スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国叔母


台湾滞在も長くなってきた
その事を象徴するようにいつも僕よりも必ず長く滞在する
祖母の体調を見舞いにやってきていた叔母さんが
アメリカに帰る日がやってきた


叔母さんはなかなか尊敬できる人である

自分の中に信念を持って
心の中に囲いを作る前に
色んな事にぶつかって行く姿が
子供の頃から頼もしく見えていた

女性に頼もしいと言うのは果たして良いものか
そういう事に疎い僕には判断しかねるのだが
そう思うのだからしょうがない

僕の祖母とつまりは叔母の母と言い合いになって
子供の僕達の前で顔を赤らめて
そしてついには涙まで流して
それでも自分の主張を言い続けるのだから
子供の記憶の中には衝撃を持って深く刻まれてしまう



そんな叔母さんは若い時分に台湾を飛び出し
日本の大阪に何年か滞在した後渡米
そこで居を構える
だから北京語に台湾語に日本語に英語が出来る
それだけで充分尊敬に値する

言語の取得も先ずは飛び込んで遣り出したみたいだから
何の嫌悪感も圧迫感も無く
常に前に向かって針の如く進み続けて
自然と手に入れてきたのだろう

何かに対して身構えるという事が余り無い
というか見た事が無い

兎に角いつも動き回っていて
すべてに一生懸命な



一生懸命なんてあやふやな言葉だな
叔母の一生懸命さは行動の素直さに現れている気がする

どんな緊張の場面でも些細な場面でも
上司の赤い顔の前でも顔を背けなかったり
食卓でお皿に伸ばす箸を譲ったり

それは家の中でも家の外でも
きっと食堂なんかで並ぶのも
きちんと並ぶ事が善なのだからはみ出さずにするのが当たり前
前の人について半歩進めば半歩進み
二歩進めば二歩進むみたいな


随分と待たされたのを全く気にせずに
食堂のトレイを持って席に向かう
椅子を引く為に両手で持っていたトレイの重心を左手に移し
健康に言いと聞いて器ぎりぎりまで入れてしまった味噌汁が
こぼれない様にトレイに集中しながら右手を椅子に伸ばす
何度か試みるけれども何故か伸ばした手が椅子に触らない
しょうがなく椅子に目線を向けて引こうとする
椅子に触らずに空を切った自分の右手の映像が頭に現れ
恥ずかしさを紛らわそうと手に力が入りすぎて
別の椅子に大きな音を立てて当たる
当てられた椅子に座っていた人が
大きな怒りを持って振り向くような気がした
そこに座っていたのが随分と綺麗な紺色の
皺一つ無いぴったりとした清潔感のあるスーツを着ていたからだ
彼女はきっとこの人は何事にも細かく
机にきちんと直角に座っている椅子を少しでも動かしたら
規則正しい神聖なこの昼食の場を壊してしまうと思った
すぐさますいませんと大声で言ってお辞儀までする
そうするとうっかり開いていた右肩に掛けていた鞄から
本が落ちてきて背筋を伸ばし両足を揃えているその右足に当たる
こっちを向いた紺色の人は
スーツに付く筈の皺がすべて顔に寄ってしまった様な
悩みをすべて顔に書きとめたような気難しい顔
どきっとした彼女はまたすいませんと言いながら
ついさっき読みたくも無いのに友達に勧められて
渋々借りた本をこのオジサンに見られて
自分を目踏みして欲しくないと咄嗟に思って
落ちた本をすぐさま拾おうとする
傾いた身体がトレイを傾けて
器に一杯の熱い味噌汁が彼女の素直な筈の行動によって
どんどんとこんがらがっていく関係性を
リセットする為に飛び込んでいく



素直で一生懸命だけど
いつも何事かそわそわしていて
何故か周りを複雑にしかねない危険性をはらんでいるような

そんな人周りにはいないだろうか

きっと僕の叔母は周りから見れば
こういう人のような気がする


それでも僕は尊敬する


きっと素直な行動が僕には乏しいからかもしれない
まだまだ幼い僕の捻くれた色んな考え方も
叔母は受け止めてくれる

たとえ僕が食堂に並ぶ時に
前の人が何歩進もうが構わず
一気に前に進む快感を味わう為に
気が付かない振りをするような人間だとしても



そんな叔母はまだ台湾に居たいのだけれども
仕事でアメリカに戻るのだそうだ
もともと仕事をしていたのだが
これからまた新しいビジネスに手を出すという



この年になっても
女性であっても
何事にも負けない

それを全身のオーラから発散している



髪の毛も服も
ショッピングもいつも時間を掛けている

忙しい時間の合間を縫って精力的に出掛ける
それは彼女のオーラを現実の物として発散する為か

仕事に忙しいといえどもこれだけは外せない
仕事の鬱憤を晴らしている訳でも
女を捨てない為にでも
そうではなくて生き方として彼女に必要な事なんだろう



そんな人を語る程僕は当然人間が出来ている訳でもないし
しかも身内の叔母をブログでしっちゃかめっちゃかにするなんて
何ともおこがましいのだが

僕の話を受け止めてくれて
そして一生懸命考えてくれる
世間的に言えば理解のあるアメリカに住んでいる叔母なら



きっとこれが僕にとって今必要な事だと分かってくれるに違いない

そして僕はそんな叔母を見習っていかなくてはいけない





20100123.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。