スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動の温かみ

今日も水泳の時間があります





もう暗くなりかけている
風もなかなか吹いている


こっちの今の気候
太陽の陽射しはさすがゴールドコースト
って感じで冬のこの時期でも日焼けしちゃいそうな
そういう激しさを含んでいるが
でも風が兎に角冷たい


そんな風が結構吹いている
そんな中行くんですかね



でもそんな事気にも留めず
最近体調があまりよくなかった愛二
今日は調子が少し良くなったみたいで
やりたくてしょうがないみたいだ

まぁいいか
今日はずっとまったりしていてまだ何もしていない
しかも愛二が練習している間に
いつの間にか愛二の方が泳げるようになっているのも
それは困っちゃうな
これを機に自分も頑張って泳いでみようかな

この間久し振りに泳いで
楽しかったのは確かだったけれども
すごい疲れてしまった
こんなに泳げなかったっけって

前はどんなに泳いでいても
どれだけでも行ける気がしたのに
今はちょっと往復しただけでぐったりきてしまう






愛二とコーチ代わりのサトが
自分が部屋でうだうだしている間に既にプールへ向かった
ツワモノのサトは水泳もしていたみたいだ
本当に何でも出来るな



どんどんと太陽は傾いていく
その前に早く行かないと

ぶるぶる震えながら着替えて
タオルを広げ肩にかけながらプールへ向かう
部屋の外に出ると
まだ室内なのにもう寒い




透明なドアの向こう側に
外にある草木が揺れているのが見える
プールへの入り口のそのドアを開ける
今自分がドアを開けるのをずっと周りで待っていたみたいに
すかさず冷たい風が自分にまとわりついてくる

寒い

愛二とサトがもうプールに入っている



よく見たら愛二はウエットスーツを着ている
えっ何時そんなの買ったのよ
てか水泳の為にですか
てかずるいし自分だけ寒くないとか



聞くとサトのを貸してもらったらしい
どちらにしても本格的に水泳をやる気なんだな

でも一人で寒くないとか
そんなのはずるいじゃんか
うーん
今まで以上に寒く感じてきて
プールじゃなくて隣の温かいジャグジーに
すぐにでも行きたくなってしまった

でも愛二が
今日の水はそんなに冷たくないよって

そりゃああなたはウエットスーツを着ていますからね

でもとりあえず水の状態を確かめる事だけはしないと
折角こんだけ寒い思いをしたのに
何しに来たか分からなくなってしまう
あとでぶつくさ言わないためにも

とかぶつくさ思いながら足の先を少し入れてみる
と意外に冷たく感じない
むしろ温かくすら感じられる


いつもなら少し温かく感じても
やっぱりお風呂とは違うから
徐々に水を身体にかけながら慣らして入っていく
でも今日は本当に温かく感じて
中に吸い込まれて行くように
身体を水の中に沈めていって
誰にとなく
ホントだ全然冷たくない
なんて言って
そのまま振り返らずに潜った


向こう岸に着いたら
またすぐに折り返して
思い思いの方向に泳いで
上を向いたり
運河の方を眺めたり
前を向いてしっかりと水をかいて進んだり



サトの水泳講座は続いている
水のかき方に
足の蹴り方に
息継ぎのタイミングに

自分も泳ぎながらそれに参加する

でもなかなか難しい
人に説明する
筋肉の微妙な動かし方
どうしても手足のタイミングがばらばらになる
それを言われた時になんて説明していいのか
一から教える感覚的なもの
よく分からなくなって
意識しながら泳いでみると
逆に自分が変な泳ぎ方になってしまう

やはり人それぞれ癖が出来上がっていて
しかも泳ぐ事は
結局うまい具合に前に進めればいい訳で
絶対にこうでなければいけないなんて
競泳の世界でしかなくて



うーん

自分の中でなかなかいい方法が見つからなくて途方に暮れている
気が付いたら日まで完全に暮れている



もう辺りはすっかり暗くなっていて
プールの中に付いているライトが
すべてを浮かび上がらせている

モヤっとした蒼の中に
キリっとした冷たい青い箱が浮かんでいるみたいに
その中で
何かのアルゴリズムを持った
三つの点が動き回っている




行ったり来たりしているうちに
思いっきり潜りたくなって
そろそろ寒くなってきて
水泳教室を離れ
もういいやっていうまで泳ぎ続けた

そうしたら三往復くらいで足にきて
本当に泳げなくなっているんだなって思いながら
それでも今日はもうこれで充分だなって
少し安心して
先に一人でプールを上がりジャグジーの方へ向かう



そこはいつも以上に温かくて
むしろ少し熱いと思えるくらいに

プールに吐き出してしまって空っぽになった
自分の中にある熱の溜まり場に
熱い水が直接入り込んでくるような
それに押し出されるように
中に溜まっていた空気が口から洩れて
ふわぁ
って声を出してしまう


既にのぼせそうで
上を見上げる
湯気が上がり続けその先に細い三日月が見える






光の揺らめきを感じて
ふとその方をみると
自分の住んでいる建物に
所々電気が付き始め
その光に人々の活動が映し出されている

ここの建物は結構バルコニーが広く
窓も大きい
中の様子が何となく見えたりする

どの部屋にも沢山の人が集まっている感じで
柔らかい橙色に照らされた
沢山の人達の楽しそうな表情が汲み取れる



休日
土曜日の団欒



下の方から数人の笑い声が聞こえてきた
いろんな食材を持ってこっちにやってくる

プールの隣にあるバーベキュープレイスで
休日の夕食をみんなで楽しく過ごすのだろう



そのままその男達を追いながら視点を左に流して
左隣のバーベキュープレイスの奥に見える
ゴールドコーストのビル群に目をやる

そのエッジの効いた人工物は
沢山の光を包んでいる
そこに活動が潜んでいるとはなかなか考えられない
でもそこには感情が生み出されて
生活が営まれて
それに満たされているんだ


視点を戻して自分の住んでいる建物を見上げる
瞬間的にはやっぱり活動の気配は感じられない
出来上がってからずっとそのままのような
言うなれば時間の流れが感じられない
今見ても後で見ても同じ
そういう時間的変化が感じられない







その時間的変化
それが活動の温かみの本質なのか







見続けているとたまに
人の頭が見え隠れする
そうするとその光も揺れ
そういういろいろな光の瞬きが見えてくる
光の色も様々だ

今まで暗かった所の電気が突然付いた
まさに突然
今帰ってきたのだろうか
その極端な変化は
自分に色々な活動を想像させる




一つ一つの部屋に
それぞれの温かみを感じて
でも引いてみるとそのどっしりとした
黒い影は冷たく聳え立っている

左では
さっきまでただ電気が煌々と
鉄板を照らしていただけの場所に
肉の匂いがたちこめ
煙の中に人々の笑い声が響いている

プールの水は
二人の活動によって揺らめき
光を反射して
注意を引く



そろそろ出ようかな

ジャグジーから何とか抜け出す





愛二は自分がジャグジーに入っていたその時間分
きっと成長していて


変化していて






プールの中を進み続けている


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ランが先週何回か教えていたクロール、
アイジの上達の早さにびっくりしました。

SALと行動していると自然と考え方がポジティヴになります。
みなさんから日々様々なことを学ばせていただいています。
「友と共に知へ」、まさにそのような感じです。
ありがとうございます。



main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。