スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の街

20120106







オーランドという街はハッキリ言って直前まで知らなかった
きっと日本でもあまりメジャーではあるまい

でも、

『ディズニーランドがある街』

と、言えば、あー!、となるかもしれない


ウォルト・ディズニーさんが初めにディズニーパークを作った場所
元々は航空機やら軍事産業の盛んだった工業都市だった所が
それをキッカケに一気に全米でも世界でも屈指のリゾートパーク地となった


ディズニーワールドパーク
ユニバーサルスタジオパーク
シーワールドパーク、、、等等


あまりパークに詳しくない僕でも聞いた事があるのが
ほぼ全部盛り込まれている


まず観光客と見てわかると

「パーク行った?」

と尋ねられる、別名『パークタウン』


ここを本拠地にしているNBAのチームは

『オーランドマジック』

まさに魔法を叶えてくれる街なのだ
 














そんな街に間違って入り込んだ僕達貧乏旅人


泊まる所もやっぱり街中やパークが密集している場所から
随分と外れたモーテルです




モーテルといっても車で乗り付けた訳じゃない

ニューヨークから三台のバスを乗り継いで
しめて32時間かけてやってきた僕達は
さらに市内バスを乗り継いで近くまで行き
6車線の大通りを重いリュックを背負って横切り
歩いて辿り着く



こんなふうに書いたら
何だかとんでもないモーテルに泊まったようになってしまうので
彼等の為に弁明しておけば、モーテル自体は随分としっかりしていて
毎日ちゃんと掃除がやってくるようなホテルみたいだった


僕はモーテルというモノには初めて泊まった

映画のサイコに代表されるように
どうしても一時期のアメリカのホラーの舞台になっていて
モーテルに対するイメージは『怖い』というモノだったが
それはキレイに払拭された






















さて、このオーランドに僕達は一週間いる予定である


直前まで知らないと言っておきながら
一体この暴挙はなんであろうか

まさかパーク巡りをするのか
いや、まさか

パークに行きたいオーラをムンムンに出し
ウルウルした目で見てくるジュンコには申し訳ないが
ここはまだ始まったばかりの旅、
ハッキリと『節約』の選別をさせていただく



と、そこまで強引に言っているのに
じゃあ一体なんだというのか

その理由は至ってシンプル















カメラ屋さんへ行く事

















実はニューヨークにいる間に
ジュンコのカメラが少し傷んでしまっていた

まだ旅が始まったばかり
僕達の大事なカメラ、これが無いと大変だ

これからのルートを考えると
南米にアフリカに
一体どこでしっかりとした部品が手に入るかもわからない

そうでなくても一刻も早く直したい



という事で、

カメラの修理の期間も考えて
既に取ってしまっていた南米行きのフライトまでの期間目一杯
どこかに留まる必要があり
マイアミよりも物価が安そうなオーランドに白羽の矢がたった訳だ


こんな身勝手でどうしようも無い理由で
住んでいる人達や楽しみに行っている観光客達には
本当に申し訳無いのだが
何故かオーランドの主はそんな僕等を見放さなかった
























僕達にとって一番大事な事は
カメラの故障が一週間以内に直るかどうかだった

深部がやられてて部品取り寄せになったら大変だ



着いて荷物をばらしてからすぐに僕達は外に出る

一応ニューヨークを出る時に調べていた
一つのカメラ屋さんに向かう


勿論バスで












ここオーランドに来て一番感じた事
それはまさにアメリカは車社会である事

大きな道をびゅんびゅんと車は走っていく



そんなこの街オーランドにも一応市内バスは何本も走っているのだが
何しろアメリカンスケールだ
長い距離を走ってくるからやってくるのはバカみたいに遅いし
スピードも遅いに加えて駅も結構あるから車でハイウェイ10分の距離を
一時間はみないといけなくなってしまう



それでもバスを使うのが旅人だ!



と、意固地に叫ぶしかないのが悲しい




20120107 (6)




















とはいっても、バスを利用する人は意外にいる

偏見のつもりはないのだが
やはり昔の移民か特にキューバ系の顔をよく見かける


そのバスの中で繰り広げられる遣り取りが一筆に値する経験だった


まずは席の譲り合いが必ず行われる
毎駅起こると言ってもいいくらいだ

若者は老人へ
男性は女性へ

別に今の日本はそんな精神が無くなってしまった何て言うつもりは無くて
ただただ色んな街を見てきて
ここまで積極的な譲り合いが行われているのを見たのが
初めてだったのでショックだったのだ


さらに


バスの前部分は車椅子の人が上手く乗れるように
日本でいう優先席が設置されていて
座席が列になっているのではなくて大きな空間になっている

人々は向かい合うように座る事になるのだが
必ずそこで井戸端会議のような世間話が繰り広げられる


これは何度もバスに乗って必ず見た


初めは隣同士が話し始め
次の駅で乗ってきた人が話に加わって
気がついたら全員が参加してる


それは何も老人とか限定ではない

移民も白人も老若男女問わず
バスの運転手も参加するんだからスゴイ




車社会の中のバスも悪くない

























辿り着いたカメラ屋さんは結構広くて
品揃えもあってかなり期待がもてそうだった






が、





残念ながらカメラの修理はやっていないそう

いきなりの壁、、


うーむ、とうなってみると
店員さんが一つの名刺を手渡してくる



「ここは修理やってるからここに行ったらいいよ」













この名刺が指し示す場所


こここそ僕達のオーランド滞在を最高にしてくれる
魔法の場所だった




20120107 (5)











コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。