スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2340 -トレッキング二日目-



山の朝は早い




隣で寝ていた筈のお兄さんは五時半くらいに僕達を起こしに来た

「外に来て!山が見えるよ!」


山なんてもう散々見たんですよ、、

とたった一日で有り得ないような愚痴を言いそうになるが
それでも起き出す


昨日体調が悪いにも関わらず
人生で最高といえるくらいの負荷がかかって
僕の喉に頭は当然酷くなっている

でもそれを吹き飛ばすような景色が外には広がっていた



20100519-1.jpg




山!





本当に山が見える


緑に覆われた山ではなくて
真っ白な山が!


20100519-2.jpg


手前の山はもう丘に見える
あれこそ本当の山に見える


ポカラで見ていたアンナプルナ
もう昨日は全く見えなくなって
延々繰り出されてくる石段を必死でこなしていてすっかり忘れていた


僕達が求める雪山が綺麗に澄み渡った青い空に聳えている!


昨日は一向に噴き出さなかった
興奮の火が確かに心に燃え出す






朝チャイをして

リフレッシュをして

荷物を詰めて

雪山を望みながら興奮を維持してロッジを出発する






ただ昨日と同じ様にはいかない

しっかりと昨日の疲れは僕の身体に残っている

足を伸ばして寝たのだから
さすがにすぐに昨日の「ぷはー!」
の様にはならないけれども疲れをしっかり感じている


先に見えていた僕の興奮の源であった
アンナプルナの雄姿は隠れて見えなくなってしまい
すぐに僕の視点は足元に向かいがちになってしまう








途中いくつかの村を通って行く



そこには確かにそこで生活している人達が居る

彼等はこの坂道を毎日毎日登り降りしていると思うと
本当に尊敬してしまう

いや尊敬はまた違うか

「何でこんな所で生活してるんだ!?」

なんて感心を通り越して
つい思いたくなってしまう


20100519-4.jpg



だっていつも手ぶらな訳ではなくて
収穫したとうもろこしや薪だって
もし小屋を建てるんなら大きな木材だってレンガだって
全部背負っていくんだよ?
この坂道を!?
この背負ってるリュックなんて今すぐにでも放り出したいくらいなのに

本当に恐れ入ります


20100519-3.jpg











歩いているとたまにトレッカーとすれ違う


すれ違う時に

今日何処から来ました?
次の集落まではどれくらいですかね?

なんて情報交換をする


20100519-7.jpg



そのまますれ違う時もあるけれども
たまにお兄さんが相手のネパール人ガイドと話し込んだりして
立ち止まる時がある


その時はそれはそれは嬉しい


何故なら休めるから


勿論貴重な情報交換だしすれ違う時のコミュニケーションはまた楽しいけれども
何よりもそこで休めるのが一番嬉しい



向こうからトレッカーがやってくるのが見えたりすると
心の中でドキドキする

「お兄さん、立ち止まって話さないかな」

まあ、疲れたっていって休めばいいのだが
そんな事言ったら際限無く休む事になってしまうし
何より「疲れたー!休みましょう!」だなんて言いたくない

まあ、小さな意地です
でも意地がなかったら絶対にトレッキングなんて出来ない

止まったらすぐに足は動かなくなるし
止まったって結局また歩き出さなきゃいけないし
歩き出せば一歩でもうすぐにさっきまでの疲れは戻ってくるのだから









まあそんな感じで今日も順調に疲れは溜まっていっている
それに加えて前日の疲れである

視線は当然足元にあるけれども
さらに昨日に増して無口になってしまう


たまに訪れる水分補給の時間は
一日の中に突如訪れる幸運の時である


ただそれ以外の時間は本当に修行とでもいうような
黙々と負荷を受け続ける時間


ただ負荷といっても部活のような

「キツイ!」
「何で俺はこんな事やってるんだ?」
「いやこれもあの試合に勝つ為だ!」

という頭の回る様なのではなくて

純粋で崇高な教義を頭に一から入れ込む為に
ただひたすら負荷を掛け続けてもう頭の中も考える事に疲れだして
身体の中から濁りきった思考を出し切るような
まさに苦行の様な感じ


ただこのトレッキングの負荷の先には本当に崇高な何かが待っているのだろうか








それにしても本当に苦行のようだ
次から次に新しい負荷が自分に降りかかってくる


この旅でこんな事があっただろうか


オーストラリアのゴールドコーストで走ったマラソンの事を思い出す

時間が経っているからただ忘れているだけかもしれない

いや、そんな事は無い

間違い無く既にマラソンより数段キツイ
トレッキングの前にはマラソンは子供騙しのように感じてしまう

まあ種類が違うからしっかりとした事は言えないけれども
全身の至る所に全く違った負荷が長い間かかって来るって意味では
間違っていないだろう


20100519-9.jpg













それにしてもマラソンの時も思ったが
こういう前に前に歩いて行くという事を繰り返していると
どうしても人生の事を考えてしまう



今本当に辛い



目線は足元を見ているし頭は常に自分の身体を気にしたりする

しかも疲れがどんどんと溜まってくると頭も確かに疲れてきて
一歩を踏み出す度にその振動が直接頭に届いて
考えていた事が砕けてしまったりする

その砕けた想いを掻き集めて初めからピースを当てはめようとするけれども
また次の一歩の振動によって砕けてしまう

それを繰り返していくうちにもう頭も考える事を放棄したくなってきて
いつの間にか空っぽになってきて

頭の中は目から来る足元の映像だけになって
次から次にやってくる石段を登って行く事の繰り返しを
身体がこなしていくだけになってくる


頭はその繰り返しをする事に集中している
その間に身体はどんどんと疲れていって
いつか頭が意識しないタイミングでぽきっと折れてしまいそうになる



そんな中ふと立ち止まって背筋を伸ばす



そうすると初めて周りが目に入ってくる
そんな余裕が生まれる

頭と身体が久し振りに一緒になる


20100519-5.jpg



頭が何かを感じて身体を動かす
身体を捻って景色を見渡して見る





そこにはいつの間にか知らない場所に来ていて
いつの間にか自分でも気がつかなかったくらいに道を進んできていて

びっくりする新鮮さが身体を包み込む


そしてそこの景色は


すごく素晴らしい


実際に素晴らしい景色がそこに広がっているし
そして新鮮さを感じている自分がまたその素晴らしさを引き立てる



そうしてまた新鮮な空気を吸って歩き出す
するとまたすぐにきつくなって
意識が身体に向かいだして





どうしても人生を感じずにはいられない














そうやってまた今日も苦行の繰り返しを繰り返す



折角身を削って登った高さを
今度はあっけなく下ってしまう


20100519-8.jpg



その先には川がある

川を渡ればそこには登りが待っている



下りも確かにキツイけれども絶対に登りの方がキツイ


昔子供の頃に

登りがキツイと思うだろうけれども
下りも同じくらいに身体に負担が掛かっているんだから
下りもはしゃがないでしっかりちゃんと降りなさい

と小学校の先生が言っていた事を思い出す


いや確かにそうなんだけれども
間違い無く登りの方がキツイ


だって方程式たてたら

下りは重力によって荷物の重さに自分の重さに
自分が吐き出す仕事量にはマイナスが入るけれども
登りは全部が全部自分にかかってくるんだから
当たり前に登りがキツイに決まってる!!


今日前半恐ろしく下った僕達は
後半に恐ろしい上りを登る事になった






本当はまだ先の集落に行く筈だったが
最後にあった大きな大きなチョムロンの谷を登り切った所で見事に力尽き

その登り切った所にあるシヌアという所で休むつもりで腰を下ろし
そのまま動けずにそのロッジに泊まる事になった


僕達のすぐ後にやってきたベルギー人のカップルは
同じ様にロッジの傍らにどかっと座ると同時に

「ビール!」

と頼んでいた


330ml缶ビール一本220ルピー

ちなみに下では650mlの瓶ビールが150ルピー
ああ、、、僕達の隣でそんな贅沢を、、







僕達が泊まる事にして荷物をほどいている時に
土砂降りの雨になった

こっちの山は夕方になると山の上から雲が降りてきて土砂降りの雨になる
その前に集落に辿り着いてその日のトレッキングを終了する必要がある

僕達はここで泊まったという正当な理由が出来て気を良くする




もう外はすぐに真っ暗になって
ロッジの明かりだけが頼りなく光っている


20100519-10.jpg





8時間のトレッキング終了
シヌア泊

2340m地点




コメントの投稿

非公開コメント

がんばってください

久しぶりに見に来ました。
旅を始める前に、この旅に出ると云う話を聞いた時は、まさか!!とは思っていました。
しかし、今このサイトを見て、旅を続けている藍さんはすごいと思います。
また、今、普通にサラリーマンをしている自分から見ると、羨ましいです。
これからも人生を楽しんでください。

Re: がんばってください

> 通りすがり

すいません、返信したつもりが出来ていなかったみたいで、、
名前ではさすがに誰だか想像がつかないですが、
きっと日本を出発する前のアタフタ地に付かない感じを見ていた方でしょう

ええ、なんとか旅を続けています、、
本当に何とかって感じですがw

これからもしっかりと歩いていきたいと思うので
是非よろしくお願いします!
main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。