スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で始めてのタイ語

アユタヤ一、いやタイ一のマスターとの再会の日




台湾に居る時に愛二とタイをどう廻るかを殆ど打ち合わせしていなかったが
間違い無く一度はアユタヤに行くだろうと確信していた僕は
台湾からお土産をマスターに持って来ていた

お酒をいつも飲んでいる姿を見ているし
カフェバー経営者という事でもあるので台湾のショットグラスを買った

きっとこれから将来も会いに行く事があるだろうし
その度に世界中のショットグラスをあげていったら
それはそれは喜ぶに違いない

慌しく空港の免税店で購入したにもかかわらず
意外にいい買い物だったかもしれないと
飛行機の中、独りでニヤニヤしていた





ベットの上にショットグラスの入った箱を置く

さてどう渡したものか
と考えながらポツンと置かれた箱が何とも寂しく感じられてくる

このまま渡しては随分と味気無い気がしてくる
折角なのでメッセージを添える事にした






メッセージなんて
と思うかもしれないがこれがマスター相手となると至極大変なのだ


実はマスターは観光客相手の商売をしているにもかかわらず
ほとーーーーーんど
全くと言っていいほど



英語が喋れない



だから僕達の会話はまさに身振り手振りに
数個の英単語とやけくそのタイ語と日本語を織り交ぜて行われているのだ

日本語で書いたって
マスターの周りに日本語を解する人はいないだろうし
英語で書いたって
結局マスターに対する心的ストレスになるだけだ、きっと

それでも何でメッセージを書こうと思ったか

それは新しく僕達の頼みを聞いてくれる
心優しいタイ語を解するそして英語の出来るアユタヤの人に出会ったからだ




早速ゲストハウスのオーナーの元へ

まだ入り口に辿り着く前に
オーナーが気が付いて外に笑顔で出てくる

そしてすぐに家にどうぞって上げてくれた


メッセージを英語で書き
これをタイ語に訳して書いて欲しいとお願いすると
いつもの笑顔で了承してくれた


紙にさらさらとタイ語が
多分タイ語らしきものが書かれていく

当然なんと書いてあるのかわからないし
これを正確に写し取る事が果たして可能なのか

全く自信が無い







文字と言うのは想いを伝える為の記号だ

ただ言語文字は多くの人に毎日毎日使用されているので個体差が激しい
記号としては随分と流動的で特殊なモノだと思う
ここまで許容範囲の広い記号も珍しいような気がする


細長い尖った文字を書く人もいれば
妙に曲線を強調する丸字を書く人もいて
どうやったらそんなに小さく書けるのか不思議になるような文字を書く人もいたりする

書く文字によって性格判断する占いもあったりするくらい
文字は人によって癖があって千差万別だ

中には確かに読めない文字も存在するが、、
まあ大体は書いた本人以外でも読めたりする
むしろそれが考えを記録し伝達するという文字の本来の機能である


これほどまでにバラバラの文字であっても
全く育った環境やら性格とかに左右されずに読めてしまうのは
気が付いていないまでも
文字のどこかの部分にポイントがある筈である


ひらがなだったら例えば「あ」や「ぬ」や「の」
線がクロスして空洞を作らなくてはいけない
それが一つか二つか
ただそれだけでもいけない
潰れていても把握出来たりする時もある

線の入り方だったり
なんやかんや色んなルールがあるけれども
でもどれが一番重要で
どれは実は必要なくて
でも一番重要な曲線が無くても
他のいくつかのルールでフォロー出来たりする

統計を取って詳しくやらなくては確かな事は判らないし
これはこれで随分と面白い話にはなったりするけれども
それをやるには少し手間隙が掛かりすぎてしまうので
残念ながらここでは割愛しよう




まあそんなんだから
このタイ語を折角なんで僕が書き写したいのだが
この訳が全くわからないタイ語の何処に大事なルールが入っているのか
知る由も無い


困っているとオーナーが娘さんを呼んで来た
そして一文字一文字丁寧に書いて僕に見せてくれた

僕はそれを真似して同じ様に一文字一文字書いていく


20100409-10.jpg


たった二文だったが
一つずつやっていくので随分と時間がかかった


でも一文字書く毎に見せて頷いてくれそして次の一字を書く
そんなすごく丁寧な指導の下に遂に僕の人生で初めてのタイ語は完成した


出来上がって改めて見てみると
さっきオーナーが書いてくれた文字と全然違う

これで同じ文字だなんて、、
ただ何故か僕にも両方とも確かに「タイ語っぽい」と思える
不思議だ


20100409-11.jpg












カフェに向かうと
懐かしいマスターの顔があった

ショットグラスを渡すと従業員も寄ってきた

みんなでタイ語を覗き込む
「おー!おー!」なんて言って頷いている



言葉が通じるって嬉しい



20100409-12.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。