スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱の通り道

再会の熱はやっぱり
相も変わらず大変なモノだった


語り続けた


日本語を繰る事
そういえば最近語る事がめっきり無くなっていた

居酒屋でグラスを片手に
たまには箸に持ち替えておいしいつまみをつっつき
ゆっくりとソファに腰を落ち着かせて
長々と話し続ける

そういう時間が大好きで
いろんな話を聞いて
いろんな話をどのように話して
そういう遣り取り


こっちに来てから殆ど無くなっていた

その機会が全く無いという事
やはり居酒屋はその遣り取りをする上で重要なスタイルだと思う
そしてゴールドコーストの人の流れの激しさ
どっぷりと関係を深める前にいつの間にか
自分の目の前から飛び立って行ってしまう

随分とそういう所から離れていて
自分の日本語は前にもまして酷くなった様だ
かといって英語がうまくなっている訳でもなく
中途半端に
日本語と英語の間で立ち往生して
どっちつかずの状態になってしまっている

今までだったらすらっと何の考えも無く
口を出てくるフレーズですら一回頭の中でストップして
確認してからでないと口からなかなか出てこない


今回の訪問
カズヤさんとケンジとの会話
それは自分にとっての刺激で
兎に角飢えていたモノ
でもいざ目の前にすると自分が随分と遠くに離れていて
実は探し求めていたのに見当たらなくて
でも闇雲に歩き回って
遠くで突然火が灯されて
随分と遠くまで来てしまった事に気が付いて
そして初めて迷っていた事に気が付く

自分がそこにいた事
それが随分と前の事のように思えて
一体どこをどうやって通ってそこに行き着いたのか
全く分からない

どういう訳か焦りを感じる
どっちがいいという訳でもない
そこにいた自分も好きだけれども
だからといって
今の自分が大きく間違っているとも思わない

けれどもこっちに来る決断をした
その自分は確かにそこにいた自分だし
そして成長
変化を求めていたのもそこにいた自分ではある

今までこのゴールドコーストで誰かと話していても
なかなか言葉が後をついて出てこない
あの時の熱はどこへいったのだろう



このような感覚は稀にこっちに来て襲われていた
会話から喚起される自分との向き合い
その刺激が殆ど無い
それは自分にどういう影響があるのだろう
そういう時
日本を出発する時の自分との比較
振り返り



だが今回はどうやらそこだけで終わらせてはくれないようだ
むしろそれだけで終わってしまっては
一人でいるのと変わらない

日本から持ち込まれた熱は
相当な温度で
自分の表面を焦がすだけでは引いていかない
奥の方まで炎の熱が伝わってくる

その熱の伝わりが
熱い物を口に入れて
食道から胃にかけてその物が入っていくのが分かるように
自分の心の輪郭と内部の形を頭の中に描き出す

みんなとの会話は
自分にただ過去との比較を許さない
その場にいる自分自身を引っ張り出させる


おまえは今一体どういう状態なんだ
そんなものか
いやまだまだ足りないだろう
こんなもんじゃないだろう


駆り立てられる
今まで萎んでいた
いや熱を出す事はしていたかもしれない
でもただ表面を焦がすだけで
根本の所はやはり弱まっていたと思う

この会話が自分の奥の方に
燃料をくべてくる

気が付いたらもっともっと
話したい
こんなに話したい事があったのか
今までどこにいっていたんだ
あっただけで気が付かなかっただけか
あったけど力が出なくてそっぽを向いていただけか

気が付いたからにはそういう訳にはいかない
しかも今
自分の目の前には相手がいる
受け止めてくれる炎が
しかもその炎はとてつもなく大きい


今吐き出さないと
また自分の炎は固い殻の中に戻っていって
殻は前よりも一層固くなっていってしまう
そして炎の通り道を作っておけば
これからやっとこっちで考えを自由に
伸び伸びと出来るかもしれない

そう思ったら
口がどんどんと動き出すようになった
もう止まらない
まだその出てくる文章は
自分で聞きなおしても
おかしな状態になってはいるけれども
でも自分の奥から出てくる
奥から一気に外に吐き出される様は
自分にとってもとても気持ちがいい


昨日の初日から続く会話
それは今日まで延々と続き


突然家の玄関のベルが鳴って
沢山の人が尋ねてきた
全然予想もしていなかった
よく考えてみれば今日は金曜日
街のあちこちではいろいろな集まりがあって
学校のみんなは誰かの卒業を祝っている
そういう日だった

全く忘れていて
そうだった
いつの間にか熱の渦に呑み込まれていて
その熱が自分を駆り立てて
今この場が世界の中心になっていた

勢いは留まる事を知らず
その人達の中に少し顔見知りの人がいた
話しかけられた
エンジンが全開の自分は
がっつりとその人に食いついて
独りで喋り捲っていた

きっと向こうは最初唖然としていたかもしれない
でも最後の方は真剣に聞いてくれていたと思う
彼もいろいろな事を最終的に話してくれた

楽しい
気持ちいい

この感覚
吐き出す事が自分を形作っていく


カズヤさんとケンジ

二人の存在が
こっちに来て出来上がっていた殻に
穴をうがってくれた

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうねー、

私の藍くんのイメージは、恐ろしいくらい「台風の目」というか。
大きな渦をつくり出して、周りを巻き込んで「おい!藍!(笑)」とか言われながら
本人は、そのほうが、いいじゃん♪たのしいじゃん。わかってるんでしょ?って
にこにこして言っちゃう人だったよ。ここ、東京では。

オーストラリアで、長く滞在して、人の出入りが激しくって、色々制限があるかもしれないけれど、(お肉とトマト食べてないと、元気でないしね♪)
環境がかわっても、そんな飄々としたスタンスで、
周りの人に「おい!藍!・・・お前といると、飽きないな。」って言われちゃっててほしいな。

熱の渦をつくってね。
というか、作れるでしょう! 足長いしね!
そのために、言葉が必要なら、諦めて我武者羅におぼえるんだー!
日本語、中国語、英語、、、使いこなせたらかっこいいじゃん♪
がんばって!

追伸:もし、地図帳が欲しかったら、持ってきます。高校でつかってた地図帳とか(笑)  
main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。