スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖簾に腕押し


週末がやってきた
今僕達の親分である香港で仕事をしている友達
聖子にとっては仕事始め後の初週末

言ってみれば新年会の絶好の日
香港の日本人社会にもちゃんとあって



数日前に聖子の携帯に電話が掛かってきた
香港で出来た日本人の友達だった

楽しそうに笑い声を上げながら喋る聖子は
電話を切るなり
週末に友達の家で新年会みたいのがあるからいくでしょ
とは言わなかったが
そのようないつもの素晴らしい加速力のノリで
僕達を巻き込んだ



香港に来て最初
なかなか話し合える友達が出来なかった聖子

仕事場には聖子を含めて三人しかいない
ほぼ建物の中に居る仕事であって
外と繋がりを持つのはとても困難だ

そんな中ネットのコミュニティを通じて
香港在住の日本人と先ず出会う
聖子が言うにはその人が兎に角顔が広くて
もともと人付き合いは羨ましいくらいに達者な聖子は
一気にコミュニティの中を縦横無尽に駆け回ったみたいだ
今では仕事も忙しいながらそちらでも忙しい毎日を送っていると




そんな兎に角顔が広いササキさんは
目にかかるくらいの前髪を下ろし眼鏡を掛けていて
顎のラインには無精髭を残し
初対面の人には少し独特の印象を与える三十代

独特というのは
今まで生きてきた道はあなたとは少し違うんだよと
面と向かった人に対して思わせるような

顔が広いと知ったのは後に聖子に話を聞いて知ったまでで
突然横の椅子に座り声を掛けてきたササキさんの顔を見た時の第一印象は
ネクラとは言わないが周りの陽気な雰囲気とは一線を画しているような感じを受け
そして受け答えてしまった僕は
その別空気に一瞬にして取り込まれてしまったという感じ




ササキさんはメガネのデザイナーだった

あぁなるほど
納得です

なんていう言葉がはっきりと頭の中に表れ口元までysってきたが
陳腐な想像力からきたモノだとすぐに気が付いて何とか喉の奥に押し込む


一度ぐっと言葉を押し込んだ為に口は上手く動かない
そうなると何か口走ってしまわないか警戒しながら喋ってしまうので
出口を無くした頭はぱんぱんになってきて
詰めすぎた洗濯機のように頭全体をばったんばったんやりながら
頭を揺らしてきて焦点が合わない

メガネの話を聞いてみたり
旅の話をしてみたり
香港の話を聞いてみたり

二三回のキャッチボールの後に
手応えが無いとすぐにボールを変えて
投げる方向を変えて落ち着かない




そのまま随分と時間は経っていた気がする
どこからそうなったのかはっきりと思い出せないが
いつの間にか僕は自分の今年のテーマを語っていた

ササキさんに相槌すら挟む余地を与えないような
まくし立てる様に旅の出発から事実を広げ
つたない表現力で思った事を恥ずかしげも無く喋っていた


喋っている僕自身びっくりする事だが
初対面の年上の方に
僕は正直に感情的に生きたいんだ!
なんて熱弁を振っていた


ササキさんはじっと聞いてくれた
少なくとも僕は受け止めてくれたと感じた
そうしたらやっと口のつっかえが取れたような感覚になった


僕が一通り喋り終わると
今度はササキさんが喋ってくれた

これまで歩んできた道に
今辿り着いた場所
僕の話を聞きながら何年も長い先にいるササキさんは
世間的に見れば僕達とは同じような道を歩きながらも
明らかに違う場所に居た



ササキさんは一年サラリーマンをやってその後スーツを脱いだ
友達にハーパンにアロハシャツで仕事してやる
そう宣言して
そして見事に達成したらしい
金髪というおまけまでつけて

仕事に急いでいる時に警官に職質されて
大学生こんな所で何してる
なんて言われた事もあると

新進気鋭の小デザイナー集団とでもいうのか
四五人の仕事仲間と世間をつっついていた感じ
よく仕事終わりの一杯の時に先輩と喧嘩をして
その後悔しいかむしゃむしゃしたか
兎に角仕事で晴らそうとオフィスに向かい
次の日まで延々没頭したという


反抗期を迎えた子供が示された道を嫌がるように
自分の中に設定された生き方に自分を投じて歩んできた



そんな感じ



そんな時間を過ごして今目の前にいるササキさんは
昔話に一呼吸置いて強く繰り返して言った




人間は変わるもんだよ




どうしてもありきたりな事しか言えないけれど
そう前置きをして言った

以前はスーツを着ないで仕事をする
という所に固執していた
その根拠は幼少期にまで遡ったが

大学を出てスーツを実際に脱ぐまでは
本気でそう思っていたし
なかなかこの意識は変わらないだろうと思ったという


自分の心の根幹に関わっていると思った
そう感じられたから実際に行動に出たんだ
逆説的に見れば行動に出たくらい本気の気持ちなんだと

であればこの気持ちは一生変わるものではない
そう感じるのは自然だと思うし
そうであると思う



ただこの話が心をドキドキさせたのは
話がそのまま僕を鼓舞して煽って終わるような事ではなくて
続きがあった


ササキさんの社会を眺める偏見は今不思議なくらい無くなっているという
そこの所まで告白は続いた


偏見という言葉を用いたのは
スーツという媒体を通して見ていた社会
それがすべてであり自分であり
ただその媒体を端から眺めてしまった以上
それは自分にとって必要不可欠なものではなくなったという


理由は今周りにいる人間だったり環境だったり
それは様々あるが

どれだけ確固たる意志で凝り固めようとも
どうやら何処かにいつの間にか出来た
それとももともとあった小さな隙間から
するりと中身が抜け出していってしまう事があるらしい

ササキさんは自分でも今まさに
その信じられないといったような景色を見た直後の顔をして
僕に言った



それは間違い無く
何かを掴む為に世界へと飛び込んで
何とか必死に自分を鼓舞して泳いでいる
僕へ向けての
最高のアドバイスと見えた

と思う



ササキさんはその後
すっかり酔っ払ったのか
この話を深くしてもしょうがない
肩の力を抜いていかなきゃ

というように
愛二に突然

君、バンドだったら絶対にベースだよね

そうやって大声で笑いながら絡み出した



その後いつも飲み会は12時で帰るササキさんは
1時まで居てくれて
僕達を散々笑わせてから帰っていった




コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。