スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フエの夜


フエは夜しか知らない



王朝の拠点があった
当時の面影を残す遺跡がある
だが僕達が宿を決めた時にはもう街中に姿を隠してしまった


夕食を取りに出掛けると
久しく聞いていなかった都会の喧騒が聞こえてくる

大きい事が良い事であるかのように
ガラス窓の中から色とりどりの照明が道にまではみ出し
それに負けじと幾つもの黒い箱から飛び出してくる力強い音
中できらぎらした衣装に包まれた男女が
赤いソファに座って向き合っている


奥まで進んで行くと小さな屋台がこじんまりと数軒並んでやっている
ただ雰囲気とは違って屋台の人は威勢がいい

カンボジアから僕達のメニューに頻繁にのるお粥を食べる





そこから行きとは違う道を通ってホテルまで帰る
その途中に漢方がショーケースに並んだ小さなお店の前で
ポットに小さなお猪口を酌み交わす二人に呼び止められる

年長の人が小さな椅子を二つ出してきて僕達に薦めてくれる


座ると飲んでいたお猪口を身体にいいからと差し出してくる
その中身は身体に染み渡る中国茶
食後にはちょうどよいさっぱりした味だ

美味しいの意のベトナム語
ラットゴンを連呼する

気を良くしたのかちょっと待ってろ
という仕草をして店の中に入っていく

小さなグラスにお茶と同じような色の液体が入って渡される
匂いは強烈な癖のあるアルコール臭
彼はウイスキーと言いながら
店内に並べられている漢方の瓶を指差す

どうやらハブ酒のような物らしい

恐る恐る口にするとさっぱりとしたお茶の味を押しのけて
一気に身体の中で暴れて熱を作り出してくる
たったの一口で身体がびっくりして跳ね起きたみたいだ

僕達の反応を見て
年長の彼は嬉しそうにこの店でナンバーワンのやつだ
と言う


彼は僕達が解する解さずをいとわず
立て続けにベトナム語を話しかけてくる

素直に解らない顔をする時
彼は躊躇無くペンを掌に走らせて説明してくれる
僕達に対する興味に対して
愛二と少し覚えたベトナム語を何とか駆使する


年長の彼が何か一生懸命伝えようとしてくれる事が一つあるみたいだ
ただもう一人も何と言っていいのか解らないみたいで
どうしたもんかと困った顔をしている
そうしたら恥ずかしさも無く年長の彼が歌いだした

それを聞いてついつい笑ってしまった

もう一人の彼も大きく笑っている
年長の彼がこの歌を調子も音程も気にせず
実際めちゃくちゃだったのがおかしかったみたいだ
みんなで笑い合った




その歌はジングルベルの歌だった




そうだもうクリスマスなんだ




一体クリスマスがどんな意味があるかなんて置いておいて
クリスマスというそれなりに思い出しやすい日を利用して
過去を少し振り返る


今年はラオスでクリスマスを過ごす


記憶の中に碇を下ろす日
ラオスで過ごすその日は一体どういう日になるのだろう



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。