スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠かせない


[20100716]




朝の寝起きは気分が良かった
音のしない静かな場所だったからよかったのだろうか
すぐに起き上がってコーヒーでも飲もうとロビーへ向かう

ロビーには笑顔を絶やさない
昨日と同じトーブを着たお兄さんが挨拶をしてくれる

朝八時

これでも久し振りの早起きで気持ちは良い具合に上り調子
太陽の光もしっかりとガラスからロビーに注いでくる




昨日、ビールもどきを買った売店へ向かう為に力強く扉の取っ手を掴む
さあ扉を動かそうとする時、
不穏な気配を感じてうきうきだった足が一瞬止まってしまう

ただ今日はそれに躊躇しないくらいの寝起きだったみたいで
一瞬の後に身体は力を押し出して扉を開いた






さっきの気配の正体が一気に身体を包み込む










アツイ!!









独りで叫んでいた

とんでも無い熱気が身体を包み込む
そこらじゅうから泥を投げつけられているみたいに
身体は一気にひるむ


まだ朝の八時、、

どんな太陽してるんだ、と見上げようとするが
もう顔を上げる事も難しい

海岸を横目に見ると、昨日見たキングの船が霞んで見える
砂が原因なのか暑さの陽炎の為なのか


20100716 (1)


でも、こんなんでへこたれてはこの先どうするっていうんだ
と、奮い立たせて何とか前を見るがなかなかしっかりと出来ない
ふらふらな身体に大きく揺れる視線
そんな中に突如人だかりを見つける


何かにすがりたかったのか
売店には行かずに、人だかりがある建物へと向かう

冷房を期待したのだがその建物はドアも窓も無かった
けれども日差しを避けられるだけ全然涼しく感じた
そして別のアツイ活気がそこにはあった

魚市場


20100716 (4)



中東の優等生と言われるオマーン

けれども昨日からホテル周辺で見かける人たちは
誰しも強気な顔立ちと屈強な身体という感じで
何だかイメージと違っていたのだが
どうやらその理由はこれだったようだ

沢山の海の男達が行き交っていた


20100716 (3)



市場という活気はやはり良い

のだが、すぐに喉の渇きを覚えて退散
当初の目的の売店へ向かう事に



日本で言うコンビニのような売店を
オマーンでは『コーヒーショップ』と呼ぶ


20100716 (6)


オマーンの国民的飲料である、コーヒーにサフラン等を入れるオマニコーヒーや
紅茶、食べ物にスナックに軽食も食べられる
ちょっとした市民の憩いの場所だ

僕が行った時も数人の男達が椅子に座ってサンドウィッチらしきを食べていた

まずコーヒーを頼む
それからお腹を満たそうと僕は目の前に座っている海の男に
今まさに出されたサンドウィッチらしきを指差し

「これは何?」

と聞いてみた

そしたら男は無表情な顔を全く変化させずに
おもむろにそれを掴むと無言で僕に差し出した


『やる』


と、



強気な顔立ちに屈強な身体の中で目が語っていた








戸惑いながらも受け取ると
同じ物がまた彼の前に置かれた

「僕達は二つずつ頼んでるから気にしないで食べなさい」

隣に座っている若干スリムな男が言ってくれた


二人共つなぎを着ていていかにも海の男という感じ
スリムな彼が、

この食べ物は『シャワルマ』という豆をすり潰して揚げた物で
中東では野菜と包んでよく食べられているんだ

という事を教えてくれた


20100716 (5)





お腹も満たされて宿に戻る

普通ならこれからさあ散歩だと行きたい所だが
なにせ、暑い

昨日ロビーのお兄さんに聞いた所によると
昼の一時から四時まではほぼ全ての店が閉まるという
活動するなら四時以降にしておきなさい、との事

この暑さなら、納得だ











ホテル内のパソコンを使ったり荷物の整理をしていたら
窓から差し込んでくる光が弱まってきた

早速近くにあるという『スーク』へ向かう
アラビア語で商店街を指す


20100716 (8)


商店街といってもどちらかというと
最近出来たショッピングモールのような出で立ちで
天井の装飾などはとても綺麗にされていた


20100716 (9)


物も沢山あり、恵まれている印象を持つ
中にはシルクロードの中継地点として発展した中東の象徴
ゴールドのお店もよく見かけた


20100716 (12)




そんな中にアバヤを並べたお店があると、つい立ち止まってしまう
そしてアバヤのお店が立ち並ぶ隣に必ずある対照的な色とりどりのお店


20100716 (10)


僕は知らなかったのだが、
どうやらあの真っ黒のアバヤの下で
みなこんな派手なドレスを着ているようなのだ


20100716 (11)


みんなではないかもしれないが注意深く見てみると
何度か黒いアバヤの袖の下に赤や黄色い色を覗かせている人を見かけた

何とも大変だ
こんなに暑いというのに重ね着とは、、









一通り回ると日も随分と弱まってきている
が、日本の真夏の昼間くらいの温度はありそうだ

まだ暑さに慣れてないようで身体はすっかり疲れている
もう帰ろうと海岸沿いの遊歩道を行く


昨日とは違って明るい海岸線
白い建物の背中に沢山のごつごつした岩山が見える


20100716 (2)


砂漠のアラビア半島
国土の殆どを砂漠気候に覆われているオマーンだが
オマーンらしい景色とは、実はこの灰色の山々である

そしてその山のてっぺんには所々に砦の跡
そして現役の砦が至る所にある


20100716 (7)




石油ルートの世界的に重要なポイント
いわゆる『湾岸』の出入り口、ホルムズ海峡を抱える場所

数々の事件に戦争を目の前にそして実際に通ってきたオマーン

中東の優等生と言われるまでの平和を勝ち得るには
やはりこういう物とは切り離せないのだろうか

そういう世界なのだろうか












と、考え出すも、まとまる様子も無く
冷房を求めてすぐに部屋へと戻った

一度体験してしまった冷房
とりあえずオマーンでの生活に冷房は欠かせないのは間違いないようだ





コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。