スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力に犯されたタプロム

ベンミリアの想像以上の体験
それが終わって向かうタプロム

何だか自分の中にも不安が出てしまった
別に比べる訳でもないけれども
そんなに同じ日に同じタイミングで同じような場所で
再び感動を生み出せる程感動を受け止められる程
自分の心は成長しているのか不安だった



また一時間半の贅沢な旅
静かな異世界の体験をした
少し痺れの残った頭は別の眠りの世界へ入っていく



タプロムに着く
そこには久し振りに売り子の子供達が待ち受けていた
ベンミリアは遠かったからか全くいなかった
突然観光地の現実に引き戻されて
頭がふらつく

タプロム遺跡の入り口に向かうと
子供の大合唱が聞こえてくる
入り口に一列に並んで
葉っぱを王冠にして頭につけ
思いっきり大声を出して観光客の通る道に
これまた草で作った籠にお金を入れてくれと頼む


何とか進んで行くと
緑色に覆われた石が見えてくる
やはりがたがたになった石畳の向こう側に遺跡が見えてきた

その雰囲気はベンミリアとは違う
少しの安心とそれは何なのかという興味が
森の澄ました空気と共に頭を冴えさせてくる


20091129-13.jpg


アンコール朝の低い入り口を潜り抜けると
前にもあった巨大な溶樹が姿を現す
その力強さはベンミリアとは比較にならない

溶樹の生命力
自然の力の前に人間の文明は脆く崩れ去っていく
という言葉を信じてしまう程圧倒的な破壊力
その痕を無残に晒している遺跡


20091129-12.jpg


前回のイメージから
静かに残される遺跡と今でも動き続ける溶樹の
静と動
二つの微妙なバランスがすごく印象に残った

でも何故だか今は感じられない
どちらかというと今は為すがままに壊されて行く
一方的な自然の力しか目に入らない


20091129-10.jpg


それはベンミリアでの神秘的な体験が影響しているのだろうか



自然は瞬間瞬間とても穏やかに見えて
畏怖の力は長い長い時間の中に隠れている


20091129-14.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。