スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい思い付き

どうやら僕は大きな勘違いをしていたのかな



この社会に対して
沢山の人がいるこの世界に対して



20100221-3.jpg









世の中の人が活動をしているこの社会は
無機質に例えられたりもするけれども
人がちゃんと参加していて
もまれながらもたまに人間らしい感情的な反応があるものだと




日本に限らず自分の周りだけに限らず
世界中で同時に何かが行われている
同じ地球上の同じ瞬間に息をしている

確かに今まで通ってきた場所には活動している人達がいた
そして勿論僕もその場所で時間を共有していた



僕はこのブログを通して
日本語で書いているのだから
日本に居る人達にここの場所の状況を伝えている
日本やまた別の国で生活している人達に伝えようと思っている

それはこの世の中の
様々な場所で繰り広げられている生活を
本来ならば同時に見る事が出来ないこの景色を感じ取って貰えればと思うから

同時に僕も日本の元々居た場所と繋がる事によって
地球上で同時進行している沢山の活動を感じたかった





もし僕がこの旅に出ていなかったら
そんな事を想像する

何処かの会社に就職しただろうか
そしたら通勤ラッシュの電車に揺られて
何か本を読んでいるだろうか
眠気を起こす為にいつも聞く
bonobos の 「thank you for the music」を
爆音でイヤホンから聞いているのだろうか


そんな日常を送っていたら
世界で同時に起きている日常を思う事も無かっただろう
想像は絶対に自分の生活から逸脱できない
妄想してみてもきっと的を射ない

そんな自分の周りの外側の日常を知らずに過ごしていたら
きっと僕は僕の日常に癒着してしまって
なかなかそこから考えを巡らせる事が難しかったような気がする


僕はここに居ても朝起きたら
「thank you for the music」を聞く
でも景色は違う

例え今のように長く台湾に滞在していたとしても
それは日本での生活とは違った景色

パラレルワールドの僕を想像すると
今のこの景色がすごく新鮮に思えてくる
同時にパラレルワールドの世界も新鮮に思えてきたり
どちらの僕も息をしていて食事をしている


この微妙な違いを何とか伝えたかった
ここにある世界遺産だけではなく
ここにある街だけではなく
ここにある食べ物だけではなく

僕がここに居て行われる日常

日本に発信するという時点で
いつも日本にいる沢山の仲間と思っている人達
そしてここの仮想世界で出会う人達に加えて
常にパラレルワールドの日本にいる自分を意識して書いている


きっとみんなはこの思いを汲み取ってくれるかもれない
何故なら僕はきっとみんなも自分の周りの生活から飛び越える事が出来ないから

僕が発信した僕の枠の中から見た日常のふとした思いが
もしかしたら日本でのみんなの日常の中の
ふとした時に現れてくるかもしれない

そんな時に本来地球を覆っている筈の人間社会に
網目のようになって繋がっているパイプの一端が見えてくる

そのパイプは僕の場所にも繋がっている訳で

結局僕だって身体がこっちに来てしまっている以上
日本の今の生活を知る事は出来ない
だからこのパイプを使って僕も同時に沢山の生活を知りたかった

僕がここにいるだけではなかなか感じられない
僕も自分の周りの生活しか感じられないから
旅に慣れてしまうのは多分そういう事

このブログを通して
日本にいる僕の仲間とのパイプを保って
その想いを実現しようと思った



だから僕は自分の日本語のつたなさに加えてだらしの無い生活リズムでも
恥ずかしげも無くここに書いてきた

オーストラリアで大地に沈む夕日を見た事
ラオスの麻薬運搬バスらしきものに乗った事
ベトナムコーヒーを飲みながら昔将校だったおじさんの話を聞いた事

それだけじゃなくて
僕達が話し合った事やふざけた事
喧嘩した事や飲みつぶれた事

ほんの小さな出来事でも
大した事ないモノでも

ちょっとした所で
僕の気が付かない所で
何か生活の差異があるかもしれないから

日本でも同じようにやっていそうな事こそ
一番違いが現れてくるかもしれない


確かに世界一周といって
世界遺産やとんでもない景色を求めて見てきて頂いている人には
まだまだ物足りないかもしれないけれども

でもここでのすべて
つまり日常を伝える事に
根本的に意味があるような気がして

きっととんでもない景色が無い日においても
日常を伝える事が
次に訪れる景色のより正確に伝えられるとも思った


そんな一連がきっとみんなの興味を満足いかないにしても
一日の中のちょっとした時間にでも繋がればと思っていた









そう思っていた








でもそうじゃないのかもしれない
人は根本的に他の生活に興味が無いのかもしれない

いや自分から離れた場所に対しては
どうしても刺激的な映像だけを受け付けて
そこで繰り広げられている生活には
根本的に興味が無いのかもしれない

何故ならそれらが直接的に
すぐに自分に影響するとはなかなか思えないから


社会は人間が自ら造り上げたモノなのだから
この地球上すべてを覆っていてすべてを繋いで自由に行き来出来ると思っていた

人間の根本的な興味
知的探究心がどんどんと他の世界を覗いてみたくて
そうやって社会が膨れ上がって
試行錯誤を繰り返して地球上を覆ったと思っていた

このインターネットだってそう
mixi だって facebook だって twitter だって
どんどん社会に参加する人との距離は縮まっていって
それは人間の世界に対する興味から開発されてきたものだと思っていた





でも違うのかもしれない





社会は一つではなくて
それぞれが辛うじて繋がっているだけかもしれない

日本から離れれば離れるほど
その繋がりは断絶していき
興味の対象として存在しなくなるような

近くの生活は魅力的ではなくて
遠くの生活は想像すら出来ず
近くの映像は退屈で
遠くの映像は刺激的な鑑賞物として




書き続けている僕の思いは
僕の目のレンズの特徴であって

出来上がった写真は僕の目を通したもの


20100221-1.jpg






でもやっぱり写真に撮られたもの自体が刺激的じゃないと
人は覗かないのかもしれない

いやそれは確かにこのブログの書き方にもよるのだが
それは謙虚に受け止めて
何とか書いていたのだが

何だかそこではなくて
もっと大きな所でプツンと諦めにもにたような
脱力感が襲ってきた




こんな事を考えていると
今このキーボードをタイプする指もすぐにでも止まってしまいそうだ
この伝える事の意味が一瞬で霧消してしまったかのような




これからどうしようか




明日からただ事実を書き連ねるか
いやそれとも刺激的な毎日を求めてすぐにでも台湾を経つべきか
それとも悪足掻きに明日から考えてきた写真と詩を載せていこうか







僕はこの世の中にいる人に対して随分と勘違いをしてきたのかもしれない
いやこれが社会というものなのか


ずっとそんな事はないと思っていたけれども
いやもしかしたら裏側にやっぱり隠れているかもしれない
わからない


社会に人が参加していると思っていた
そして社会は人が造ったのだから無下に出来ない人間らしさがあると思っていた


でも社会はすごく非人間的で
社会に造られた道の上で出会う人にそこで遣り取りされる事は
すごく非人間的な人ですごく非人間的な遣り取りの繰り返しなのかもしれない


生活はそこに埋もれていて
離れた人の生活同士は結びつく事は無いのかもしれない

社会は人の結びつきじゃなかったのかも
社会は人の生活を保証するものじゃなかったのかも
社会で出会う人はだから非人間的な仮面を無意識に被っている

近くで直に会わない限り

いやもしかしたらそれが人なんだったのかな



そう思わないといけないのか






そうはいっても結局勇気が無い僕は
少しの間だらだらと同じような事を書いていくのだろうけれども



僕だって人間
生活をしている人間


眼鏡を掛けた人間




20100221-2.jpg












コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。