スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から朝早めに起きて活動しよう
尚吾がそう決めて早く寝た

そうだな
そうしよう




ブログが書き終わり
バルコニーに立って
久々に吹き荒れる風の中で
まだ熱くなっている頭を冷やした

真っ暗な
何も見えない夜の空を見つめて



その暗闇から
色々なモノがやってきた

落ち着いてきた頭は
また回転を始めてしまった


それと戦っているうちにまた熱くなってくる





まずいまずい
早く寝よう
布団に入ろう





けれども僕の思考は
水を得た魚のように飛び跳ねて動き回る



散った飛沫が虹色をして
ある映像を結ぶ

するとそこに出来た水溜りにまた思考は飛び込もうとする
それによって生み出された水滴はまた違う色をして
瞼の裏を彩る



出来上がる映像は
理性という水槽から飛び出して
生き生きしている思考の想像力の振動によって
すぐに乱れ
そしてまた別の映像を結ぼうとする






きた



漆黒の闇が頭をもたげてくる
久しくこの感覚を味わっていなかった


突然暴れまわっていた思考が回りの暗闇に気が付く

気が付いた瞬間に
つい今まで極彩色に塗り潰されていた世界から遠ざかっていく
漆黒の闇の中に視点が取り込まれていく

カオスの世界はどんどんと
すごいスピードで遠ざかり小さくなっていく



思考が理性のもとに戻ってきた
ような気がする

頭の中には静けさが漂っている

けれども元の水槽の中ではなさそうだ
全く違う世界にいる




端が見えない
どこまでも大きな暗闇の宇宙に
宙ぶらりんになっている

バタバタしても何も触れない
色も無い
さんざん溢れかえっていた未来現在過去の想像は
すごい彼方に小さく
マーブル状になってぐるぐる円を描いているのだけが
微かに見える


何か自分に関係のあるモノ
沢山のモノがそこに存在しているのは感じられる
けれども自分はそこにはいない
今全くの遠い所にいる




端が見えない
端が見えないのにこの宇宙がとてつもなく大きく
そして感じる恐怖感が
端が無い事を自分が確信している事に気が付く




確信したのを待っていたように
暗闇の世界が蠢きだす
自分では動けない
その宇宙の胎動によって自分もその動きに呑み込まれる

どんどんと収縮していっているのを感じる
先の恐怖感を嘲笑うかのように
宇宙の端が現れ
風呂敷を包むように自分の周りを覆ってくる


小さくなればなるほど
その速さは増し
ただ漂っていただけの自分はその動きを感じるようになり
加速度を持ってまとまろうとする一点に向かって行く




ふと周りを見回すと
眩しい光が囲っている
明るすぎて緑色を帯びたその光は一面に広がり

気が付くと暗闇の世界は一点の
水の中に垂らした一滴の墨汁のように漂っている


いつの間にか白い世界の中に引き込まれていた










朝だ



久々の体験
僕の生死感
すべての始まりを遡る旅


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。