スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中


日本で知り合った友達と香港で約一年振りに再会した
彼女とは一時一緒に世界一周をしようと話し合った仲だ

好奇心が旺盛で
行動力も抜群で
色んな所に独りで跳びこんで行く
お酒だって大好き
みんなといる事が心から大好き
勝手に手足が動き出して踊り出す
そうであっても
部屋の中で考え込み
前に訪れた事がある彼女の独り暮らしの家は
カーテンが締め切られ
すぐ目の前の高架を走る総武線が部屋を朝から揺らす
彼女の泣き顔はたまたまかそれともそれ程の頻度なのか何度となく見た
誤解を無くす為に腰を折るのを覚悟であえて書くが原因は僕では無い
それ程に感情豊かで
まさに僕達と言わずとも誰とでも気の知れた「ダチ」になれるだろう人

漫画に出てきそうな弾けたキャラクター
まさにそこから飛び出してきたような人


世界一周を一度考えるくらいの人だから
勿論世界に対する視点は柔軟に持っていて
子どもにも思い入れのある彼女は
世界の何処かで幼児教育の場に立ちたいと
いつも大きなジョッキを片手に語っていた


出会った頃から言っていた彼女の将来の夢


そんな彼女に
ぐいぐい引っ掻き回すノリに引きずられて
知り合った同じバイト先での営業終了後
出発の日付が決まるまでは口外しないと決めていた
世界一周の話をしてしまった

夢への第一歩なのかそれともいつもの流れてみっか精神からか
すぐに興味を持った目をした


それから結局紆余曲折があり
残念ながら共に旅立つ事は無かったが
当の彼女はしっかりと自分の夢をものにしていて

実家のある北海道で教育の場に立ったかと思うと
その次の年に香港支店のつてを発見して
早くも二年目にして
彼女の中でどのくらいの達成度なのかはわからないが
少なくとも夢の一端へ足を掛けたのだった


それは僕がまだ蕾にもならない花も咲かない
むしろやっと新芽が出だしたような小さな状態でありながら
だらしなく方々に
世界一周へ行くんだ!
と話していた時で
僕は随分と敗北感に似たような感じで
その報告を焦りを伴って聞いたものだ


それは嫉妬心に苛まされて居た訳ではなくて
心からの憧れと祝福の気持ちから僕の立場を省みた時に感じた感情だった

もし随分と前の僕だったら
卑しく嫉妬心から対抗心からきた感情に支配されていただろうけれども
その時はきらきらとした焦りだった
むしろ僕の未来はより明るく輝き出したようだった

その光を感じて
きっと世界一周を計画し始めて少しでも自分は変わったんだろうと思い
また安堵の幸せに浸ったりもした







出会った彼女は相も変わらずに彼女のままだった


場所や環境が違えども
彼女の話し方や笑い方
それは確かにこんな感じだった

僕は出会ってから子どもの時の友達に久し振りに出会うように
まさにそのままなのだが
一つ一つの動作
言葉尻や服装に至るまで
無意識に観察していた

変わっていない所に安心しながらも
何か何処かに変化があると確信しているような
それを一生懸命に探している


きっと彼女の中に
それが今どうなっているかは分からないが
少なくとも僕が知っていた当時には彼女の夢であった
その事を手に入れた人がどうなるのか
その只中に居る人はどういう変化を遂げるのか

その点を知りたかったに違いない




さて彼女はどんな日常を送っているのだろうか




彼女は香港に家を持っている
家と勤め先を往復する平日

ただその間にも
久し振りの会話にマレーシアに行った
今度フランスに行く
台湾にも行こうかな
そんな話がぽんぽんと出てくる

勤め先では日本で考えられないような大型休みが
一ヶ月に一度弱も訪れる
そこを利用して精力的に周っているようだ


確かに彼女は社会人として歩んでいたが
その合間にここでは終わらない
先にあるぼやけた方向の定まらない光を見ているような
僕が彼女に出会った学生時代の時の気持ちそのままの心を
まだ何処かに持っているようだった


少なくとも夢に沿うような仕事場
さらに彼女の好奇心を満たしてくれる休暇
彼女にとって申し分無い環境のように見えた







再会の缶ビールを片手に
夜も更けたオレンジ色の間接照明に包まれながら



よし明日の仕事頑張るぞ



と無理に自分を鼓舞するような彼女の言葉

時間が経って食事をしお酒を飲んで語り合って
違いを探す事をすっかり忘れていた僕の心を強く揺さぶってきた


そうあくまで彼女は働いているのだ
夢であったといえども
天職であったとしても
どれもそれらは時間に支配された日常なのだ

夢の中に飛び込んだ時点でそれは夢という性質を脱ぐ

それは何を持って夢というのか
という定義を柔らかく炙り出している



そして夢に対する覚悟とまた次への視点を強要してくる






よし頑張って起きるぞ



そう言い残して彼女は自分の部屋に引きあげる


僕は寝袋に入りながらも心は何処かを彷徨い続け
数時間もぞもぞしてなかなか帰ってこなかった

夢の中へいくのを怖がるかのように



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。