スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもり


香港に来て殆ど外を出歩いていない
行き来するのは地元のスーパーとこの家くらいの距離だ
寄るのもその間にあるセブンか文房具屋

殆ど家の中に居て
たまにブラインドの向こうに見える
ドラえもんに出てくる裏山のような
こんもりとした斜面に根を張る木々を眺める

背景は今日も青ではなく濃い白だ



流石にこんなのでは息が詰まってしまう
快適なのは快適なのだが
このまま沈んでいってしまいそうだ
時間は順調に過ぎていっている

まだ出国の日時が決まっていなければいいが
こういう時だけしっかりと台湾行きのチケットを
ベトナムのホーチミンの時に手に入れている

それに訪問しておきながらずっと家に篭っているのも
何となく家主に対して気が引ける

何しろ男三人が自分のいない部屋を我が物顔で居座り続けているのだから
それは気味が悪いだろう
電気代だってバカにならない

仮に居心地が良くて台湾行きのチケットを破ったとしたって
早く出て行ってしまわなければ
それはそれで友達の精神的負担は増すばかりで
当然選択出来ない訳で


先から家だ家だと書いているが
僕達は居候であってあくまで訪問者であって
訪問者は訪問者らしく
何かしらしなくてはいけないだろう





この場所の立地が悪い訳ではない
というより凄まじく好立地


彼女に言わせてみれば
東京で言う
新宿原宿渋谷代官山から徒歩十分の立地

大型百貨店が建ち並び
すぐ近くに高級ブランド旗艦店が軒を連ね
レストランにバー
日本の居酒屋までがそのエリアにひしめき合っている

目の前にはニューヨークで言う
セントラルパークのような
朝には太極拳が静かに行われ
昼にはコートでバスケやテニスをして汗をかく
そんな地元の人達の憩いの場
ビクトリアパークがあり
そのすぐ隣には大きな図書館まである


アジアで一番大きいと言われる図書館
総工費9億香港ドル
12階建てだが
建物や路面電車にバス
何が何でも細長く上に伸びる香港には珍しい
ずっしりとした箱型の建物



もしかしたら日本語の本もあるかもしれない




香港の街を歩くと
字に触れる事が異様に多い気がする
あの有名な道路にせり出す看板群を思い浮かべれば
何となくイメージは伝わっていただけるだろうか

いや日本でも何処でも
ポップは溢れているのは確かなのだが
それらが迫り主張してくるパワーが強い気がする

それは単純に道の広さに対する大きさなのか
はたまた香港の広告業界の優秀さに拠るものなのかはわからないが
兎に角記憶に残る

その中で印象的だったのが日本語だ
想像以上に日本語が溢れているという事


何度も訪れている台湾
日本の国内でも多くの人が知っている通り台湾における日本観は
最近の特定事例は抜きにして概ね歴史的に友好的だ
それは文化面において特に強い

コンビニでは日本の雑誌が棚に幾つも並べられ
日本語の書かれたお菓子が多くを占める
街角でよく日本語を聞くし
おじいちゃんおばあちゃん世代は戦争の時の教育によって驚くほど上手く喋る
書店には入り口の近くに日本語書籍コーナーがほぼ確実にあるし
テレビで日本のドラマの再放送をやっていたりする


それとは違い
台湾と比較するとどちらかというと英語圏の影響が強く
さらには地理的にも日本と離れている為に
それ程日本の影は見受けられないと勝手に思っていた


それがどうだろうか
街の至る所に日本の影を感じる
それは台湾と同等かそれ以上

東南アジアを抜けてきて出会ったからだろうか
それとも日本が近づいてきて単純に恋しさからなのか
幾分その気は否めないのだが
数としては間違い無く多い


事実家の中でテレビをつける
アニメ専門チャンネル
アニマックスに合わせると
流れてくる映像は見覚えのあるものばかり

間の番組編成の予告であっても
流れてくるのは日本の映像ばかりだ



全く違った地で知った物を目にするのは
決して気分の悪い事ではない

それも中国や香港に入った時に感じた
旅の間の景色の断絶

周りの環境とは違った部屋の中にいるような感覚
言語によってもたらされるその壁が
やはり目に入る日本語によって穴をうがたれているという事か





話を戻せば
そんな香港にある図書館なのだから
日本語の本があるだろうという僕達の予想は
何もただの絵空事ではなくて
むしろ確信に満ちた予想である

しかもアジア一大きいのであれば
これは期待できる



中国を通って香港に入った
僕はまた部屋に篭ったような感覚に陥った

事実部屋に篭りきっている


穴がうがたれたようならば
そうか部屋を出てみようか



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。