スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解はどれ

遂に病魔から解放され
坦々とした日々の幸せが訪れた

そう身体が自由に動くとはなんと幸せな事だろう


普通に会話し
普通に出歩き
普通に食し
そんな普通は全部特別で


食べ物が美味しく感じる
街が兎に角刺激的に感じる
色んな事に気が付く

思い返すと
ビール酵母と戦っていた日々の記憶は青黒いフィルターに覆われていて
光が足りなくて中心が少しぼうっと霞んで見えて
映像の縁はもう真っ暗で何があったか分からない

ただ病魔によって受動的に街を廻った
薬を探したりおかゆを探したり
それによってこの街にはまだまだ魅力的な側面が
自分達のすぐ近くに横たわっている事に気が付いた


病魔によって知った
そして解放された
これから能動的に街を廻れるのだ




昼にやっているおかゆ屋さん
そこは宿のすぐ近くにあるマーケットの一角
そのマーケットは昼沢山の人とお店で喧騒の中にある
夜の帳が下りると共に人は引き店も閉まる

けれども夜の帳はつまり夜の舞台が始まるのを意味するように
このマーケットにももう一つのマーケットが立つ

何処か地方から出てきたような笠を被った沢山の行商が
随分と暗くなった時分になると何処からともなくやってきて
自分達の商品を並べだす

端から見てもマーケットがある筈の場所は静まり返っているように見える
ただ近づいて行くと何だか蒼い夜の色の中に蠢く沢山の黒い影に気が付く
ライトは一切無い
本当に近くまで行って正面にある
賑やかな屋台レストランの光を借りてやっとみえる
昼のマーケットでは見る事が無い種類の野菜が山のように積んである
しっかりと見開いた目が動き回っている
ある人は懐中電灯を持って見回っている
そんな店を囲んでいくつかの屋台がまた囲んでいる
もう道の半分までせり出している
数人が大きなズタ袋に思いっきり詰め込んでバイクにのせて帰っていく



正面の賑やかな屋台レストラン
鍋や焼肉をみんなで囲んで大声や笑い声が絶えない

少しするとすぐにバイクに乗って数人がやってくる
どうやらダウンタウンで楽しく飲んで帰ってくる人達が
みんなでもう一杯もしくは夜食につっつく為に寄ってくるみたいだ
沢山の若い女の子に男の子がやってくる
ここら辺では全く見なかった
それぞれドレスを着飾って髪を染め
携帯で誰かに大声で電話を掛けたり
隣の人にしだれかかったり



そこに向かおうとしていた僕達も絡まれる
突然後ろから声を掛けられる

日本人ですか

ラオスのヨウさんとは全然違う完全なる片言
振り向くとバイクに乗ったかなり酒臭い人がいる
少し話して目的地の屋台レストランへ向かうと
バイクでついてくる
席に座ると隣に座ってくる
そして話しかけてくる
一生懸命知っている日本語で
だが片言に酔っ払っている事も重なってかなりよくわからない

ただもう座ってしまったので話すしかない

僕達が廻りの若者を見たりしていると
ちょっかいを出してくる

そこでカンボジアの恋愛と結婚事情を尋ねてみる



僕達がここにいて聞く話
ソフィアもスレーナも言っていた
カンボジアの結婚には付き合いよりもまず先にお金が必要だという事

まず男は結婚する為にお金を貯めるのだという
その時相手はまだまだ決まっていない
最低1,000ドルでアベレージが3,000ドルだそうだ

それから男がお気に入りの女性を見つけるとまず親に相談
親が女性の親に話をし女性の家庭で会議がなされ
ゴーサインが出ると初めてそこで結婚になるそうで
それまでは付き合いをしないのだそうだ
特に女性の場合
結婚の前に付き合いをしていた事が発覚すると
かなりヨロシクないみたいだ

古くからのしきたりなのだがまだまだ根強いのだそうだ



ただ周りの景色を見てみるとどうもそればかりとは考えられない
やってくる若者達はどう見てもデートに見える



もしソフィアだけがそれを言っていたなら
ただ単にソフィアの話を疑って終わっていたが
スレーナに聞いてもそうだという

愛ニがスレーナを屋台に誘っていたがそれも丁寧に断られていた
勿論僕も一緒に食べたら楽しいだろうと思ったが
決まりだからとしっかりと断っていたのだ

屋台レストランでの光景
若者達が鍋を楽しそうにつつき合っている姿を言うと
それは家族です
とか
それは夫婦です
と言うのだ
ただ僕達がよく見るバランスは
男の子一人に女の子二人や男の子二人に女の子三人なのだ
そして明らかに歳は近くて晴れ着を着ている
そしたらスレーナは最終的に兄弟姉妹だと言う

正解は一体どっちなんだろうか




そう思って酔っ払いに聞くのはどうかと思ったが
若者を見ながらニヤニヤしているので
もしかして違った意見が聞けるかもしれないと思い聞いてみた

そうしたら随分とそこだけしっかりと話し始めて
そしてその答えはソフィアとスレーナと同じだったのだ

それまでは付き合えないと



じゃあ今周りにいるのは本当に全員兄弟姉妹だというのか







まだまだ答えの出ていない面白そうな側面が
この街には転がっている



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。