迷路のような場所

タプロムの映像はすぐに消えて
どっぷりとベンミリアの世界に入り込んでしまった



ガイドの女性が無事に最初の場所まで連れてくる
それから僕達は遺跡の外周を廻る

裏側まで行くとそこに男の子が話しかけてきた
手には懐かしのパチンコを持っている
ポケットから小さな鳥を持ち出して誇らしげに見せてくる
木のブランコを紹介してくる
そして僕達の前に立って木々の間を歩き出す


20091129-9.jpg


先の方からまた沢山の子供達が現れる
一体何処まで来てしまったのだろう
全く違う景色に見える


20091129-8.jpg


そしてまたパチンコの男の子が前に立って歩き出す
僕達を促す
そしてある所まで来て立ち止まり
このまま歩いていけば入り口に行けるよって言って
僕達を見送る

有難うを言って歩いて行くと
見覚えのある遺跡の壁が目に入ってくる
後ろを振り返ると
男の子の姿はまだあったけれども
背を向けて森の奥に入って行く



20091129-7.jpg

久し振りのアンコール遺跡

疲れとお酒があまり寝覚めをよくしてくれなかった
というよりは久し振りの快適なベットが
なかなか身体を起こさせてくれなかった

でも今日は久し振りの観光
昨日の話でトゥクトゥクで廻る事になっていたので
しっかりと時間に起きなくてはいけない


前回廻った経験から
あんまりにも急ぎ足で色んな所を廻るのは
天候も蒸し暑いし距離もそれなりにあるし
何より疲れてしまう

アンコール朝の遺跡群
その国立公園への入園券には三種類ある
一日券に三日券に一週間券

ゴウ君とマミちゃんは12月1日に
バンコク発デリー行きの飛行機に乗らなくてはいけない
シュムリアップを経つのはギリギリで30日だ
一日券で大急ぎに廻るのは厳しいと考えて
みんなで三日券を購入し
ゆっくりと廻るプランを考えた



カンボジア
アンコール朝の遺跡をじっくりと廻る三日間の旅
その初日はまずは
プライドオブカンボジア
アンコールワットから


20091128-5.jpg



前回時間が余ってどこに行きたいか言われて
既に見ていたけれども迷わず答えたアンコールワット
世界に名を轟かせるだけあって
その理由が確かにそこにある


20091128-2.jpg



規模といい保存状態もそう修復の度合いも
それらが噛み合って見事に世界観を作り出している
またバランスがとれた建物の配置が
スマートな綺麗さを醸し出している


20091128-3.jpg


20091128-1.jpg



一番好きな場所
前回昼寝をした三階は今は修復中で
残念ながら入る事が出来なかったが
相変わらず妖艶さは維持されていた


20091128-4.jpg





その次に訪れたアンコールトム
本来はこちらがアンコール朝の首都であった
敷地は一番大きい

そこには四方を監視しているのか見守っているのか
沢山の顔が彫られている


20091128-7.jpg



重厚に積み上げられた石は
力強さを感じさせる


20091128-6.jpg





アンコールトムには幾つかの遺跡が敷地内にある
そこを折角なので廻る事に
知名度のせいもあるかもしれない
規模と印象は少し薄くなってしまっているのは否めないが
でもよく観察したら
それぞれの遺跡が全く同じ形態をとっている事は無くて
今の建築と同じように
伸び伸びと自由に挑戦されている感を受ける


その中の一つの遺跡
名前も知らないが長い参道が続いている遺跡
参道の横にある大きな木々に子供達が登って遊んでいる横を通って
辿り着いた建物は修復作業中で入れなかった


20091128-8.jpg



暑い日差しを浴びながらまた戻らなくてはならない
そう思って横を見ると道がある

次の遺跡は横道が延びる方角にある
そこには木々からもたらされた日陰が続いている
そこに吸い込まれるように向かう

するとそこには遺跡の一部としての役割を担っていた
そしてこれからまたその一部になろうと順番待ちをしている
沢山の石が転がっている

現地の人達もカードゲームをしながら日陰に身体を休めている


20091128-9.jpg



いくら日陰の道を通ろうとしても
既に沢山のダメージを身体は負っている
その石に座って僕達も持ってきたUNOでもしながら休憩しようじゃないか
ちょうどテーブルみたいな大きな石も見つかった


そこに腰を下ろす
さてゆっくりと身体と頭を休めようか

そう思っていたら
木登りをしていた子供達が一斉に走って来た
一人二人じゃない
次から次にやってくる

びっくりして手が止まってしまうけれども
何だか子供達はカードゲームに興味深々だ
一緒にやろうと言うと
カンボジアでは子供はカードゲームをするのは禁止されていると言う

兎に角促されるままUNOを配って四人でやり始めるが
全く集中できない
説明しながらやろうとすると手持ちのカードをばらされたりする
ちょっかいを出されてそうしたらちょっかいを仕返さないと気が済まない
その内に自分の番になったりして
UNOどころじゃないのに一度終わってもまたやってとせがまれる

日本語が話せたり英語が話せたり
しかもそのレベルはかなりのモノだ
勉強熱心で吸収が早い子供達
その興味深々の瞳の先は結局UNOではなくて楽しい一時みたいで
ちょっとの事ですぐに笑い出して
食べてたカキ氷を噴き出したりする

カキ氷を食べさせてくれたり
子供のくせにしょっぱいビールのつまみになるような
干し烏賊をくれたり
兎に角よく笑って
何だか粘り強い売り子のイメージが強いカンボジアの子供達とは正反対の
とっても人懐っこい姿があった


20091128-10.jpg



でもそんな中一人の男の子がやってきて
売り物の笛を取り出して渡してきた

それを何気なく取ると
周りの子供達が一斉に走り出して
今まで一体どこに隠していたのか
それぞれの売り物籠を持ち出してきて
一斉に商売を始めた

呆気に取られていると
向こうも一瞬で沸騰した熱が
一気に冷えていって
またさっきと同じような人懐っこい表情に戻って
UNOをせがんでくる


何だかすごく複雑だ
すごく明確な所にスイッチがあるのだけれども
子供達のあやふやな人間性
何処にも垣根が無くて自由に行き来が出来る
このスイッチは純粋な心にどう影響するのだろうか





でもどちらにしても火照った身体は
カキ氷と共にひんやりと落ち着いて

別れを告げて次の遺跡へ向かう






観光で見る遺跡
前にも見たけれどもまた違った出会いがあって


小高い山の上にある遺跡
そこから大地に落ちる夕日を眺める為に登る

そこには沢山の人達が集まっていて
沢山の言語が飛び交って
一つのざわめきを形作っている


20091128-11.jpg



夕日がゆっくりと落ちて行く

いつもいつも繰り返される運動



アンコール朝が出来た随分と前も
そして今も



夕日が沈むと何処からか拍手が聞こえてきて


全体に広がっていった



20091128-12.jpg



再びの乾杯

それなりに満足のいく移動の日だった
結局タクシーは二時間足らずで無事にシュムリアップまで運んでくれた
タクシー内は快適な温度に設定されていて
電車よりもむしろよく寝れた

停まった所に沢山のトゥクトゥクがいた
さてこれから宿探しだ
と意気込むが飛んできた言葉が日本語で少し拍子抜けしてしまう

快適な部屋
部屋にシャワーと水洗トイレ付き
無料のインターネットも付いている
無線LANもあって
そしてここから宿までのトゥクトゥク代は無料でいいそうだ
それで一人3ドル

それを一気に日本語で並べられる
どれも好条件
しかも3ドル

国境付近で宿の物価も上がっていると聞かされていた
大体10~20ドルくらいだろうと
それが3ドルだったんだから全く悪い話じゃない
でも何だかそれですんなりそのレールに乗るのは気が進まない
前回泊まった宿は2ドルだったし

そのちょっとした頼りないネタで少し反撃してみる
確かラブリーゲストハウスとかいう怪しげな名前だった
そこは2ドルだったけど知ってるか尋ねてみる

そうしたら知っているというではないか
しかしそこはもう潰れてしまっているという
あんな優良店がまさか潰れるはずがなかろうに!

何だか勝手に身内に感じて
兎に角自分のゲストハウスを押してくる相手に
少し興奮気味になりそうだったが
渡されたパンフレットは何とも綺麗な内装をしていて
とても3ドルには見えない

過去の幻想に捕らわれているだけで
今目の前にある条件は全く悪くは無い
今は四人で行動している訳で

と思い直し
トゥクトゥクに乗り込んだ




着いた宿はパンフレットの写真が上手く撮れすぎている
なんて事は無くちゃんとした作りで
充分に綺麗だった
ネットもちゃんと繋がる

連れてきた日本語を話す人は
どうやら普段日本語ガイドをしているらしく
やたらに難しい細かい日本語を知っている
来る時のトゥクトゥクでは
最近のタイとカンボジアの政治について語ってくれた



部屋は前回より少し狭いが
そして1ドル高いが
でも全然問題無い
朝からの長距離の移動が身体を重くしている

すぐに荷物を下ろし解放された


解放感と達成感


無事にカンボジアに入国し宿が決まり
外の屋台で夕食を食べて腹を満たし
すぐ近くにあったスーパーで買い物をし



宿のバルコニーで



改めての再会と出会いと感謝を込めて





乾杯した



main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。