スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう何処までもイッちゃおう



今日は久し振りに春の陽気だ
今月は夏になったり冬になったり忙しかった台湾が
疲れたのか本来の春の陽気を取り戻している

久し振りにカフェに出向いて空を見上げる
綺麗な青い空がある




台湾に滞在してもうすぐ三ヶ月が経とうとしている

随分居たな
旅なんて言っておきながら
色んな所を訪れると言っておきながら
すごくのんびりした時間を過ごしている

日常が淡々と過ぎていく


台湾という場所に長く居て沢山の事を見た

毎日精力的に色んな所に出向いた訳ではない
確かに三ヶ月も居たのだからそれなりに渡り歩いたけれども
それでもただじっとしている時間も長い

これは日本を出る前に豪語していた世界一周とは違った時間の流れ方



今一度旅を振り返る
特に東南アジアを振り返るとすごく急ぎ足だった

尚吾と愛二が台湾を経ってからもうすぐ一ヶ月が経とうとしている
思えばこの一ヶ月なんてあっという間
だけど少し前に戻って考えれば
一ヶ月は僕がベトナムを一番南から一番北へまで駆け抜けた時間と同じで


まだ始まったばかりだけれども色んな場所に国を訪れ
そこには沢山の景色があって期待通りの所も期待外れの所もあった
何よりもそこには確かに違ったルールを持った国々があった
景色はめまぐるしく変わり
違いが当たり前の時間を進んで行く

そこで感じるモノ
それが一番大事で一番求めていた事

でも気が付くとよく見えてくるのはいつも変わらないモノ
速く速く回っていく景色の中にいると
どうしても浮かび上がってくるのはいつも変わらないモノ


「出会いって何て素晴らしいのだろう」
「人はやっぱり人といないと何も出来ないよね」
「国境なんて何処にある」
「愛は世界共通だ」
「僕がここにいれる事がすごく幸せな事だ」


国籍、宗教、言葉、仕事
そんなのが霞んできてどんな人にも存在している愛情や友情が浮かび上がってくる
違った所ではお金の必要性だって身に染みてきたりする

そんな中でも特に自分の近くにあるいつも変わらないモノ「自分」
そんな自分が炙り出されてきて
色んな国を回って沢山の景色を見ていながら
考えが及ぶのはどうしても「自分」だ
そして存在している幸せ



じゃあ訪れた場所だから得るモノって何?



今思えば今までの場所はただ自分回帰の為の触媒に過ぎない
そうであっても良いとは思うけれども
ならばその場所である事は殆ど関係無い
この目まぐるしく過ぎていく景色の中身に意味が無くなってしまう

僕の最近のブログを読み返してみれば自分でもわかる
場所の重要性が僕の中でどんどんと欠落していっている





じゃあ何で僕はここにいる?
どうしてここを歩いている?





今回の長い台湾での滞在

台湾という場所について
世界の中での立ち位置というのが今回来る前よりもよく見えている気がする
これは本来僕が日本を出る前に求めていた視点じゃないだろうか

台湾の中にある文化に思想
それが根ざすいくつもの対立に歴史

これは僕の生い立ちが少なからず影響しているのかもしれないけれども
それでも今回の台湾滞在で得た沢山の出来事に話は
今では頭の中に確かに整理されて経験としてある

長い滞在が「自分」やら「愛」やら
そんな言葉からは離れてじっくりとこの場所を見れた気がする

実際この間ネットサーフィンをしていてたまたま覗いた台湾に関する記事
前回僕が書いたブログの内容とあまりブレが無い


きっと僕が感じられる限界のスピードがあって
今までは僕には少し早過ぎたのかもしれない
そんな甘い事は言ってられないのかもしれないが





場所にいる時間の長さが大事なのだろうか
ただ僕の見ている視点がぶれているだけじゃないだろか
それもあるかもしれない
でもそこには前に書いた「真理」と「日常」の違いがあるような気がする


場所が人間にとって意味を持つ理由
それは場所に内包された歴史
歴史が真理の保証をしてくれるという事

僕はどうあるべきか
どうこれから生きていくべきか
どう選択して歩いていくべきか
どの場所へ行くべきか

選択の判断理由を与えてくれる


沢山の場所を歩んで行く事は色んな景色を見せてくれる
沢山の経験を僕に与えてくれる
経験の積み重ねが人生になる
場所に照らし合わせてみれば人生は歴史

歴史を内包した場所を渡り歩く事は経験を得ていく事で
という事はそれぞれの場所を訪れる事はそれぞれに独特の意味がある筈なんだけれども
何でそれを感じる事に今自信を持って答えられないのだろうか
場所に重要性を見出せないのか

それは「真理」と「日常」を混同しているから






この旅に来て色んな出会いをしたし沢山の幸せを感じた

という事はこの旅は意味はあったのだろうか
いやそれは意味じゃない
それは前にも書いたけれどもただの旅の中にある
旅とは別の「日常」の話なのだ


仕事をしてお金を得る

仕事の遣り甲斐
すべてを遣り切って達成感を得る
お金を得て好きな人と何処かに出かける
その時に感じる幸せ

それはどの仕事をするかは直接的には関係無い
どの仕事を選択するかは関係無い
どれを選択したってその後どう感じるかに懸かっている


幸せは選択には存在しない
過去の歴史にだって存在しない
今この瞬間にしか存在し得ない
将来を左右する選択には経験や歴史が関係してくる
それは真理だ
それは生き方だ


幸せはつまり日常だ
だから混同する
真理にはやはり幸せは内包されない

歴史を踏まえて宗教を乗り越えてみんなの幸せを叫ぶのはおかしい
それは別の話だ
平和はシステムであって幸せではない

「日常のふとした一瞬幸せを感じるよね」って至極当然
社会の仕組みの中にいれば選択が存在して幸せじゃない

日常と幸せは殆ど同意義


「幸せ」って言葉なんて一体誰が作ったんだ!


だから日常の意義が薄れる
だから混同する

「幸せ」はすごく便利な言葉になってしまっている







今僕がこの世界を歩いているのは真理の為だ
より深い僕なりの真理を作り出す為だ
より違った場所に身を投じてそこから経験を得る事だ

だからその場所にある歴史を見る必要がある
そこにある生活を感じる必要がある

日常の生活を感じる事は幸せを感じる為じゃない
その場所にその日常がある理由、歴史を汲み取る必要がある








幸せ何ているものか




「世界一周しながら何でそんなに同じ場所に滞在なんてしてるんだ」
「ゆっくりとしてそんなの色んなモノを見ている事になるのか」
「色んな所に顔を出して人と会って最高だねなんて言って意味あるのか」


そう、その通り
僕にはもう何もいらない
真理の探究に日常は媒介であって最小限でいい

僕の内面はその為に犠牲になるべきだ
場所に無防備の自分を晒して幸せの日常に逃げ込まないで
それぞれの場所にある歴史に身を壊されるべきだ
その為に旅行ではなくて旅に出た


粉々に自分を壊していくべきだ
散らかる今までの僕の経験
そして新しいそこでの経験

人間はそんなに簡単に変わらない
でもこの全世界の大きさはそんなに甘いもんじゃない
無限に景色が存在する
大きな闇が広がる
完全な真理に至るまでの長い道に広がる闇

暗い闇を感じる
世界に広がる底なし沼の無限さを感じる
無防備になって感じるとてつもない恐ろしいくらいの広さ




最近久し振りにcoccoを聴いた
『強く儚い者たち』はやっぱりいい


『人は弱いものよ、とても弱いものよ』
そうだ僕の頭の中は簡単に壊れていく
簡単に逃げ込んで簡単に見失う

『人は強いものよ、とても強いものよ』
そう頭が壊れたって人間は死んだりしない
身体はそれでも動いている
頭はそれでも回っている




世界を回っていく途中にお金が無くなってくるかもしれない
そうしたら日本に帰るか?
帰る事を考えてルートを決めるか?

いや今はそんな事しなくていい
何処かでまたお金を作るか

でも何だか今は世界の何処かで野垂れ死んでもいい
行った先で足りなくなればそこでどうにかしよう
ダメならそこまでだ

「幸せ」を意識するな
幸せは常にそこにある
場所を見つめろ
歴史を汲み取れ
経験を積め

その場その場で最大限に砕けろ






何処かで見たセリフを思い出す

「『目的の為に手段を選ばない』なんてのがあるけれども
世の中には『手段の為に目的を選ばない』人間だっている」


僕のこの世界一周は沢山の景色を見る為のもの
経験を得る為
僕なりの真理を作る為
これからの人生の選択する力を付ける為

いやそんなのどうだっていいのかもしれない

人間の好奇心
日常という幸せというのがありながら
人が社会を作り出して知恵を手に入れて
様々な活動を生み出してきたその理由

日常とは別に「何か」を求める
知恵か知識か経験か真理か
そんなんじゃなくてただそうやって知らないモノを手に入れる行動そのものが
人間たらしめているのかもしれない





何だか今すごくネガティブだ
暗く自分が沈んでいく

あぁすごく気持ちが良い


これでこそ俯瞰して見る事が出来る
これでこそ全体を知る事が出来る

感情の起伏があってこそ人間的で
矛盾が経験に色を付けてくれる





ただ兎に角過ごしたこの台湾の生活
三ヶ月のビザの期間がもうあと少し
飛行機でここを経つ日まであと一週間


残りのここでの生活
もうどうにでもなれ
もうどうにでもなる


人間50年、あと30年
人間80年、あと50年
もうどうにでもなれ
もうどうにでもなる


残りの長い人生
残り一日の人生



どっちでもいい
どっちかしかない



あと一週間でやっと再開する旅
今も旅の最中
ずっと前から旅の途中



ずっと前からあったこの景色
ずっと前から回っている世界

一つの世界
沢山の世界

広い世界
細い世界


粉々の自分
もっと粉々になる自分






一心不乱に食い散らかしてやる、この世界






コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。