スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の神様



流石にお寺の中には屋台は無いので
安心して入る


そこには沢山の人が本を片手に
お経のようなものを読み上げている
あちこちで蝋燭の炎が揺らめいている
線香の煙が立ち昇る


20100122-1.jpg


僕達はルル達に渡され線香を持ち
お寺の空気の中に入り込む


七本の線香


これを手にお寺の中にいる神様を
順々に回ってお参りして行く

この線香が無いと何処かに連れて行かれるような
それともこの世界から強制的に摘み出されるような
何だか少し強迫的な空気が漂っている

雨の少しちらつく薄暗いお寺の中で
炎の赤がこのお寺の中に強い意志が存在して
何処からか見られているような感覚にさせてくる

みなが読み上げる微妙にずれて
エコーがかかったようなお経が頭の中に響いてきて
緊張感を助長して心拍数を上げる



像の前で三礼そして願い事を
それから灰の溜まった壺の中に線香を一つ放り込む

何人も奉られている神様にはそれぞれの意味がある
お寺を一周する間にすべての神様に出会って
線香をそこで奉するのだ



20100122-4.jpg



それぞれの像の前には沢山の人が
しとしと降る雨も気にせずにじっと目を瞑り
自分の周りに想いを馳せている
自分という人間を伝える為に

みんな勿論真剣だ
綺麗に糊付けされたスーツの人もおじさんもいるし
独りで歩くのがやっとのおばあちゃんもいるし
カメラをぶら下げた十代のグループもいる




僕は訳もわからないながら流れにのって
少しでもはみ出さないように
はみ出せばすべてが無に帰してしまうような
そんな緊張感にちらちら犯されながら
やさしい顔つきの髭を生やした像の前で健康安全を祈願し
何故か痩せた何本もの手を持った像の前で勉学成就を祈願し
赤い顔をしたいかにも強そうな像の前で争事勝利を祈願し
幸運安産旅行もろもろを祈願し
そして最後の場所にやってきた

背の小さな地面にまで真っ白な髭を伸ばした
仙人のような見た目は随分と可愛らしい像があった

他の場所と違って目立って沢山の若い世代の女の子が多い
そしてかちゃんかちゃんと何かを地面に落とす音が周りに響く


恋の神様


見れば三人の顔つきは今までと違っている
それまではしっかりと三礼をしながらも
そそくさと次へ向かっていたのだが
ここではその気配は無い
むしろお寺の関係者に何か真剣に話し掛けている

どうやら周りから聞こえてくる音に関係があるらしい

その物は三日月形をした赤い二つの積み木のようなもの
小さなバナナを思い浮かべてもらうと分かりやすい
真っ赤なバナナの形をした積み木を縦に二つに割ったような物を
手に挟んで目を瞑り
暫くすると目を開いて
エイやっと地面に放り投げている


お寺の人との話が終わって戻ってきたルルは
嬉々としている


このバナナはどうやら占いみたいな物らしい

バナナを手に挟んでいる時に
自分の名前と住所
そして想っている人の出来うる限りの情報を仙人様に伝える
それからバナナを放り投げる

重要なのはこの二つのバナナの欠片が
どの面を向いて止まるか

バナナを半分にして割ったような形をしているので
欠片は二つの可能性を持って地面に落ちて行く
一つは平たい面を下にして
一つは局面を下にして

もし別々の面が出てきたら良し
これが三回連続出れば
それは今のまま行きなさいのゴーサイン

ただそんなに上手くもいかない

両方が平たい面を下に向ければ
今まで二回連続で良いが出てきていても
すべてがリセットされる
それは止めておきなさいという事だ
今は時期じゃないという事か
その人では無いという事か
情報が足りないという事か

両方が局面を下に向ければ
それは仙人様が冗談を仰っているらしい
笑ってらっしゃる
良いも悪いも無い
占いはコンティニュー
ただその前に仙人様に対してもう一度
より詳しく想いを伝える作業をしなくてはならない



ルルは楽しそうに僕達に説明してくれる
ルルの妹やシェアメイトの小可愛に
しきりにやる事を進めている

のだが肝心の自分はやらない
どうやら答えを知りたくないらしい

逆に国家試験を来月に控えている小可愛が
はまってしまったのか
それとも元々想う人があって確かめたかったのか
何度も何度も本当に繰り返しやり続けている

やり続けている
という事は途中に何度も

「今は止めておきなさい」

と仙人様が仰っているという事なのだが
それでも小可愛は諦めない
その諦めの悪さを勉学に向けるべき時期だと思うのだが
彼女の勉学の神様の前で祈った時間は
そこまでの他の神様と余り変わらないように見えた

こうなると女の子は友達の言葉どころか
仙人様の言葉も届かないものなのか


20100122-2.jpg





最終的に小可愛は
三回連続で出した人が貰える赤い紐を手に入れて
満足そうにその仙人様の前を後にする




その頃には長々続いていた
本堂に向かって唱えていたお経も終わっていた


分厚い本に詰まった
有り難い数々の教訓に伝説も
彼女の想いの前には太刀打ち出来なかったみたいだ




恋にかける小可愛
勉学は大丈夫なのか?
と心配になってしまうが
でもここ数日の何事にも一生懸命な姿が思い起こされる

きっと勉学もやる時には一生懸命やっているのだろう
これほどの強い想いがあれば
何事にも直球で挑んで行くに違いない
だからここ龍山寺での振舞いは
ついつい笑ってしまいそうになるが
何だか勉学についても心配無いような気がしてくる

そんな真剣さを恋やら勉学やらという事ではなく
心の奥底に持っていて周りに示してくる





結局人一人の想い入れは
周囲にぐるぐる回る沢山の種類の考えに直接触れないだけに





何にも増して強く深いのだ





20100122-3.jpg







一応フォローをすれば
帰りがけに彼女は勉学成就のお守りを買っていった






コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。