スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何の変哲も無いが

[20100725-2]





この宿に来た理由のもう一つに
中東を行き交う旅人の間で『超』が付くほど有名な従業員がいる
いや中東どころか旅人のネットワークを経て世界で有名な

彼の名は『サーメル』というのだが、特に日本人旅人の中でとても有名で
今は雇われの身だが将来は自分の宿を構えたいと夢を語っていて
本人には内緒で昔から密かに通りすがる旅人たちがカンパして
サーメルの為の資金が何処かにプールされているという噂を聞く


このサーメルさん
実は例の事件で日本のマスコミに頻繁に取材を受け
僕自身テレビの前で見た記憶があり
『Cliff Hotel』の名と共によく覚えている

香田さんのイラク行きのバスのチケットを
断りながらも最終的に手配してしまったサーメル
彼は取材で涙を流しながら

『私は止めたんだ。何度も止めたんだ』

と語っているのをとても覚えている


何かでちらっと、ホテルを既に移っている
という話を見たが、どうもよくわからない
中には日本人旅行者と結婚して既に日本に移住してしまった
という情報もある

もともとCliff Hotelには泊まるつもりだったので
会えたらいいなと思うくらいだった
出来れば噂に名高い彼の真摯なサービス、
というか伝説に触れてみたいと

その残り香だけでもいい
そんなふうに


















『Cliff Hotel』に続く階段を登る時はさすがにドキドキしたが
中に入ってみれば何の変哲も無い安宿だった



ドアを開けると細い廊下があって
人の話し声が聞こえる右の方へ向かう

突き当たりに結構広いコモンルームがあって
沢山の人達がテレビを見たり本を読んだりパソコンをしたり
いくつかあるソファでくつろいでいた


ちょっと予想と違うと思ったのは
香田さんの話とかサーメルの話とかからてっきり日本人宿なのかと思ったら
そうでも無かったという点

というかぱっと見渡す限りアジア人すら一人もいない
オーナーが変わったとかな、などと思いながら
少しホッとして右奥にあるカウンターへ向かう



少し小太りなチェックのシャツを着たおじさんが
何だか少し疑るような素直じゃない目線で僕を迎える

いきなりこんな歓迎はないじゃないか
と、思っているとカウンターのすぐ横にある
バルコニーに出てタバコを吸っている男を一人呼びつける


僕はその男の案内について、今来た廊下をまた逆に戻る
反対側の突き当たりまで行き
コンコンと一応ノックして声をかけて中に入るこの従業員は
カウンターにいた男と違って優しそうだ



中には4つのベットと洗面台と窓が一つ
そして一人の女性が壁に向いて丸くなって寝ていた

「ドミは5JD。今朝来たこの女性が一人だけ泊まってる。」

高っ!
ちなみに1JD(ヨルダンディナール)は約110円
事前に調べた感じだと大体ドミで3から4JDだったはず

聞いてみたら今はシーズンだから、と言い切るが
今朝来たばかりの女性が一人だけ寝ているドミトリーの部屋で
そのセリフにどれだけ説得力があるのだろう


まあとりあえずゴネてみたところ
「うーん」という顔をして「なら、、」となった
お、なんだ、話がわかるじゃないか

「ルーフトップなら3.5JDだけどどうかなあ、今スペース無い気がするなあ」

ルーフトップ??屋上??
従業員は階段の上を指している




のちに知った事だが
中東の宿には『ルーフトップ』という特別『部屋』が結構ある

道端では寝たくないが宿中だったらどんな場所でも構わないという旅人と
満室になってもなんとか泊まらせて儲けたい宿側と
双方の利害が一致しての解決案(だと思う)

まさに屋上にただ布団を敷いてあるだけの
『青空ドミトリー』である

宿によっては屋根はある所とか
布団ではなくてベットだったり
はたまたテントだったりする


僕は旅人が当然共有しているというような旅情報というものを結構スルーして
だらっと歩いているたちでこの手の事を全く知らない
そのせいで随分と損をしてきているようだが
知り出したら今までが馬鹿らしくなってしまいそうなので
やはりまだ手を出せず、自分で見つけ出す方が価値があるのだ!
という変なプライドにしがみついている



という事でこの時もルーフトップなどという事は初めて聞いた
ただ幸か不幸かルーフトップは今、フルらしい


屋上が満室???

全く意味がわからなかったが
何故か子供の頃『旅人』と聞いて妄想した
万年床の上に荷物と布団が絡まって
その上にほぼ全裸でガリガリの旅人達が
「うー、、、」とかか細い呻き声を出している絵が頭に表われ
階段を登って確認しにいくのを少し躊躇ってしまった

その瞬間にリュックの重さがすかさず肩に食い込んでくる
そして悪魔のささやき


「折角のルーフトップもどうやら満室みたいだし
 もうさっきのドミしかないじゃないか
 女性もいい人そうだったし
 たまには女性と二人っきりっていうのもいいじゃないか」


もう外にこのまま出る気力があまりない
今日は移動してきたばっかりだし
その前3日は空港泊でろくに寝れてないし
他の宿の情報も全然ないし何よりここに泊まりたい体で来ている
考えてみれば確かに最近ゲイには迫られたが女性とは話していないのも事実

悪魔のささやき、ごもっとも


反論する事もなく
「じゃあ、」なんて言ってカウンターで手続きしようとしている









これがまさかサーメル氏の残した引力か?
これから何故か居心地がよく感じてしまったり?
人を惹きつける魔力?



うーん、そういう感じじゃないんだけども、、


投げやりなのか勢いがいいのか
いや、諦めなのかどうでもいいのか

まあ、でも、
始まりは全てそういうモノなのだ、きっと



と、いう感じで何故かぐるぐると吸い込まれ
宿に来てからたった5分後には

僕はドアをノックしてさっきの部屋に入って荷物を置いていた












コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビーチでもどこでも寝、なんでも喰らったあの強くて黒い藍はどこへ?

Re: No title

> salig

この小さな諦めの蓄積がまさか『老い』か!?
main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。