スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥクトゥクでいいのか

バスの方へ向かうとすぐに声がかかる
今度はトゥクトゥクの運転手ではなくて
バスの方からだ
こっちの人は兎に角観光客を見ると声を掛けてくる


遠くから二人組みが盛んにこっちを見て叫んでくる
その後ろには沢山の人を乗せてもうエンジンがかかっているバスがいる

どうやらもうでるから早くこっちに来い
といっているみたいだ


マレーシアの国境の街のバスターミナルでもあったが
まだ何もわからない来たばかりの観光客を
バタバタの間に兎に角乗せて
高い金額を要求してくるケースがある

それが思い出されてまず警戒した
冷静になるように暫く様子を見ていた


しかし向こうは叫びをやめない
バスはその間ずっと待っている
こうやってアジアのバスは
どんどんとタイムテーブルを壊していくわけだ


ただこっちもバスの運転手に
直接情報を聞きに行こうとしていた訳で
ただ眺めているのもしょうがない

少し状況を把握できた所で話しかける事にした



英語が通じないと見えて
こっちが話し掛けるが全く要領を得ず同じ事を繰り返す
ただパクセーという単語を発すると反応する

そうだそうだパクセー
このバスだ

と自分達のバスを指差す


いくらなんでも偶然すぎる
そして向こうはまだ熱さを持続させている
そのまま乗ってしまうにはまだまだ状況の流れは急すぎる



そうしたらすぐ横から別の声が飛んできた
その方を見るとなんと日本語のおじさんではないか
めげずにこちらの様子を伺っていたのだろう
これは面倒な事になった

ラオ語で話し合い
こっちにこれはパクセー行きだから大丈夫
なんて言って来る


もし自分達でその情報を得て判断すればいいのだが
日本語のおじさんが間に入っただけで
急にその情報が怪しげなものに思えてくる



折角の新しいコミュニケーションも
すぐに日本語のおじさんがバスの関係者と
ラオ語で話してしまう為に前に進まない

もうこれは埒があかない
このバスは諦めるか
そう思い出して少し諦めきれない面持ちで
バスを眺めていると一人の青年と目が合った
向こうの青年の顔を見るとどうやら偶然目を合わせた感じでは無いらしい

学生風のワイシャツを着たその青年は自分を指差した
その動作に気が付いて
その青年に語りかける
そうすると遠くてよく聞き取れないが
口の動きがパクセーのような動きをしている
そしてやはり自分を指差す


その遣り取りに気が付いたバス関係者が
そうだそうだといわんばかりに
学生風の青年の下に走り寄って
パクセーと言いながら指差す


その学生風の青年はパクセーまで行くんだ


青年の顔立ちをもう一度しっかりと眺めると
別に何かのグループとかそういうのに関わっている
何かの役を演じているという感じはとりあえず全く受けない
まだ瞳は純粋さを保っているような感じだ
兎に角好印象

今までの人との比較が知らぬ間になされているのかもしれないが
数いる乗客の一人であるには間違い無いようだ

このバスにトライする価値は十分にあるという事だ
少し踏み込んで聞いてみよう



もうエンジンがかかって相当経っている
宿に荷物を置いてきた僕達はどちらにしても
今すぐに乗る事は出来ない

その旨を何とか伝えて
他に今日バスがあるかどうかを尋ねてみる

ただそんな入り組んだ質問がすぐに興奮した相手に
言語の違いを乗り越えて通じる筈が無い
そうしたら日本語のおじさんが何かを喋る
どうやら通訳してくれているのか

もう腐れ縁とでもいおうか
日本語のおじさんを頼るしかない
その間様子を伺う


ちゃんと通訳をしてくれたみたいで
バス関係者は数字を言ってきた
どうやら一時間後にまたあるらしい


ここまできた
ある程度の情報が集まった
この感じを見ると
これだと決めた瞬間にもう動けるようにしておかなくてはいけない
荷物をそろそろ持ってこなくてはいけない

ありがとうを言ってそこを去ろうとする
バス関係者も流石に時間が経ちすぎているのか
あまり深追いをして来ない
バスに乗り込んでしまった


ただ日本語のおじさんだけはまだついて来る


本当にめげない人だ
何でそれでこんなに態度に分かりやすさが残ってしまうんだろう
何か別の職業にでも就いた方がよいだろうに


今すぐに出発するんだったら
今から三人をトゥクトゥクに乗せて宿まで行って
そのまま別のターミナルまで乗せていってあげるよ
同じ額でいい







そこで愛二がもうトゥクトゥクで行ったらいいんじゃないかって言う

もしこれでバスがあったとして
バスで行けたとしてもその先の本来の長距離バスがなかったら
結局もう一泊で余計なお金がかかっちゃうじゃん




いや


いやいや


それは間違っていると思う

その理論自体は間違っていないけれども
でもそれでそのトゥクトゥクに40,000キープを払うのはおかしい
確かに日本円に換算したら大した額ではない
危険性を考えたらそのお金の価値は十分果たされているだろう
でもそれはあくまで日本におけるお金の価値で

僕達は旅をしに来ている
そして勿論それは僕達がパイオニアな訳ではない
随分と前から随分と多くの人が沢山の道を歩いて行った

それを見ていた人達は旅人相手に商売を始める
物価の違いがある事を学ぶ
その商売はただの商品売買だけではない
サービスも含まれる
自分達の目の前を通り過ぎていく沢山の旅人に
色んな人がいる事も学ぶ

戴ける可能性があるなら一番戴いたほうがいいに決まっている
そうして彼等旅人は少しいただけですぐに目の前からいなくなってしまう
後腐れも何も無い

そうやって形作られていった金額

それは今まで旅人が通ってきた道に沿うように敷かれて
僕達はその中を進んで行く
そして僕達は限られた金額を持ってそこを進んでいく
増えはしないのだ


さらには僕達は生活を少しでも覗きに
触れに世界を回ろうとしている

それはお金の価値に関してもサービスの価値に関してもそうだ


それを学ぶにはどうしても提示された金額では意味が無い
そうやってそれぞれの国の人と渡り合っていては
いつまで経ってもその国の生活には入り込めない

完全に入り込む事は無理だとしても
触れるだけでもいい
その手触りは見ていただけの時の自分とは大きく違うだろう
そこが大事なんじゃないだろうか


みんなが使う市バスを使い
みんあが使う都市間バスを使い

そうやって分かる事がやっぱりあるんじゃないだろうか

そこでトゥクトゥクを使えば
向こうが作った観光客用の網にかかって
そこから動けなくなってしまうだろう



その提案はどうしても受け入れられない

もう時間が迫っていて
絶対に今日行かなくては行けないのであれば

でも今まだ昼だ
時間はある
さっきの感じだと今日はまだまだバスはある




そうやって決意を新たにバスターミナルの出口へ向かって歩き出す



もう日本語のおじさんはやってこなかった



日本語のおじさん

宿を出てから三つのアイテムを手に入れた

警官から渡された2,000キープというメモ帳
日本語のおじさんから得られた
ビエンチャンにあるというもう一つのバスターミナルに
そこまでのトゥクトゥク代50,000キープという情報


情報を集める為にまだまだ日本語のおじさんと話さなくてはいけない

三匹の猿
見ざる言わざる聞かざるじゃないが
読めない喋れない聞き取れない
ラオ語が全く分からない三人のSALでは
まずこのおじさんを頼っていくしかない


頼るとは勿論その話にのるという事ではない
日本語が話せるなら
要求の遣り取りの中で沢山の情報を得ていくのだ





まずはパクセー行きのバスがあるというターミナルの存在の確認だ

本当にそうであれば探すものが一つ増える訳だ
順序もそこへ行く方法を探すのが先になる

そしてもう一つ
警官にこのターミナルからパクセー行きのバスがあるかどうか
事前に聞いていた
警官はメモ帳を指しながらあるあると頷いたのだ


持っていた地図を取り出して日本語のおじさんに見せる
そのバスターミナルは一体何処にあるのか聞いてみる


こちらの考えを伺うようにずっと顔をみていたおじさんは
初めてそこから視線を外して地図を覗き込む
そうしてある一点を指す

そこには確かにバスターミナルの案内があった
全くの嘘ではなさそうだ


とりあえずもう一つのターミナル情報のとっかかりは出来た





いつの間にか日本語のおじさんはまたも頭をこちらに向けて固定し
そして新しい数字を口にした

ここまで行って
そこから長距離バスが出ている
それが180,000キープ
そこまで私が50,000キープで連れて行くって


前日に道端で客引きにあい
その人に次の日パクセーに行くと告げると
バスは180,000キープだと言っていたのを思い出す
どうやらそれは本当だったらしい

ただその人はとても混んでいるし
今日買っておいた方が安心でそして安く買えるんだよ
そうやってやっぱり強く押してきた


まだ十分ではないが
別のターミナルから出ている可能性は出てきた
そこまでの行き方も本格的に探さないと行けない






そこまで一通り考え話し合って
ここらで窓口に確認してみようと歩き出す


そうしたら逃げられると思ったのか
まず初めの値下げが行われた
日本語のおじさんが後ろから
40,000キープを叫んでくる

一度に10,000下がったのだ
しかもこっちが何も提示せず自ら
これは相当高い額を掲げている可能性がある



強い冷房が狭い窓口から漏れてくる
その中で僕らの顔を一瞥し
観光客だとわかって少し面倒くさそうに顔をしかめ
手に持っていた書類に目を戻す制服を着た40代の女性
多分英語は通じないだろう

まず姿を見て安心する
制服とその態度は公共機関に働く者である事を示している
制服は勿論そうだが
冷たい態度は彼女にとって
観光客が極上の商売相手で無い事と
ただ自分の使う言語が通じない面倒な相手である訳だ

制服であるから
市内をしっかりと回るシティバスの存在と
ここの場所にシティバスが出入りしている証明でもある
だったらもし別のバスターミナルへ移動する必要があったとしても
シティバスが使える可能性が出てきた


英語でここからパクセーまでの長距離バスが出ているか尋ねると
明らかにパクセーという単語にだけ反応して首を振る
確かめるためにもう一度パクセーと言う
その女性はもう殆ど取り合わない感じだ

もうその女性には僕達は顧客ですら無くなった訳だ


地図を取り出して日本語のおじさんが示した
別のターミナルを指差してパクセーと言ってみるがもう取り合ってくれない
どうしようか
そう思って何となく後ろを振り返ると
例の日本語のおじさんの顔にぶちあたってびっくりする





40,000どうだこんなに安いぞ
そんな得意げな顔をしている

こっちはシティバスの存在をほぼ確信したので
トゥクトゥクの値段にはもう用は無い

今すぐ行くのか
今行くのか
行こう行こう

それだけを連呼する
シティバスにある欠点は時間だ
終電があるかもしれない
それか別のターミナルだった場合に乗り継ぎで
向こうでバスが無い場合だ

ただ今まだお昼だ
そして僕達は急いでいない
そしてラオスではバスという移動手段は重要だ
他にほぼ選択肢が無い
そんな市民も使う筈のバスがこんなに早く終わるとは思えない
それに終バスの時間までもう時間が無いと嘘をつけばいいものを
そういう事も一言も言わない
それは裏返せばまだバスがある事を示している



値段を連呼する日本語のおじさんに
シティバスがあるかどうかを聞いてみる
そうしたら日本語なんだろうけれども
何だかよく分からない単語を並べだし
ごにょごにょ言って
最終的に私あんまり日本語わからないから
と言ってしまう

確かに日本語のおじさんに分が悪い質問をしたが
そんなに分かり易い反応をされると逆に
おじさんの商売の心配をしたくなってしまう

もうここに別のバスターミナル行きのシティバスがある事が
皮肉にも日本語のおじさんによってほぼ確実になってしまった



もうこれは何を聞いてもしょうがない
大体の事は分かった
後はこの地図を持って停まっているバスの運転手に
しらみつぶしに聞きまわるか
ベンチに座ってバスを待っている人に聞いて回ろう

そう思って歩き出す
そうしたら懲りずに日本語のおじさんがついてくる
値段を連呼しながら


このまま来られたら集中も出来ないし
何かの妨害にも合いかねない
強く言ってやろうと
さっきの警官のメモ帳を取り出して
あそこの警官が2,000キープでパクセーまで行けるって言ってたんだけど
そう言ってみる

そうしたらそのメモ帳を手に取って
信じられないような顔をしてまたこちらを見る
こんな金額は有り得ない
そうわめくように言う

だって警官が言ったんだけど
そうしたら
あそこにいる人でしょ
とターミナルの入り口にいる警備員を指差す

そうじゃなくて交差点の警官
そんなについてこれるんならじゃあ今から一緒にその警官の所に行こうか


日本語のおじさんは
さっきから横についている仕事仲間の方を向きながら
手をその交差点の方にひらひらさせ
今の警官は何も知らない
全然何も知らないんだ
なんて履き捨てるように言い出した




本当にわかりやすいおじさんだ




さっきまで何としてでも顔から目を離さないようにしていた
それが警官という単語に弾かれるように反対側を向いている

これでもうついてこないだろうな



ひらひらさせている手に握られた警官の手帳を取り返して
バスの方へ向かう




宝探し

今日ビエンチャンから移動する事にした


本来の予定では一気にここまで北上してきた
小休止の意味も込めて
一週間程ビエンチャンでゆっくりするつもりだった

ただそこでの一週間は
想像していた一週間にはならなそうだった
そして情報として
ラオスの南部に世界遺産ワットプーを抱える街パクセーという
ラオスで二番目の街があるという事がわかった



電車が通っていないラオス
主な長距離移動手段はバスにメコン川を利用したボートだ
東南アジアでお馴染みのバスで行く事に
いくつかの場所で長距離バスを経験してきた
勝手はボートよりも解る

宿泊している宿からすぐのバスターミナルへ
まず本格的な情報収集の為に宿に荷物を預けてもらって向かう





その途中で大きな交差点を通る





ラオスの大きな交差点には必ず交番があって
警官が何人もいる

きっとこの国では随分なランクの職業
沢山のテストをクリアしてきただろうその人達は
実直に仕事に励んでいる

とはなかなか言い難い感じだ


交番の雰囲気は
沢山の警官が集まって
談笑している感じだ

交番にいるならまだいいが
近くの木の木陰に椅子を持って行って
数人で煙草を吸ったりして笑いあっていたりもする

まず交差点の交番にそんなに人数は必要ないだろう
という数がいる
その周辺に十数人いたりする

そしてパトロールをしている姿は一度も見た事は無い


別に全くしていないとは言わない
笛の音も何度か聞いた事はある
ただその時聞いた交通整理の為のだろう笛は
何故か二人並んで二人共思い思いに吹いているのだ
それではむしろ混乱するだろうに

日本の警官が万能ですべてが実直だとは言わないが
少なくともある程度の戒律が存在して
それを纏いながら街中で人々に見られているんだろう
その緊張感の中で仕事をこなしているような気はする

それを見ている自分にはちょっと衝撃的な映像だ



ただその分何とも庶民的な顔をしている




その時横を通った時も笑って話しかけてきた
どこへ行くのかと聞かれる

バスターミナルでバスを調べると答えるとまた詳しく聞かれる
どこのターミナルからバスが出ていて
そしていくらで行けるのか

そうしたら何か情報を伝えてくれる
紙とペンを出すとそこに書き加えてくれる
そこには2000キープと書かれている
1キープは0.01円程

沢山の場所を回っていると
それぞれの国の人の喋り方の癖を見極めなくてはならない
でも僕達はまだ来たばっかりだ
聞き間違いを恐れてもう一度確認する

そうしたらパクセーという単語を繰り返す
間違いない

まずはその情報を手に入れる
それを持ってバスターミナルへ向かう



そうしたらやっぱり沢山のトゥクトゥクの運転手や
ミニバスの運転手から声を掛けられる
兎に角無視してまずは正規の値段を探しに
バスターミナルの窓口があるだろう建物へ向かおうとする

その中に日本語が混じって飛んできた

よく運転手達は誰に教えてもらったか
日本語の単語を話したりするが
それはちゃんとした文章となってやってきた
振り返ると一人のおじさんがどこへ行くんだと聞いてくる

まずは窓口へ
その思いが強かったのでそれでも歩き窓口の近くにある
行き先が書いてありそうな大看板の下まで来る
しかし英語が全く書かれていない
ラオ語がその画面を這っている


これは困った
当然のように三人ともラオ語が読めない
何の情報も汲み取れない


どうしようも無いので
まずは話を聞いてみようとその日本語を話すおじさんに向き直る
とりあえず法外だと分かっている値段と手段を聞いてみよう

行き先はパクセーだと伝えると
その口から出た言葉は値段ではなかった

パクセーに行くバスはここのターミナルからは出ていない
もう一つのバスターミナルへ行かなくてはいけない
僕にはトゥクトゥクがあるからそこへ連れて行ってあげよう
そこまで三人で50,000キープでいい



一瞬で警戒した


警官の情報がある
ただそれが正しいとも確証が得られた訳ではない
こっちでは警官だって分からない
さっきの警官とは利害関係が無いからといって
ただ言葉が通じていなかった可能性がある

でも実際にこのメモ帳には2,000と書かれている
それが使える数字なのか否か
どちらにしても僕達がパクセーへ行きたいという意志の元得られた数字だ
それが何かを確かめる必要がある
その意志が何かしらその2,000という数字に絡まっている筈なのだ


そして日本語のおじさんは二つも疑問を僕達に与えた

一つはここから直接バスが出ていなく
別のバスターミナルへ行かなくては行けない事
そしてそれは歩いては難しい事

もう一つはその値段
警官の示した額と一桁違う上に
おじさんの額はただターミナル間の移動だ
その先でさらにパクセー行きの長距離バスの値段がかかる







これはパクセーに辿り着く前に
ビエンチャンから無事に出るまで気合を入れなくてはいけない




今日は快晴
何とも強い日差しが体力とやる気を削がんと刺してくる

数日同じ所に滞在して鈍っている身体


でも心の奥底が反応して
燃えてきたのを感じる



久し振りに宝探しの時間がやってきた


ターミナルにはそれを拒むように
同じようなバスが並んでいる
それが出ては入り繰り返している


自分の探し求めるもの
対象すらしっかり輪郭のあるものではないけれども
最終的にモヤを剥ぎ取り
露わにしてそれを掴み取ってやる



20091110.jpg



main_line
main_line
Profile
    ふらふら何処かへ酒飲んで本読んで人と話してぼーっとして海に入って空飛んでバスに乗ってまたふらふら何処かへ、、何処へ?うーん。。とりあえずの試行錯誤継続鍛錬。

    2009年5月、日本を後にし、ゆっくりだけどそのうち加速予定。

    未熟ながらもなんとか自分の言葉で世界を書き起こしたい。ただいまその道中。


    name : LAN
    now : Quito ( Ecuador )
    latest update : 20120816
LAN Twitter
    旅の日記はなかなかリアルタイム更新とはいかないが、twitterならなんとか、、

     → follow me on Twitter

関連日記

共に旅立った同志達のブログ

sallan

I.G.
http://salig.blog37.fc2.com/

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/


共に旅をするパートナーのブログ
ばーちーの、ちるり旅
http://jstyle623.blog129.fc2.com/

最新日記

 → check my all posts

カテゴリ
本 (0)
UAE (4)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
SAL
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。