スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オアシス

エアーズロックを離れた僕達は
近くの街を訪れる
そこはオーストラリアの中心
砂漠のど真ん中にオアシスのようにある街
アリススプリング

そこにまさにオアシスのようなバックパッカー宿があって
そして疲れきった身体に
活力を注ぎ込んでくれるような人達に出会った





アリススプリングで訪れたバックパッカー宿
最初いつもまず確認するユースホステルが満室で
教えてもらったもう一つあるバックパッカー宿まで
仕方なく向かった

そこがアニーズプレイス

なんだか時間の経った建物が建っていて
それを覆い隠すためなのか
それともセンスなのかペンキでいろいろと描かれている
その周りを手入れのされているのかされていないのか
草木が生い茂り
入口に思いっきりワゴンが入り込んでいて
さらに玄関の前には車がぐちゃぐちゃに停められている

暗くてよく確認できないけれども
最低限のラインが定められているユースホステルから比べると
どうしても少し心配になる感じだ
ただ
入り組んだ構造がそうさせる為か
少しドキドキさせる




キッチンを確認しに入っていくと
突然日本語で



と言われて話しかけられる

エアーズロックの周辺をうろついていた僕達
夕陽を見て
登山をして
そんな僕達を見て覚えていてくれた人達


エアーズロックにいましたよね


日本語で話しかけられる
日本人の二人組み

今まで突然話しかけられる事なんて殆ど無かった
しかも日本語で
少し話すと使い切れないからと
突然自分達の袋から卵のケースを取り出して
是非使ってください

卵なんて
ずーっと食べられていなかったし

信じられなくて
ただ覚えててくれて話しかけられただけで
こっちは少しテンション上がってるのに
突然降りてきた幸せは
最初その意味を汲み取るまでに時間がかかってしまう

兎に角遠慮するけれども
もう捨てるだけだからと相手も押してくる

近づいて中を開けてみると
そこには12パックのケース丸ごと入っていて



そして明日のお互いの出発時間を確認して
僕達はいつもの車の旅
前へ前へ
なるべく朝早く
だから明日の朝は会えませんね

お互いの旅の幸福を祈り
そして自分達の部屋へと戻っていった



僕達はキッチンでパソコンを使いながら
うきうきした気持ちで夕食を準備する
今日はいい事があった
そして久し振りに調理された晩餐を食べる

そこにまたやって来た人がいる


会うのは三回目
最初エアーズロックの夕陽を見ている時に
同じポイントで見ていた
二回目はエアーズロックの頂上で

そこで日本語で話しかけてきたジュン君
夕陽を近くで見てましたよね
突然話しかけてきた彼は韓国人
日本語をなんなくこなし
こっちの会話もすべて聞き取ってしまう
そして一緒にいる彼女ジェイさんが喋る韓国語もすぐに和訳してくれる
その彼女も日本語は分からないと言いながら
聞き取りは問題無く出来て
喋るのもジュン君程じゃないけれども全然できる

また会えたら是非ビールでも飲んで
ゆっくり話しましょうって
そう別れた

本当にまた会えるような気がしていた


そしたらここで三回目
出会った



ただでさえうきうきしていた心は
ここきて跳ね上がって
ついつい肩を叩いてしまった



久し振りにビールを飲んだ
久し振りに新鮮な出会いそして会話

二人の話を聞いた
オーストラリアを旅した後二人で南米を旅するみたい
僕達は世界一周の話をする
そしたらジュン君が今まで旅で出会った素晴らしい場所を教えてくれて
僕達はまだまだ進んでいないからこれからの話をして
そしてホームページの話をして
そしたら是非見たいって言ってくれて
自分にもブログがあるから
そこには写真とポエムが載っていて
韓国語で書かれている詩を一生懸命に日本語で説明してくれる
日本語が詰まっても
何とか最後まで説明しようとする
その真剣な眼差しとそこにある写真
本当に伝えたい想いがそこに存在しているのを
意味だけでなく心に響かせる


そうやっていつの間にか朝の三時になっていて


疲れてはいるけれども
幸せがそれを同時に癒してくれる



朝起きる
早く起きるつもりだった
早く出発するつもりだった

でも癒された心は
ゆっくりと漂っていて
落ち着きと今までの疲労を休める必要性を迫る

心は光に照らされたアニーズプレイスによって
さらに気持ちを綺麗に流されているように
気持ち良くなる


天気は快晴で
入り組んで暗闇に隠れていたアニーズプレイスを浮き上がらせる

真ん中に芝生とプールを抱えた中庭があって
沢山の光を取り込んでいる
その周りを部屋が取り囲み
その壁には沢山の写真が貼り付けてある

そこには自分でも知っているような
世界に名を轟かせる沢山の人の眼差しが取り囲んでいる


20091003-2.jpg




洋ナシをかじりながら
それらを眺める

この人は知っている
この人は誰だろう
でも全ての人は優しくこちらを見てくる

よく見ると下に小さく名前が添えられている
全ての人に
その写真の写っている人の

ブッシュからエミネムやオノヨーコまで

ただ色んな雑誌から取ってきた
そんなふうに思っていた
でもどうやら違う


ふと思い出す
カメラマンにアニーという人がいなかったか
その人と何かしら関係があるのか


そう思って周りをよく見渡すと
細かいアメニティなどもセンスといえば
確かに何かを感じさせる

そうやって見るのはよくないかもしれない
でも昨日から感じていた何かドキドキさせるモノの正体はそれかもしれない
そのポイントがそうさせていたのかもしれない


20091003-3.jpg



朝からぐるぐると回った場所を
また回ってみる


やっぱり気持ちが良い
すごくのんびりとさせて
気持ちを落ち着かせてくれて
そして何かをやろうという気にさせる


実際
ジュン君と話していた時
何かを伝えるという意味において
久し振りに考えさせられる思いをした

それは勿論ジュン君の魅力であって力でもある
そしてこの場所
この場所の力もあるんだろう
そしてそのジュン君とこの場所で出会ったのも
やはり意味があったのかもしれない



本当にアニーという人と関係があるかはわからない
むしろアニーという名前もうろ覚えだ
だからただの勘違いかもしれない

でもそこからそういう気持ちになった
気持ちは新しい朝のような輝きで
心は洗われて


誰とかはもうその段階では関係なくて
そういう気持ちになった事が一番大事で
それが本当にそのアニーという人だったら
やっぱりそこにはセンスの力があるんだろうって
そういう話だ



自分も
どんなに揉まれて
沢山の事に晒されて
浮き上がったり
沈んでしまったり
でもやっぱり一番大事にしたいのは
作り出したい伝えたいモノが
何か力を持つように
そう意識したい
そしてそうなりたい





結局昼までそこにいて
昨日の日本人二人とジュン君ジェイさんみんなに別れの挨拶までして


乾いた大地をひたすら進んできた僕の心は
ここで
随分と潤った



20091003-1.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。