スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスノリ

随分と居心地の良かったマラッカを出発する日がやって来た
本当ならまだまだ居たかったが
先には二人が待っている
何時かには追いつかなくてはいけない
名残惜しいがここでお別れだ


ジンさんに最後の挨拶をしようと
宿の玄関に出て探しに行く

そしたら一緒に昼食を食べよう
昨日のマレーシア料理がまだ残っている


そうやって入り口の階段を上ろうとする


その横にポストがあって
昨日見せてもらったエアメールと
殆ど同じような封筒を見つける

ジンさん
まさかこれ日本からのメールじゃないかい

そう言うと
まだ眠そうなジンさんの顔が
またあの笑顔になる



本当に笑顔が気持ち良い人はずるい





最初にこの宿を紹介してくれた
中国人のボックスさんも
ちらっと顔を合わせる

出る時間にまた顔を出すよ



けれどもすれ違いか
結局時間が来てもどこにいるのか
顔が見えない

昼になってさすがにもう出ないと
バスが無くなってしまう

最初の時に見せられたのに習って
自分も連絡先を紙に書き
それをタダシさんに渡してもらうように言って
遂にその宿sunny's innを出発する


20091023-5.jpg







バス停は行きに着いたのとは場所が違う
ジンさんに教えてもらった
緑のビルの前まで来る

そこは大きな幹線道路の脇だ
しかしバス停らしきものは見当たらない
重いバックをしょって
日陰の無い所をうろうろする元気も無く
すぐに緑のビルの中にあるお店に入って聞く


バス停は何処ですか


そしたらやっぱり目の前だという
その方向を見て
どこにそんなものがあるんでしょうか
そういう感じに頭をキョロキョロさせると
笑いながら

そこらへんに立ってたらバスが通るから
手を挙げたら停まってくれるよ


そうかここはアジアだった


荷物を降ろし
そこに焦らずゆっくりと待つ事に


ただ灼熱の陽射し
汗はどんどんと流れてくる

車はスピードを出して通り過ぎていく
やっと一台のバスが見えてくるも
そのバスはこっちの姿を完全に確認して
そして車線を向こうに移してしまう

見るとパンパンに人が詰め込まれている


それはしょうがないけれども
もしかしてかなりの混雑レーンなのか
少しソワソワしていると
脇道から一台のバスがやってくる

一人も乗っていない
そしてちゃんと停まってくれる

1リンギットを払い乗り込む


リュックをほぼ投げ下ろし
席に座って一息する
扇風機だけだが思った程熱くもない

バスに無事に乗れた事も重なって
心がゆっくりと落ち着くと
かなりの爆音が流れている事に気が付く


目の前を見ると
バスの運転席の横に買ったばかりなのか
箱が無造作に置かれて
その中身であろう大きめのスピーカーから
なんとトランスが流れてきている


20091024-1.jpg



そのアップテンポに呼応しようと
かなり年代物のバスは
きしみながらも
揺れながらも
車の間をすり抜けてスピードを出す

太い男の声が挿入されている
その男は叫ぶ


今からバカデカイ音を流すからな
覚悟しろよ
耳を塞げっ!!!
耳を塞げっ!!!
耳を塞げっ!!!


そしてまた爆音のアップテンポな
めちゃくちゃな数のビートがスピーカーから溢れ出てくる

オンボロな車内に
昨日まで見てきた歴史の街マラッカ
そしてジンの恋の話

そんな所を
キチガイのようなバスで駆け抜ける
そのギャップが
むしろこっちの気持ちをすっとさせて
楽しくさせてくる


調子が出てきたのか
運転手がタバコに火をつける



タバコ?



ここのバスはタバコを吸っていいのか

と納得しようとしたら
すぐ目の前のフロントガラスの上に
結構大きくノースモーキングのサインが


やっぱりそれくらいの事をしてくれないと
アジアのバスに乗った甲斐は無いでしょう


それからそのバスの運転手は
運転しながらも
気に食わない曲があると
そっちに集中して
曲をばんばん変えてくる
その間も前をロクに見ないで荒い運転は続く



トランスから
ヒップホップになったり
現地のバラードになったり



ただそれがひとしきり続くと
さっきまでの刺激が強すぎたのか
こっちの気持ちも
いくら爆音といえども落ち着いてきてしまう

その心を汲み取ったか取らないか
バスは道の途中で大きくカーブを描き出す

その先を見ると
ガソリンスタンドだ


やっぱり期待に答えてくれる
この自分が時間があまり無くて焦り気味な時に
わざわざガソリンスタンドに寄ってくれるなんて
やっぱり甘くないね
やってくれます


もう楽しくてしょうがない


バスの運転手は
ガソリンを入れた後
すぐには出発しない
一度戻ってくると
今度は運転席に置いてあったペットボトルを持ち出して
またどっかに行ってしまう
捨ててくるのかと思いきや
ガソリンスタンドの脇に設置されている蛇口から
水を補給している




そんなバスでも
ちゃんと目的地には連れて行ってくれる


30分
たった1リンギットで楽しませてもらった
マラッカのアトラクション



次はクアラルンプールを経由して
二人のいるペナンへこれもバスで向かう
どんなバスなのか
ちょっと期待してしまう



20091024-2.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。