スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由付け

20120217







くる日もくる日も朝から仕事


鈍りきった身体にムチを打つ
毎日決まった時間に(しかも早朝暗い間に)起きる事自体
いつ振りなんだろう

でも、自然と身体は言う事を聞いてくれる


汗水垂らす

というのは身体を元気にするらしい
美味しい食事も手伝って
心身共にすっかり弓場農場のリズムに染まっているようだ

心地が良い

初日の仕事中に思った逃げ出したくなるような気持ちは
あっという間に何処かに消え去っている



20120217 (1)




自転車で旅をしているニシムラさんは
もう一年もここに滞在している

ニシムラさんと同じく既に貫禄すら出ているカオルさん
僕と同じように日本から西回りで世界を回ってきて
弓場農場に辿り着き既に半年

パラグアイのペンション園田で出会った大学生二人
タイヘイ君にタクヤ君も僕達と同じ時期に弓場農場へやって来た

見るからに身体を動かす事が好きそうな二人は
ふざけ合いながらも楽しく弓場での時間をこなしている


僕達がいる間、

同じ様にペンション園田で一緒になった
ショウ君にサヤカちゃんも数日だけだったけど
一緒に汗を流した




旅人同士、旅とはまた違った日常を
同じ様な思いでクワをふりふり話をしながら楽しんだ




20120217 (2)



















朝から仕事をするといっても一日中では無い
夕方4時には大体仕事は終わる

そうなれば後は自由時間


初めはそんな時間に終わったとしても
朝から身体を動かし続けて
バテバテで何も出来ないだろうなんて思っていたけれども

さて、実際に身体がそのリズムにハマると
むしろ調子が出てきて身体は『もっと』なんてせがんでくるのだ









仕事が終わると僕達はまずお風呂に向かう





ここで大事なのは『シャワー』では無く『お風呂』という事


世界中色んな文化があれど
大概、バスタブという文化は見当たらない
お湯を溜めてゆっくりつかるというのは
日本独特の文化といっても過言では無い

全く無い訳ではないが安宿なんかにそんなモノはある訳もなく
僕はこの旅に出てゆっくりと湯に浸かる経験など
台湾で友達に連れていってもらったスーパー銭湯くらいである



が、ここは日系の方が暮らす弓場農場である



そう、本当に『お風呂』なのだ!

桶も椅子もある
水もお湯もバシャバシャ出る

椅子に座りながら身体をゴシゴシなんて
本当に久しぶりで毎日お風呂に行くのが楽しみになる



旅中、シャワーとは気が滅入る作業である

大概お湯は出ないし水量も心許無いのが大半
しかもシャワーだけだしヘッドも固定である
脱衣所は狭かったり汚かったり
だから足の裏などしっかり洗えないし
タオルで拭くのも気が引けてしまう

そしてそうもたもたしている間に
ばっちり身体は冷めてしまって寒い思いをする

だからどうしても2日に一度とか
今日はあんまり汗かいてないからいいやとか
先延ばしにしてしまう


そんな日々がずっと続いていたものだから
座りながらゴシゴシ
頭に思いっ切りお湯を浴びせる
この快感はたまらない

しかも弓場農場は大きな共同体だから 
風呂場もちょっとした銭湯のような広さがあって伸び伸び出来る
お風呂も家のお風呂ではなくて銭湯の大きさ


年単位でこびり付いた垢もこれなら落とせる
その日の昼間についた泥土などは問題外

お陰様で仕事中に泥んこになるのなんか全く躊躇せず
思いっ切り飛び込んで行けた












お風呂が終われば洗濯


弓場農場では大きな洗濯場がある
大人数の洗濯をするのだから当然であるが
僕達もその場所を使わせてもらえる

タイミングがよければ洗濯機も乾燥機も使える

初めは洗濯板でゴシゴシ
それから洗濯機にぶちこんで

身体の垢同様、旅中手洗いで済ませていた服や
デニムの様な手洗いではなかなか洗えないものも
すっかりキレイにさせていただいた




20120217 (3)















そして洗濯が終われば夕食の6時まで
大概僕達は食堂の前で野球やバトミントンをやったりした



20120217 (4)



すっかりキレイになると
また身体を動かして汗泥にまみれようとする

服も身体もキレイになるとリセットされたような気分になる
それがどうも『汚れる準備万端』と判断されるようだ

そうなると自然と身体も軽くなって
十分身体は農作業で動かした筈なのに
走り回る




20120217 (5)





そうして夕食の角笛が鳴る



折角お風呂に入ったのに
また汗だくになって身体はアツイ

火照った身体に冷たい茶を流し込んで
山盛りの食事をモリモリ食べる

身体は十分動かしているから
本当に毎度美味しく沢山食べる






お風呂でいつでもキレイに身体を洗えるし
洗濯場でいつでもキレイに服を洗えるし
食堂でいつでもたらふく食事を食べれるし

何の心配も無いから毎日思いっ切り活動出来る







食事が終われば寝るまでやっぱり自由時間

大概そのまま食堂に居て
お茶でも飲みながらみんなと話をする

はたまた、食堂ではWiFiが使えるから
パソコンを持ってきて調べものなんかしたり


そんな事をしているといつの間にか日が暮れてくる
そうすると自然とあるテーブルに人が集まってくる


お酒を飲んでみんなと楽しく話をするのが大好きな
弓場農場の現オーナーの弓場恒雄さん


20120217 (7)


サトウキビの蒸留酒ピンガを飲みながら
テーブルを囲んで笑い合う


20120217 (6)



その日その日によってメンバーは入れ替わる
何だか弓場農場の中にあるバーのような場所



20120217 (8)



週末は大人数が集まり
ちょっとした宴会の様な事になったりもする

僕達が行った時はちょうど南米でカーニバルの時期で
夜にみんなで地元のカーニバルに
連れて行ってくれた事もあった


20120217 (9)









程良くお酒も回ればもう一日
一秒たりとも逃さずまるっきり満喫した様なモノだ

ベットに入れば毎日気持ち良く
眠りの世界に入っていけた



何と居心地の良い日々だろうか



20120217 (10)






























でも、僕達はここを出ていく決心をした

たった10日だったけれども










リオのカーニバルの日が迫っていたのだ







別に絶対に行く必要は無い
それは旅をしてきて余計に感じる事だ


世界中の観光地を回れる訳は無いのだから
何処かで諦めなくてはいけない所が出てくる

だから旅をしていると
自然と固執する気持ちが薄れてきたりする

思いっ切り自分勝手な欲望を叶えようと
世界を飛び出してきたのに
その先にあるのは諦めというのもまた不思議な話なのだけど


だから有名なリオのカーニバルだろうが
行く必要は無いとは思っている訳である

ただ、何か理由が無いとここを出るタイミングを逸するのだ



もう身体は完全に弓場農場のリズムに染まっている
これでは本当にこのままずっと居る事になりかねない

別に居たって構わないし事実良い日々を過ごせている
ここ弓場農場は実際に元旅人でそのまま住み
家族を持った人も居るのだ



でも、この時はやっぱり出る理由を探していた

そういう事を考えるのはまた次の機会
僕は今先に進むべきだと思っていたようだ

リオのカーニバルはそんな自分の中で
格好の理由だったのだろう











僕達はまだまだ居続けたいという気持ち
それを大事にしてこの理想郷を後にする



20120217 (11)













コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。