スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違う早さの時間が流れる街角

すっかり気に入ったミトー
宿もしっかりしていて普段使われていない所を使わせてもらっているので
部屋もダブルベットが広い部屋に二つ
僕達には贅沢過ぎるほどの部屋が二人で7ドル
エアコンまでついている

日本でだって殆ど無いダブルベット独り占め
そんな快適な所で寝るんだから当然起きれる訳も無く
早朝4時くらいから始まり9時には終わってしまう水上マーケットなんて
到底行ける筈も無く


昼辺りにやっと起き上がって愛二に
昨日は移動だったし今日はゆっくりするか
なんて既にゆっくりしているのに
罪悪感から解放される為にわざわざ口に出して言う

そうそうツアーに参加せずに
安く水上マーケットを見に行く貯めの方法を探さなければいけないし
この街の太陽が出ている顔を見なくてはいけないのだから



昼食とまずはのコーヒーを飲みにまた街に出る
前日に行ったおかゆの所へ行くとさすがにまだやっていなかったが
別の店がやっている
が目の前には6,000の文字がある

屋台のおかあさんが6,000の数字を指して椅子へ案内する
どうやらフォーみたいだ
勿論椅子へ座る
そうやって出てきたのはインスタントのちぢれ麺の入った簡単な物
それでも6,000なら充分
あとで菓子パンでも肉まんでもフランスパンでも食べて
コーヒーで締めれば全く問題無い
と軽く思っていた僕にはやはり落とし穴が待っているもので


20091218-4.jpg


食べ終わり会計になると
おかあさんは指を全部広げてくる
なんと一つ10,000ドンだというのだ

僕達が持っていた紙とペンを取ると
二つのメニューを書いて
一つには6,000
もう一つは10,000の数字が隣に書かれる

そういえば僕達が食べている途中に
屋台のおかあさんは6,000と書かれたダンボールを
棚の中に隠すように仕舞っていた

やられた

しかし確かに僕達はしっかり指を指さずに
ただ椅子に座ってしまった
こっちの分が少し悪そうだ

ほぼ抵抗する事無く
しぶしぶ10,000ドンを払う

まあただ4,000ドンの差だ
いやでもそういう問題ではない
でも今からどんな事を考えてもしょうがない

なんて少しもやもや考えながら
助けを求めるように昨日買った3,000ドンのコーヒー屋さんへ向かう


20091218-3.jpg




そこには昨日の坊ちゃんがちゃんといて
笑顔で対応してくれ気持ちが落ち着く
きちんと3,000ドンで
安いけれども今まで飲んだ中でもかなり美味しい部類に入る
コーヒーを一口
もやもやからすぐに解放される
簡単なもので一気に気分が良くなってしまって
ゆっくりするんだしここでちょっと街でも眺めようか

テイクアウトの袋で渡されたのだが
やっぱりここで飲みたいとジョッキを頼み椅子に座る
そうしたら机にジョッキと紅茶の入ったポットが置かれる


20091218-5.jpg


ここの人たちの街角でひと時を過ごし方を眺めていると
何故か必ずジョッキやコップとは別に紅茶のポットが置かれている
そしてコーヒーを飲み終わった中に今度は紅茶を入れて
口直しのような感じで飲むのだ

日本だったら
あなたはコーヒー派ですかそれとも紅茶派ですか
何て聞く感じなのに
ベトナムでは一度に両方を堪能するみたいなのだ
そしてもう一つびっくりなのは紅茶は何故か無料でついてくる事だ


目の前の通りを騒々しく走りすぎて行く流れを眺めていた
アオザイを来て前掛けの部分を持ちながら走っていく学校帰りの女生徒達
手作りのような年季の入ったバイク
シートの下にぶら下がったポリタンクに丸見えのエンジンをいじって
大きな音を立てて走り去る
エンブレムだけなのか本物なのか
道の真ん中を堂々と走り去って行くレクサス


20091218-1.jpg


そうしていたら1人のおじさんが寄ってきた
東南アジアではよく見かける宝くじ売りだ
勿論買う訳は無いのだが
少し興味があっていくつか質問をしたりくじを見せてもらうと
僕達の卓に座ってしまった

見せてもらったくじの一等は15億ドン
一枚10,000ドンで購入
一番下の辺りは100,000ドン
ゼロが多くて何だか意味が分からない

街角でコーヒーを飲みながら椅子に座って街を眺めるスタイルは
ここの人の骨の髄までよく染み込んでいるようで
おじちゃんはすっかりゆっくりしてしまっている
ムリに話す事も無く
思いついたようにニ三言話してじっと道を眺める


20091218-2.jpg


そんな優しい目を街に向けるおじちゃんは
実は昔軍隊のキャプテンでカンボジアのクメールと戦ったらしい
キャプテンは確か英語だと大尉だったか

将校クラスの人が今小さな街で宝くじ売りをしている
自分でもそういう意味で言ったのだろう
言ってからハニカムようにでも悲しい目をして笑っていた



戦争が長かったベトナム
世界的にも有名な戦争があった
世界を巻き込むような戦争がまさにこの地にあった
その勝利は大々的な物で

きっと今でも国際的な遣り取りの中ではその事実は根底に流れていて
現代のベトナムのナショナリズムの根幹を成していそうだ

ただ手先足先となって直に歴史の表面をえぐっていた軍人達の現在は
時代が変わった社会の中では時間の流れとの付き合い方を知らずに
途方に暮れているのかもしれない




おじちゃんの目は
生活の中では経験できないような所まで踏み込んだからの
諦めたような悲しい目
それがすべてを受け入れ見守る優しい目に見せていたのかもしれない



20091218-6.jpg





目の前の騒々しい道

そこから少し離れたカフェでゆっくりした時間を過ごしていると
全く違う時代が流れているように思えてくる
テレビを見ているような


おじちゃんの話をこんな所で聞いて
余計に情緒的になってしまった



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。