スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷

故郷を象徴するモノは何ですか
故郷にいる人は誰ですか



僕の故郷はおばあちゃん以外には考えられない



台北にあるおばあちゃんの家
ここにすべてが詰まっている

だって北京語台湾語はろくすっぽ喋れない
友達はすべて日本に居る
だから外に出て遊ぶ訳でもなく殆ど家に居て
外に出る時は殆どおばあちゃん達と親戚の家に赴く時だけ
その時の心境はもう完全にアウェーだ

そりゃあ家にすべてが詰まってしまってもしょうがない



そんな家は子供の時から変わらない場所にある

家の一階部分がカフェになったり
家具が移動して座りなれたソファが無くなったり
ビルの入り口にエレベーターがついたり

でもいつも扉を開けば
そこに漂っている空気は一緒だ


家の周りの風景も徐々に変わっていっている

周辺の住宅街は開発され今では綺麗に整えられた
小さなカフェが点々とするちょっと洒落た地域に変わり
目の前のビルは大工事の末
大きな教会になった

そんな少し騒がしくなった道を歩いてきても
家の中の空気は変わらない



いつも家に入るとすぐに書斎の扉が開いておばあちゃんが出てくる
しっかりと自分の足で立ち
電話が引っ切りなしになって仕事に追われている姿が力強く
過去からずっと強い意志を持って生き続けてきた事を
周りに示しているかのようだ


昔から仕事一筋
今の日本ではあまり珍しくなくなったかもしれない
彼女は一人仕事に打ち込み
そして自分の家族を守ってきた

プライドが強くなかなか引かない
家族を心から愛しそして大事に
周りに対しては常に厳しく

プライドと好みによって
行動がはっきりしている
まさに生き様がキャリアウーマンそのものといった人






そんな強い人が
今回は書斎から出て来なかった

おばあちゃんが守ってきたこの家
まだ確かに残り香のような空気は残っているけれども
それでも独特の問答無用の強さが見当たらない

まだまだ僕は子供で
この家に入ったら何もかもが包み込まれて
角が抜かれてしまうような
そんな金縛りのようなモノが見当たらない



いつもいつも気を張って
プライドに突き動かされていた僕のおばあちゃんは
内蔵を患い
大晦日というみなが外へ出て
一年を振り返り一年を待ち望むその時に
病院へ担ぎ込まれ一年という長さよりも
もっともっと長い時の流れの中にいた


何も口にしていない
大晦日から食事を一度も採っていない
今僕の目の前に広がる世界とは違った世界で戦っているような
この世界の物は身体が受け付けないと言っているかのような





久し振りの再会は病室になった


まさかこの旅で病室の風景が加わるとは想像もしていなかった


病院の壁の白さが嫌に際立ち
旅に流れていた景色との違いを克明に示しているかのようだ

今病室にはアメリカに住んでいるおばさんが
そして旅から帰るまでは会わないだろうと
心に決めていた筈の両親もいる
親戚一同が会す


いつもならと考えてしまう


そこでの振る舞いは
何となくいつもと違う



旅を通ってきたから?
まだ旅の途中だから?
強かったおばあちゃんの疲れた身体をみたから?



いつもはどうだったか思い出せない
このように振る舞ってなかったかもしれない

少なくともこうやって記録に残している事は無かった



弱々しい姿を見ても涙は出て来ない
悲しい感情はなかなか出て来ない

逆に何だか強く何かに抗っていかなくてはいけないような気がしてくる
ベットに横たわるおばあちゃんの姿を見て
心が静かに燃えてきているのを感じる

陸上のランナーがスターターに足をかけて
ピストルの音を待つ時のような

おばあちゃんの強い心が
上手く動かない自分の身体を離れて
僕の心を直接掴み上げたのかもしれないし
僕が初めて金縛りから解き放たれて
正面に向き合えたからかもしれない



そういえば台湾に来る時からの印象からして違う


台湾に来る時は
殆ど親の里帰りと同じタイミング

あまり一人で帰らなかったから
どうしても整えられた道を通っていた
あんまり意識しなかった

気が付いたら飛行機に乗って台北にいる
家に着いたって先にも書いたように
自分だけでは殆ど外を出歩かない

だから
地図帳に載っているニュースに出てくる台湾と
僕の頭の中の台湾はあまり結びつかない
他の世界と僕の中の台湾はなかなか結びつかない



頭の中にある記憶や知識は
編み目のように一つで独立していないで
他の色々な言葉や匂いや映像などに繋がっている筈なんだが



僕の台湾はおばあちゃんの家にしかリンクしない



そんな時
世界を旅する中で台湾を訪れた

そして
おばあちゃんは家にいなかった

僕は
おばあちゃんと向き合おうとしている



いやそれだけではなくて
初めて台湾と向き合おうとしているのかもしれない

自分自身と強く結びつきのある筈の台湾と





20100115.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。