スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『沐浴』後



無事に『沐浴』らしきものを済ませたその日の夕暮れ時
僕はまた一人でガンジス河のほとりへ行った


いつもよりも涼しい風が吹いていて気持ちがいい
もう暗くなって河沿いの石段に当たるオレンジ色の街灯の光だけ
そこにガンジス河が流れているのはたまに通る船や灯篭の火でわかる


僕は石段に腰を下ろして何も見えない先を見ていた


暗闇とは何も無いとは違う
そこにはやはり見る対象はある





20100701-4.jpg









前日に僕達がガンジス河に入ると言った時
宿のオーナーが僕達に言った事を思い出す


「ガンジス河に入るのはいい事だ、是非するべきだ
 入る時はヒンドゥーの神を想わなくてもいい
 君達の信じる『神』を想って入りなさい
 そうすればきっといいだろう」


『神』と書いたが実際には彼は『ゴッド』という単語は使わずに
『信じるモノ』とだけ言った



間違い無い
信仰とはそういうものだろう



ガンジス河はインド人の沢山の想いが詰まった場所である
それは傍からみればただの河かもしれないが
事実ガンジス河はインドの歴史に大きく寄与している

そのインドにとってのガンジス河と同じ様なモノは
インドと言わず世界中に、勿論日本にだって存在する

実際には物理的な働きしかないかもしれない
河は生活にはなくてはならない
水がある事によって人々の生活が豊かになる

世界を見渡せば古来早くから発展した都市は
殆ど洩れなく海沿いか河沿いである

そんな実際的な理由から人々は豊かになり
文明を営んで都市的生活を享受する
その感謝に畏怖の念から河に対しての信仰が出ても不思議では無い


ただ実際的な所から信仰が生まれたとしても
既に人類史は長く続いていて信仰から歴史が作られるのも数多である
それはエルサレムの例を出すまでもなく世界中にある


だからこのガンジス河信仰がただインドの人の心にだけ響く
と言って単純に傍から眺めるのはオカシイであろう
どちらかといえばオーナーの言葉が正しいと僕は思う

どんな対象でもどんな人種であっても
想うというのが人間でありそこに大差は無い

ちょうど皮膚の色や髪の質に言葉は違えど
結局人間は人類と言う生物学的には同じ科目に属しているのだから


ガンジス河であろうとヒンドゥー教であろうと
そこには人々を時には戒め時には鼓舞した歴史があって力が宿っているのだから
信仰の対象がなんであれ信仰があるのであれば
それは思想や様式の錯誤があろうとも大した問題では無い気がする

それが本当の信仰では無いだろうか












僕は黒いガンジス河に向かって手を合わせる


朝ガンジス河に入った時はその行為自体に注意をとられて考える余裕が無かった
それもしょうがない話である

ただ僕は一度『沐浴』をしたのであるから
一つ祈りを捧げてもいいのではないだろうか
そんな権利を主張させて欲しい



僕には信ずる特定の神はいない



僕には僕の良く知っている人達しかいない



すべての僕の信頼すべき家族が常に安らいだ心でありますように
すべての僕の尊敬すべき師が常に新しく道を開きますように
すべての僕の敬愛すべき友が常に刺激的に前進しますように




僕に繋がるすべての関係

相手とその糸に一層の強さを持ちますように









祈りすぎだろうか


構うまい、想いが大事だ







コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。