スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムのお祭り


数日前に見た旗を持った原付の群れ
暴走するエネルギーに圧倒された

全く知らなかったベトナムの一面
けれどもとてつもなく激しいエネルギーは何かを表しているはずで
そこにベトナムの社会が反映されているような気がする

傍から見て写真を撮って
でもどうしても掴みきれない

うねりにはどんな思想があってどんな意味があって
やはり人に聞かなくては中に飛び込まなくてはどうしても分からない事がある









いう訳で





飛び込んでみた






20091215-6.jpg






思想に感化されるとか
安直に冷やかしてみたとかではなく
あくまで社会見学として

です



何故ならベトナム市民の行動の表面的な理由は
強大なエネルギーの割りには随分と身近なモノだったからだ

そういうとベトナムの人に失礼かもしれないが








昨日パン屋での長い時間を過ごし
煙の出てきそうな熱い頭を冷やす為に夜の街を出歩いた

意外と夜の早いこの街は真っ暗な道が続いていた

何か出会いのありそうな場所を求めてひたすら歩いたが声を掛けてくるのは
ハッパとオンナという単語を言い続けるバイクタクシーの運転手と
原付に乗ってお客を捜し求めているレディーボーイというオカマだけだ


随分と歩き回ってへとへとになって何の収穫も無く帰ろうという時大きな五叉路に出た
これで最後にしようとネオンが少し光る道に入って行くと
道端で対面のレストランの明かりだけを頼りにやっている屋台があった

そこで飲んでいる二人組みのオジサンに声を掛けられる
もう何でもいいからっていう気になっていた僕達は
足の疲れもあって椅子に倒れこむように座った

既に飲んで陽気になっていたハイさんは35歳
前歯が全然無い口を大きく開けて笑うタイさんは50歳
ベトナム語を教えてもらいながら
次の日にベトナム対シンガポールのサッカーの試合があるという事を教えてもらった

サッカーの試合は午後6時から
そのあと午後8時からここでもう一度会おう
そして騒ごうじゃないか
と言ってベトナムベトナムと言いながら拳を突き上げる動作をする

何だか楽しそうじゃないか
次の日はこの街を出るつもりだったがそういう事なら
本当に来るかと差し出されたハイさんの手を握り返す








4対1でベトナムが勝った


試合を宿についていたテレビで確認し
無事にベトナムが勝利を収めたのを確認して前日の屋台へと向かう為に五叉路に出る



そこは全く前日とは違う景色が広がっていた


単純に夜中と夕方の違いもあるが
それどころではない
赤い色が溢れかえっている


20091215-5.jpg


ベトナムの旗を持った人
旗を纏っている人
鍋を叩いている人
みんなが原付に乗ってロータリーを回り続けている
真ん中には警官が数人固まって様子を伺っている

奇声に鳴り物の騒々しい音が渦に乗って周りを飲み込んでいる
沿道に居る人も道路に出てエネルギーの一部になっている


まさに暴れているという印象の原付の合間を何とか縫って
待ち合わせ場所の屋台の場所へ向かうと
昨日出会ったタイさんが制服と警棒を持っている
びっくりして声を掛けるとまた笑顔で前歯の無い口を見せてくれる
どうやら屋台の後ろにあるお店の警備員だったらしい


20091215-1.jpg


どこから持ってきたのかベトナムの鉢巻を渡してくれる
何も無しでこの場にいる気まずさから解放される

昨日の落ち着きは何処やらどことなく力が入っている感じだ
近くには二十代に見えるの若い男女が集まって何やら作戦会議のような事をしている
そこに何とハンさんも加わっている
よく見ると中学生に見える二人組みもいる

何かが決まったのか歳もバラバラな男女10人ちょっとの集団が
一斉に原付のエンジンをかける
手には旗や鳴り物を持っている

ハンさんがヘルメットを被りいそいそとやってくる
手には別のヘルメットを持っている
ベトナム語で興奮しながら喋っているのだが
間違いなく一緒に行くぞ!と言っている

まさか数日前に見たあの光景の中に飛び込む事になるなんて
嬉しいんだか不安なんだか
でも周りの騒々しさがどんな想いも掻き消す





渦の中に飛び込むとやはり流れは端から見ていたのよりもかなり速い
単純にこんな数の原付がありながらどんどん飛ばす
そして光と音の大きさがすべてを大きく速く見せる

どうやらこの渦の中には支流がいくつも集まっている末の姿みたいだ

さっきのグループはハンさんのグループみたいで
行き先を確認しながらみんなで離れないように行動している

そうやって走っていると
同じようなグループがすれ違って
お互いが確かめ合うように最大限の音を搾り出す


20091215-3.jpg


そうやって走り続けていると大通りに出た
そこには大きな主流があって
沢山の支流がそこに流れ着いたみたいだ
片道三車線の六車線すべてが原付に飲み込まれている
中に何台か長距離大型バスが立ち往生している
タクシーのボンネットに乗りあがって旗を振る上半身裸の青年もいる

ただ運転手は特に怒る素振りも見せない
振られている旗が我らがベトナムの旗だからなのか
それとも毎度の事だからなのか


もう六車線の道は溢れる原付のせいで一通状態になっている
そんな所を何故か僕らのハンさんのグループは猛スピードで折り返して
逆送する
いや本来は合っているのだが


行き着いた先は
ここら辺で一番の大きなロータリー
先日行ったマーケットの目の前の公園があるところ

知っている場所だが今ある光景は全く新しいものだった
ここにいる原付は走っていない
思い思いの場所に停めているだけ
そして何箇所かで盛り上がりの泡が立っている


20091215-7.jpg


本来は車の走る道
そこに何千人という人が立ち止まっている



ハイクラスホテルの建ち並ぶドンコイ通りにも向かう
民家の建ち並ぶ脇道にも向かう
道端にはやはりどこにも旗を振りかざしている人たちがいる
同じようなグループが休憩しているのも何度も目撃する



そうやって一時間以上走りまくって元の屋台へ戻ってくる
もうその時間には五叉路も盛り上がりが最高潮みたいな感じで
さっきの倍以上の人間が集まって
流れはロータリーの真ん中の警官がいた場所を中心に
渦を巻いている



グループの人たちはお酒なんか一口も飲まずに
ジュースや水で水分補給をすると
すぐにバイクに乗る
ハイさんも僕達を促す

そうやってまた走りに行くのだ






先週感じた凄まじいエネルギー
その発火点はサッカーの試合だったのだ

確かにベトナムの人はサッカーが好きみたいだが
どうもサッカーの結果というものはバイクで走り出した瞬間に
何処かに置いていかれている感がやはりある



エネルギーの発露

どんな所に理由を求めても知識の無い自分には確かな事は分からない

社会主義に理由を求める事も
ベトナム戦争の勝利に理由を求める事も
民族性に理由を求める事も

あやふやな頭は何でも納得してしまう

ただ家族総出の四人乗りのバイクや
制服を着て自転車で騒ぐ中学生や
幼稚園くらいの子供達が鉢巻や旗の売り子にたかっているのを見ると
この流れはずっと昔から続いていて
どうやら当分続いて行くだろうという観測はつく

それを思えばやはり理由は過去のベトナムの歴史にありそうだ







そしてきっかり23時になってから動き出した警察
僕達もそれに押されてまた屋台へ戻る
もうへとへとで喉もからからでビールを頂いてしまう

でもみんなはまだ立ち続けて暴れまわっている

お酒も無くシラフでよくこれ程騒げるもんだ
なんて冗談をいいっていたらまたハンさんに誘われる

もう流石にへとへとになった
僕達はここで眺めていると伝えると
みんなが握手を求めて去っていった




少しすると雨が降ってきた
久し振りの雨




試合が終わってからもう四時間経ってもまだまだ暴れまわっていた
空がそろそろ落ち着きなさいって熱に水を浴びせているみたいだ
沢山のバイクが軒下に雨宿りをしに入ってくる
僕達の周りにもやってくる

顔をかがめて走る数台したいなくなった
今まで全く動けていなかった車がここぞとばかりに
スピードを出して走り抜けて行く



少しすると
水を浴びせられた火が屋根の下で盛り返すように
鳴り物が成り始め
雨の中に飛び出して踊りだす女性が出てきて
裸になった集団が道の真ん中で暴れだして
そのまま奇声を発してバイクをふかして走って行ってしまうと
みんなのエンジンもかかって
次々に雨の中に飛び出して走り出す





雨なんて構うものか
雨なんかでこの炎が消えるものか

そんなただただ本当に荒いエネルギー



20091215-4.jpg





前に見た時には何かの思想や主張があるのかそんな思いをしたのだが
蓋をあければサッカーの試合だった
エネルギーの凄まじさに圧倒されたのだろう

世の中を動かしている大きな流れのキッカケなんてそんなモノなんだろう
スイッチは幾つか決まりきったものしかなくて

ナショナリズムだったり
平和だったり
愛憎だったり

行動の意味よりも行動の手段が集団の特色を現していて
集団を読み解くには行動を読解する事が重要なんだろうな



考えるばかりいてもしょうがないんだ

考えを巡らせて頭の中で形作っても
世の中への発露の仕方が
行動の現れ方が僕の印象を形作るのだから








ベトナムの「お祭り」は午前4時まで続いていた
正確には僕が確認できたのがその時間までだったという事なのだが



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ははは(笑)
どれが藍さんか分からなかったです。
ヘルメット似合ってますね~
main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。